kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

先端技術推進派:科学と環境は進歩と調和の問題

「史上初、ブラックホールの撮影に成功」の凄さ

「昔見たあのブラックホールの画像はいったい何だったの?」と思ったあなたのために 「史上初、ブラックホールの撮影に成功」の凄さが分かりにくいので、参考部分に画像で説明を入れてみた。 ブログの下の方の「参考」を読んでいただきたい。

市場原理で脱原発 2012年のブログを再ブログする

日本のエネルギー自給率は8.3%、しかも化石エネルギー依存度は93.6%。安全保障上も環境保護上の観点からも電力政策は抜本的に改革されるべきだ。 再エネ付加金を止めて代わりにCO排出課金制度を創設し、電源ごとに価格設定して、消費者がその割合を選択でき…

原子力規制委員会の組織理念を見直すべきだ アベノミクスの致命的失敗:原子力政策の規制強化

独善と化した原子力規制委員会の組織理念を見直すべきだ。そして、透明で開かれた組織として生まれ変わるべきだ。 それでも、それまでの間、バカげた政策で、日本の原子力産業が空洞化するのを自衛しなければならない。 周辺で核技術を狙う国があるのだ。

シロナガスクジラを守るための南氷洋捕鯨の必要性について

シロナガスクジラなどを減少させたのはあくまでも商業捕鯨による乱獲。だが、一旦少なくなってしまったシロナガスクジラの生息数を回復しようとするなら、ミンククジラの間引きが科学的な現実的手段だと思われる。

自己紹介:完璧な人などいない。敵を作るな、味方を増やせ。

日本人も、原発と云い、子宮頸がんワクチンと云い、9条信仰と云い、自虐史観と云い、先入観や勘違いから強迫観念の擒にもなる。完璧な人などいない。誰も他人は笑えないのだ。切り取られた情報というのは保守分断に利用されると警戒すべきだ。誤りの指摘は了…

今年中に北海道だけで地域電源として独立した電源を確保せよ 

【老朽火力だけがトラブル源ではない】 北海道電力と政府は「万一トラブルが起きても必要な電力を確保できる」とみて、北海道胆振地震発生から続けて来た「2割節電」目標を解除したが、その解除措置の説明には本州と北海道を結ぶ「北本連系設備」60万kWが最…

泊発電所の外部電源喪失と言う報道についての虚実

泊は設計通り停電に耐え、内部電源(非常用D/G)に切り替わった。 泊が、震度2で電源喪失寸前だったとし「経産省と北電の災害対策はお粗末」と報道した朝日。お粗末以前の無知蒙昧。 この指摘は下記のFBに投稿したものだ。説明と証拠保全のためBlogにも書い…

島国日本ではバランスの良い恒常電源を地域ごとに確保すべき

電力網は災害時に弱点 北海道停電、広域融通も不発 :日本経済新聞 この日経の記事の捕捉をする。 日本列島と言う大小の島々からなる島国であることを無視する噴飯ものの記事だ。 北海道と本州を結ぶ連系線と交直変換設備については「北本連系設備」と言われ…

トリチウムは身近な放射性同位元素 / 水素発生源は原発だけではない

トリチウムの特性とは一般的に以下のとおり http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_130228_08-j.pdf 福島第一原子力発電所でのトリチウムについて 平成25年2月28日 東京電力株式会社 から引用 ○化学上の形態は、主に水とし…

「東電社長 福島第二原発 全炉廃炉で検討」のニュースに関する感想

元々安全保持に必要充分な規格を満たしている設備に、必要以上の過剰な安全基準を新たに設けて、私企業に負担を求めるという政策は異常です。自由社会にそぐわない統制だと言えます。お上意識が強い電力業界ならではの服従です。米国の電力会社なら当然訴訟…

温暖化する地球に寒波が襲うわけ

後日、画像を使って丁寧に説明するために過去にFBに投稿した文書をコピペしておく。 このブログ画面で追加説明や画像を入れていくつもりだ。 したがって、下記の文言は少しづつ訂正更改されていくことになる。 ++++++ 【温暖化】 北半球の大陸内部と東側で寒…

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.