kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

古代日本

因幡の白兎 兎と鰐 大国主命 (1)

【超訳】 大国主命 の兄弟は大国主をのけ者にして、「国」とはあいつには不相応だとばかり、大〇主(大穴文字=大穴牟遅)と「国」の字を抜いて呼んでいた。八上姫をものにしようとみんなで稲羽に出かけたときも、大国主にだけ袋を持たせ従者として従えていった…

History / Ryukyu 琉球王国正史 『中山世鑑』

琉球王国の初めての正史である中山世鑑によれば鎮西八郎こと源為朝が琉球に逃れ、その子が琉球王家の始祖舜天になったとする記述がある。 源為朝を祖とする舜天王朝は3代目の義本王の時に一旦滅んだが、後に第一尚氏が倒れ­たあと新王統を開いた、第二尚氏の…

稲冰命のこと と 余談

海幸彦と山幸彦の物語* で 「稲冰命=イナヒノミコト(5)が、琉球に帰ることでヤマトとわだつみの国との正式の交流は、その後回復することなく途絶えたと思われる。記録が絶えてしまうのだ。」 と書いたことについて、一言述べておこう。 「冰」は、現代語…

日本人を考える 昔話の「鰐」は早船を操る人や船の事で「をに」鬼と同義だった? 

2016年11月2日現在の私の脳中での独り言 高天原(チベット高原)からガンジス河口へ、そこから天の岩船に乗り越南・長江河口へ。ここから二手に分かれたのだろう。 いずれの部族も稲穂を持って? ひとつは一気に五島列島経由で北九州・朝鮮半島へ渡って来た…

海幸彦と山幸彦の物語(7)神武天皇の誕生まで

【鵜葺草萱不合命の誕生】 しばらくして、豊玉姫がわたつみの国から山幸彦を訪ねてきました。 豊玉姫はわたつみの国で山幸彦の子を身ごもったので夫の元で出産すると伝えたのです。 そして、海岸に屋根を鵜の羽根と萱で葺いた産屋を建てようとしました。しか…

海幸彦と山幸彦の物語(6)海幸彦の服従

【兄の海幸彦、隼人族の服従】 山幸彦は、兄の海幸彦に釣り針を返す時、綿津見の神に言われたとおりにしました。 すると、兄の海幸彦はだんだん貧しくなり、そのことで弟の山幸彦を恨むようになりました。そして、ついに弟に攻めかかりました。 弟の山幸彦は…

海幸彦と山幸彦の物語(5)山幸彦の帰国

【帰国】 わたつみの国で暮らし始めて3年の月日が経ちました。 山幸彦は時々ため息をつきます。 豊玉姫がそれを見て尋ねました。「もしかして、あなたは家に帰りたいのではありませんか」 山幸彦も自分の気持ちを語りました。豊玉姫は父である綿津見の神に…

海幸彦と山幸彦の物語(4)わたつみの国

【わたつみの国】 山幸彦が、困り果てて泣きながら海岸にたたずんでいると、海の潮の流れをよく知る神様で塩椎神(シオツチノカミ)という名前のお爺さんと出会いました。 山幸彦がわけを話すと、お爺さんは竹でかごを編んで小舟を作りました。 そして、「こ…

海幸彦と山幸彦の物語(3)道具の交換

海で漁をして暮らしていた兄の海幸彦と山で狩りをして暮らしていた弟の山幸彦

海幸彦と山幸彦の物語(2)海幸彦と山幸彦の誕生

【海幸彦と山幸彦の誕生】 やがて、コノハナサクヤヒメが身ごもりました。 そのことをニニギノミコトに報告しました。しかし、ニニギノミコトは喜びませんでした。 結婚してすぐにできた子なので、自分の子ではないと疑ったためです。 その様子を見て、コノ…

海幸彦と山幸彦の物語(1)天孫降臨

高千穂(タカチホ)に降り立ったニニギノミコトは、ある時、今の鹿児島県のどこかの岬である笠沙の岬(カササノミサキ)で、それはとても美しい女性に出会いました。その女性は木花佐久夜比売(コノハナサクヤヒメ)と言いました。

History / 古代日本と琉球 海彦(海佐知)と山彦(山佐知)の物語を解釈する

大昔の九州で 山を生活の場にしていたグループと 浜辺を生活の場にしていたグループがいた。 もともと一つの部族であったが、すでに米を主食とし農耕を行っていて何世代も経ち、部族の人口が増えていくにしたがって、部族はいくつかの集団に別れていった。 …

