Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

History / Nanjing & Yasukuni as Propaganda  by Chinese Communist Party.

 

 

 Nanjing Massacre was created by Chinese Nationalist Party, KMT, along with US for the International Military Tribunal for the Far East.
 
This forged story was reborn in '80s and fostered by CCP in '90s .
 
After the cultural revolution, 80's was the period of various factions within CCP especially between reformer's group like Hu yaobang(胡耀邦) and conservative power like Li Peng(李鵬) and Jiang Zemin(江沢民). 
 
This conflict grew up to anti-Hu Yaobang movement. 
He was well known as a pro-Japan (pro-Democracy) statesman. 
 
"Nanjing Massacre" was the propaganda used by the conservative dogmatists of CCP as anti-Hu Yaobang = anti-Japan (= anti-Democracy) movement.
 
In fact, "Nanjing Massacre Memorial Hall" was not built until in 1985. 
 
In addition, no country including China had blamed Japanese prime-minister's visit to pay homage to the war dead at Yasukuni Shrine until this same year. 
 
Ex-PM Nakasone (中曽根) confessed later that he could not help but consider the political position of Hu yaobang (胡耀邦) in CCP and suspend his visit at Yasukuni.
 
After the Tiananmen Square protests of 1989, Jiang Zemin (江沢民) strengthened patriotic education ( = anti-Japan education) for their young people in '90s.  
The number of victims in Nanjing has increased from 3 thousand (identified each by name at the time) to 300 thousand of nameless by the leadership of Jiang Zemin. 
 
We, Japanese will never forget there were the Chinese people who fought for freedom and democracy and against the conservative dogmatists in1989. 
 
Note; I don't mean to say there's no massacre in China at the time. One thing I want say in this video is Chinese version's "Nanjing Massacre" is not only an absolute nonsense story but also a malignant propaganda by CCP.
 
南京大虐殺記念館は1985年まで建設されることはなかった。
1950年代の南京には蒋介石に殺された20万人の中共党員のために雨花台烈士記念館が建てられ、そこでは南京で国民党に虐殺された革命英雄を追悼していた。
70年代の文化大革命の時代にすら、その追悼行事が続いていたが、日本軍の手になる虐殺の話など当時の南京で語られることはなかった。
したがって、毛沢東周恩来の時代に南京大虐殺なる話が語られることはなかった。事実、毛沢東周恩来も一言もそんな話をした形跡はない。
 
 
しかし、1980年代になると米ソの冷戦が終わり社会主義大国として残された中国では中共内で中共の生き残り方を巡って激しい対立が表面化する。
改革派民主勢力は日中経済協力で国力を増強しようとし、保守派は民主化が自分たちの全ての利権と生命を奪うとして、それを恐れ、改革派と激しい権力争いをすることとなったのだ。
その改革派の代表が胡耀邦趙紫陽であり、保守派の代表が李鵬、江沢民である。
この争いは、反日の仮面をかぶった形で表面化した。つまり反胡耀邦運動である。
胡耀邦親日派として有名であった。
かって、孔子批判が周恩来に向けられたように、総書記である胡耀邦を追い落とすために李鵬や江沢民が民衆や軍、日本のマスコミまでをも煽ったのである。

この反胡耀邦運動が反日扇動政策なのだ。

 


85
年まで、靖国神社の首相による参拝を問題視する外国は存在しなかった。
A
級戦犯の合祀も旧連合国は容認しており、多くの外国人の要人が参拝していた。
ところが8587日、突如として朝日新聞が「特集・靖国問題 アジア諸国の目」と題する報道を始める。
この朝日の記事に呼応し、人民日報は811日、日本国内に首相の靖国参拝に批判的な動きがあると報じ、814日に突如中国政府スポークスマンが中曽根首相の靖国参拝に反対表明をした。

 

1985年に南京大虐殺記念館が完成したこととこれらの一連の出来事とは偶然などではない。周到に準備された中共の派閥抗争に付随したプロパガンダなのである。

 

1989年の天安門事件、1990年南北朝鮮の国連加盟と日本海呼称問題、それと前後する従軍慰安婦問題、これらすべての背後に中共の保守勢力がいると気付くべきである。

 

靖国とともに語られる戦犯問題については以下の事実を、もう一度考えていただきたい。

A級戦犯として有罪判決を受け禁固七年とされた重光葵は恩赦後、衆議院議員に3回当選し、1954年に鳩山内閣の副首相と外務大臣となり、日ソ国交回復交渉や国連加盟交渉に取り組み、国連加盟も成し遂げて、公職引退後(死後)に勲一等を授与された。終身刑を受けた賀屋興宣は恩赦後、衆議院議員に5回当選し、池田内閣の法務大臣を務め、公職から引退後に叙勲を打診されたが辞退した。A級戦犯被疑者だった岸信介内閣総理大臣になった。

 

 

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.