Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

Essay / Senkaku 「海」は「界」であった。(その4)

以下は いしゐのぞむ氏著 『尖閣反駁マニュアル百題』の読後感想である。

 

「海」が陸の果てであると思えば、「海防」は陸の果ての守りのことである。

曹學栓の湘西紀行に「東湧」を甚だしき遠哨とする理由も理解できるというものである(いしゐのぞむ氏 『尖閣反駁マニュアル百題』155頁下段参照)。

 

それに対して「洋」は、王権の及ばぬ外の世界である。

傅維麟 明書・張赫傳

入牛山洋遇倭、追至琉球大洋、擒倭酋、俘獲多人。

牛山洋に入りて倭に遇い、追いて琉球大洋に至り、倭酋を擒へ、俘獲すること多人なり。(書き下し文はいしゐのぞむ氏より

牛山を、陸地の果て(海)より遠い場所だとして記しているのが、牛山「洋」の表現であろう。

沿岸の海路、海道あるいは水路から遥かに遠い牛山「洋」に這い入って、そこで、というのが「入牛山洋」という表現に思える。

さらに大陸と澎湖諸島の間の洋上は「大洋」と表現され、この事件は「洋」から「大洋」に進出して「海外から界外に進出して」倭寇に勝利した壮挙として記されたのであろう(いしゐのぞむ氏 『尖閣反駁マニュアル百題』177頁 「三 倭寇を追撃した「琉球大洋」は尖閣海域なのか参照)

 

f:id:kaiunmanzoku:20140625090345j:plain

 

 

 

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.