八幡は隼人と秦氏をつなぐ言葉

過去のFBへの投稿から いい しげる 2015年6月23日 18:27 · 以下は、仮説である。私は民間の人間で学者ではないので、この後を研究してくれる人間がいれば嬉しい。 八幡は隼人と秦氏をつなぐ言葉だと思っている。隼人が八、幡が秦である。 古事記における海彦…

History / Japan  日本各地に残る”u”と発音する地名(例えば「宇」「鵜」「于」他)は、『倭の』という意味を持つ。倭は”wo”と発音した。

掲題の事実については、既にこの私のブログで述べているつもりだったが、明記していなかったので、題字に明記した。 根拠は、下記のブログとそこで参照されていることをご覧いただきたい。 kaiunmanzoku.hatenablog.com kaiunmanzoku.hatenablog.com kaiunma…

History / Ryukyu 沖縄のオモロに出てくる「いくさもい」とは「琉球生まれの武人」の意?

一 ゑぞのいくさもい 月のかず あすびたち ともゝと わかてだ はやせ 又 いぢへきいくさもい 又 なつはしげちもる 又 ふよはおざけもる

山幸彦は空船(うつほふね)? 鹿児島神宮として知られる大隅正八幡宮の「大隅正八幡宮縁起」の考察

鹿児島県にある鹿児島神宮として知られる大隅正八幡宮の「大隅正八幡宮縁起」によると、 震旦国(中国)の陳大王の娘・大比留女(おおひるめ)は、七歳のとき夢で朝日を受けて身籠もり、王子を生んだ。 王たちはこれを怪しみ、母子を空船(うつほぶね)に乗…

History / Japan 天の岩船と南州異物志の鉄で装甲された船

南州異物志に出てくる鉄で装甲された船がインド洋を越えて南シナ海へ入ってくる話は、日本の神話である古事記や日本書紀に描かれる「天の岩船」を連想させる。

History 倭寇と船磁石 過去のfacebookへの投稿から

船磁石 磁針が北を指すことを発見したのは古代中国だが、航海に利用したのは他民族であることは案外知られていない。 明船も紙のように薄い小鉄片に焼を入れ水盤に浮かせるだけだった。船の揺れで甚だ不便であった。 倭寇は旱針盤と呼ばれる支針の先に磁針を…

掖玖は屋久島ではなく琉球ではないか

先日(2015-10-12)、「kaiunmanzokuのざれごと、たわごと、綺麗事」にこう書いた。 掖玖は、屋久島ではなく、後の琉球にあたるのではないか - kaiunmanzokuのざれごと、たわごと、綺麗事 これが、その戯言だ。 2015-10-12 掖玖は、屋久島ではなく、後の琉球…

天孫降臨 日向三代 海幸彦と山幸彦 海神(わたつみ) 宮古の伊良部島の「太陽神の嫁」 大隅正八幡宮(鹿児島神宮)の「太陽神の子供」

【天孫降臨】 高天原(タカマガハラ)で天照大神(アマテラスオオミカミ)が邇邇芸命(ニニギノミコト)に「稲の穂と鏡(伊勢神宮御神体)、曲玉、剣(草薙剣:熱田神宮御神体)の3つの神宝を持って葦原の中つ国(地上)に行き、国を治めなさい」と言いまし…

狗奴国は gauto koku と呼ばれ、「そねむ弟の国」の意味で、鹿児島県志布志市の地名「猜ヶ宇都」に名を残している通り、志布志市付近にあった

先に、「倭」を wo と発音する事実から次のように推測した。 倭奴国は、鵜戸にあった。古代日本で、倭奴は「うと」と呼ばれていた。 倭奴国は、鵜戸にあった。 沖縄方言から推測する事実:古代日本では「倭」を wo と発音していた - kaiunmanzoku's bold aud…

倭奴国は、鵜戸にあった。 沖縄方言から推測する事実:古代日本では「倭」を wo と発音していた

【要旨】鵜戸は「菟度」であり、倭が渡って来た土地の意味があり、「後漢書倭伝」や「後漢書光武帝本紀」に記された「倭奴国」として位置的にも、読みの上でも、相応しい。しかも、古事記や日本書紀の記載事項にも矛盾しない 「後漢書倭伝」 建武中元2年(57…

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.