kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

思想・哲学・

憲法に「軍」「武力」の明記を それは「戦争の放棄」と矛盾しない

軍とは武力のこと 武力とは、相手の攻撃、つまり「戈」を「止」める力のことと位置付けるべきだ。 漢字の成り立ちでよく説明されるこの例えは「止」に歩く意味があって戈を持って進むことらしい。が、近代戦における戦力や武力が開戦を防ぐための抑止力を意…

「中国の夢」や「一つの中国」の「中国」は侵略を正当化するためのプロパガンダ 「支那」が正しい

「中国の夢」や「一つの中国」の「中国」というのは、中華帝国主義者が、支那、満州、モンゴル、チベットとウイグルという五族の土地を支配するために、その土地に住む人々に彼らの国は元は広大な一つの国であったと信じさせるために用いてきたプロパガンダ…

朝日のいわく「もう一度言う。信頼を失った〇〇が△▼△▼を論じても、国民の理解は得られない」

【朝日新聞:天に唾する】 だいぶ前に『四十二章経』で「中國」についてブログを書いたが、朝日新聞は「天に唾す」という有名な故事も思い出させてくれた。 仏のいわく、悪人の賢者を害するは、猶ほ天を仰ぎて而 も唾するに、唾、天に至らずして、還って己に…

我々は敗者だが罪人ではない。そして、正しくなかったから負けたのでもない。

負けた事で負けた原因を「日本が正しくなかったから」と考えるのは過ちだ。戦前も戦っている最中も戦後も我々は悪人ではない。敗者になったのは事実だが悪人だった覚えはない。罪悪感は植え付けられたものだ。我々は敗者だが道徳的な善悪の責任を問われる罪…

【三種の神器継承の精神】を破壊するような勢力を粉砕し、撃破し去らねばならない。三島由紀夫

日本史の全てを通じて守られてきた【三種の神器継承の精神】を、日本の文化の全体性と、連続性を映し出すものを、終局的には破壊するような勢力に対しては、われわれの日本文化伝統をかけて戦い、粉砕し、撃破し去さらねばならない。

祖国愛と市民 『義務について』マルクス・トゥッリウス・キケロ

全ての人間の愛のなかで、最も大切で最も幸福を与えてくれるものは、祖国愛だ。父母への愛の重要さは言うまでもなく当然で、息子や娘たち、親族や兄弟、そして友人達への愛もまた、お互いを大切に思う気持ちに溢れていること。それらが人にとって必要不可欠…

(メモ)法の保守的社会防衛論

(メモ)社会(秩序)を守るための規範が法であり、法の正当性は社会の保護・防衛にあります。つまり、法の正当性の根本は人々が作ってきた社会(歴史、文化、価値観)の中にあるということです。国際法は国際社会を守るため、国内法は国内社会を守るためで…

政治に無関心な者は平和を愛する者ではなく、意味を持たない者だ。

我々は美を愛する。だが、節度を持ってだ。 我々は知を尊ぶ。しかし、自惚れることはない。 我々は富を追い求める。だがこれも、富でなしうることを実現するために持つのであり、愚かに自慢するためではない。 アテネでは、貧しいことは恥ではない。しかし、…

中共はなぜ日本を敵視し続けるのか?

中共内で自己権力の正当化が必要であればあるほど、重要であればあるほど、必要な時が非常時であればあるほど否定的言語でレッテル張りされた「敵」に対する敵視は過激化するのは避けられない。 共産主義には常に「敵」が必要であり、非常時には絶対必要なの…

教条主義:独善という世界観

平成29(2017)年12月12日に、思いついたことをFacebookにこう書きこんだ。 マキャヴェリズムは政治を宗教から切り離した。そもそも全ての教条主義から政治は切離されるべきだろう。教条とは「独善の世界」だから、「独善」を教義とする共産主義が「君主論」…

四十二章経 漢文と簡単な解説

『四十二章経』の原文(漢文)とその意味を知りたい方のために簡単な解説 佛言。 仏様は仰られた。 人離悪道。得為人難。 三悪道(地獄、餓鬼、畜生)から離れて人間に生まれるのは難しい 既得為人。去女即男難。 人間となっても、男として生まれるのが難し…

共通の物差しを持てることを社交性・教養という

語彙力は多いほど良い。物事の本質をとらえる能力が大きくなるからだ。 なぜなら、芸術という例外を除き、語彙で表せる概念こそがこの世の森羅万象を(この世で考えられ、表現できる限りという前提条件であれば、あの世すらも)表現することができる道具だか…

教条化したリベラリズム / 暴走するポリティカルコレクトネス

人間は社会的動物ですが、やはり自然の産物です。だから進化の過程で得てきた体の成り立ちや脳の働き方が既にあり、それを変えるには進化という生物学的時間の限界があることを認めなければなりません。 厄介なのは「人は神(の子)のうつし身である」理性を…

独善 カルト 教条(ドグマ) 敵視と同化 :習近平の「神格化」

習近平の「神格化」が行われると報道されている。 これも中共が教条(ドグマ)が支配する独善的価値偏重社会だからこそ可能なのだ。個人崇拝こそ、世界が自分たちの価値観に沿って動いていることを確認する作業そのものといえる。習近平を神聖視するかしない…

2016年11月11日 17:20 のメモ / 「民主」「護憲」「平等」「立憲」「平和」「人権」カルトについて

2016年11月11日 17:20 のメモ 【「民主」「護憲」「平等」「立憲」「平和」「人権」カルトについて】 人にやさしさや同情の念を伝えることが出来ない人間は好きになれない。 眼差しを優しく、言葉を優しく、行動を優しく、それが出来なければ人を導けないと…

Essay /  教条主義の集団は必ず過激化する。共産主義、中華思想、小中華思想、選民思想、カルト(その2)

彼らの社会で教条と現状とのズレを解消するために行われる監視、検閲、取締りが、どんなに厳しく形式上は上手くいこうとも、彼らの強迫観念自体は決して解消することはない。人間の自由を求める欲求は取締りをする彼ら自身の中にもあるのだから。 つまり、取…

Essay /  教条主義の集団は必ず過激化する。共産主義、中華思想、小中華思想、選民思想、カルト・・・・・

教条(ドグマ)が支配する価値偏重社会では、事実や真実を見極める事より、いかに世界が自分たちの価値観に沿って動いているかを随時確認する作業が優先される。

Essay /  続 共産主義と共産主義国‬の新定義 共産主義社会とは

【続 ‪#共産主義‬ ‪#共産主義国‬ の新定義】 先にマルクスと共産主義について新定義をしてみた。 kaiunmanzoku.hatenablog.com 共産主義社会について一考察をしてみた 続 ‪#共産主義 ‪#共産主義国 の新定義 独裁は、その性格上* 個人崇拝と思想の教条化を必…

Essay / マルクスと共産主義の定義

【マルクスと共産主義の定義】 光栄にも「京大マルクス研究会【サークル】さんがあなたをフォローしました」とツイッターの通知が入ったので挨拶しておいた。 ‪#マルクス‬妖怪生みの親。フランケンシュタイン博士に例えられる。妖怪が殺人を好む人類の敵にな…

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.