kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

国際政治

日本の広大なEEZの権益を守る武装警察業務の整備

主張:「海賊行為の処罰及び海賊行為への対処に関する法律」を漁業資源の二国間や多国間の条約に基づく取締りにも適用できるように改変し、あるいは別に法律を作り、海自の護衛艦で警察業務や漁業取締が可能にすべきだ。 目的:日本の広大なEEZの権益を守る…

#中華従北プロパガンダ の意図と特徴とその対策について

慰安婦、南京、軍艦島、その他もろもろの中華従北プロパガンダについて、本質を知ったうえで反撃すべきだ。 《中華従北プロパガンダの意図と特徴とその対策》 以下、中華従北プロパガンダの意図と特徴を相手の立場になって記してみる。 わが方の反撃のための…

「アメリア・イアハート:失われた証拠」 写真の人物は彼女ではない

【ヒストリー(History)で放送された内容の概略】 世界一周飛行中の1937年に消息を絶った米国の女性飛行士、アメリア・イアハート(Amelia Earhart)についての新たな証拠を発見したとするドキュメンタリー番組「アメリア・イアハート:失われた証拠(Ameli…

“Amelia Earhart: The Lost Evidence” A person on the photo was not her

Thanks to 山猫男爵 (Baron Yamaneko), we can find the photo in Japan National Diet Library Digital Collection. This book was published in Palau (南洋パラオ島コロール) under Japanese rule in 1935 (昭和10) according to its Detailed Record V…

朝鮮半島 米国による武力行使の可能性について

下記は、2017年4月28日にFBに投稿したものを若干手直ししたものである。趣旨は変えていない。ここに来て(2017年6月21日)、機は熟したと思われるのでブログに掲載することとした。 +++++ 3つの条件が確保されれば、中共は米国による武力行使を容認するだろう…

共産主義者と国家社会主義者両方の妄想の産物として使われるプロパガンダ

FBへの投稿から 【TPPを米国抜きでも推進する理由】 地球上が米中のパワーゲームで米中の2陣営に分かれようとする今、中共をあらゆる自由主義貿易圏から切り離すという目的を持った戦略が必要なのです。だからこそTPPがアジア太平洋地域に有効だと主張するの…

文明の衝突と言うことを考える

FBへの投稿から 【文明の衝突:右傾化ではなく自己発見だ】 この文明の衝突と言う世界観はいろいろな示唆を与えてくれますが、私が感じるのは文明圏のアイデンティティの問題です。 EUの域内(特にヨーロッパ域内)でのグローバル化は文明の衝突が無いか軽い…

打倒トランプ政権側に宣伝口実を与えるだけのパリ協定離脱宣言

【パリ協定離脱宣言そのものの害悪】 米国はバカではないので、温暖化防止の国際的枠組みにいつか戻るし、戻るまでの間にも民間努力は続けられるだろう。企業もイメージが大事だと十分知っている。 そして、温暖化が離脱宣言によって急激に促進される(と左…

米国のパリ協定離脱は、中共封じ込め戦略の頓挫

【中共封じ込め戦略の一部頓挫】 トランプが主張している通り「パリ協定は中共に有利な取決め」であり中共は余剰生産設備を整理するだけでも協定の数字の一部を達成出来る立場にあります。 この協定の成立過程を振り返れば、協定に米中を巻き込むために世界…

南鮮は反日を放棄せよ。さもなくば亡国だ。

【今更踏み絵にはならないTHAAD】反日の放棄だけが南鮮が独立国として存続する道 南鮮で大統領を選ぶ選挙戦が始まったという。 左派候補2人が立候補し、両候補は選挙後に中共からTHAADという「踏み絵」を迫られるかもしれないと報じられている。米軍の最新…

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.