Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

第0列島線が歴代チャイナ政権の海防最前線だった(明の領域は海岸線まで)

シナ海 尖閣 / China Sea Senkaku 東ユーラシア China 歴史 History 歴史歪曲 戦史観 propaganda

古来、東ユーラシアにできた王朝にとって「海」は「界」であった。だからこそ、歴代王朝は例外なく海岸線を国境とし、沿岸から数十キロ離れた島嶼ですらその権力下に入れることは稀であった。

「香港は中国の一部ではない」と主張する香港独立派には立派な歴史的文化圏的根拠がある。

 

下記は、長崎純心大准教授石井望氏による「歐州史料 尖閣獺祭録 第八十二囘」だ。
明の領域は海岸線である。第0列島線こそが歴代チャイナ政権の海防最前線であった。

1595年編集 謝杰(しゃけつ)による「虔臺倭纂(けんだいわさん)」を見ると
東湧横に注記「此海外要地倭船多由此過」とある。
「これ海外の要地なり、倭船は多くここより過ぐ」と読み下す。


東湧とは現在の馬祖列島。馬祖列島の現在の位置を下の方に示しておく。

海外とは、境界の外だ。

Essay / Senkaku 「海」は「界」であった。 - kaiunmanzoku's bold audible sighs

その東湧のすぐ横に注記があり、チャイナの界の外で重要な場所と書いてある。意味は、国境である海岸線を守るうえで重要ということである。つまり、これ此海外要地倭船多由此過明の海防の最前線が馬祖列島であることを示す文言だ。

 

画像は 八重山日報 平成28年11月3日 版 長崎純心大准教授石井望氏

による「鷗州史料 尖閣獺祭録 第八十二囘」から

f:id:kaiunmanzoku:20170226211011j:plain

f:id:kaiunmanzoku:20170226205036j:plain

 

今の地図で馬祖(東湧)と尖閣列島魚釣島)の位置を比べてみよう。

陸地からほど遠くない海域が、明朝の海防最前線であったことがお分かりいただける。

赤字で書いた此海外要地倭船多由此過「此」の上の小さな白い点が東湧(現在の東引島)だ。馬祖と書いた字の内側を倭船が多数通行していたと明朝の高級官吏が記録に書き示しているのだ。

 

f:id:kaiunmanzoku:20170227201253p:plain

 

東ユーラシア沿岸部は、中華を称する陸上勢力と日本や西洋の海上勢力との力の均衡点であったと言える。

第0列島線 (The Zero Island Chain)こそが、歴史的・文化的国境線だと言えるのだ。

そうであってみれば、第0列島線上にある香港やマカオが歴史・文化をチャイナと異にしている現実は「中国の一部ではない」と主張する充分な根拠となり得る。

第一列島線 を脅かす主張を憚らないチャイナ政府が「歴史戦」を日本に挑むなら、第0列島線もその戦場になると覚悟すべきだ。

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.