Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

海幸彦と山幸彦の物語(1)天孫降臨

古代日本 歴史 History 琉球 沖縄 / Ryukyu

天孫降臨

天の神様たちが住む高天原(タカマガハラ)というところで、天照大神アマテラスオオミカミ)が自分の子孫である邇邇芸命ニニギノミコト)に「稲の穂と、伊勢神宮のご神体である鏡、曲玉(マガタマ)、草薙剣(クサナギノツルギ)とも呼ばれる熱田神宮のご神体である剣(ツルギ)、の3つの神宝を持って、人間の住む葦原の中つ国(アシハラノナカツクニ)に行って、国を治めなさい」と命じました。

ニニギノミコトは今の九州の筑紫の国(ツクシノクニ)の高千穂の峰(タカチホノミネ)に降り立ちました。これが天の神様たちである天津神(アマツカミ)のご子孫(天孫と言います)が天から地上に降りられたという天孫降臨(テンソンコウリン)のお話です。

高千穂(タカチホ)に降り立ったニニギノミコトは、ある時、今の鹿児島県のどこかの岬である笠沙の岬(カササノミサキ)で、それはとても美しい女性に出会いました。その女性は木花佐久夜比売(コノハナサクヤヒメ)と言いました。

姫と結婚したくなったニニギノミコトは姫の父親大山津見神オオヤマツミノカミ)に姫を下さいと申し入れました。オオヤマツミノカミは、コノハナサクヤヒメだけではなく、その姉の石長比売(イワナガヒメ)も一緒に、二人の姫をニニギノミコトに差し上げました。

しかし、姉のイワナガヒメは醜い女性だったので、ニニギノミコト醜い姉のイワナガヒメを家に帰し、美しい妹のコノハナサクヤヒメとだけ夜を供に過ごしました。

オオヤマツミノカミは、そのことを知って大変残念に思いました。

醜い姉のイワナガヒメと結ばれれば岩のごとく永遠の命が約束され、美しい妹のコノハナヒメと結ばれることで花が咲くがごとくに栄えるという意味があったからです。

しかし、姉のイワナガヒメを返してしまい、妹のコノハナヒメとだけ結ばれた神の子の命は木の花のように短くなってしまうのです。

このことで、永遠の命が約束されていたはずの天の神様のご子孫である天孫たちの寿命は、木の花のように短くなってしまわれました(続く)

 

 

天照大神アマテラスオオミカミ)天の神様で太陽のように偉い神様 女神様

邇邇芸命ニニギノミコトアマテラスオオミカミの子孫

大山津見神オオヤマツミノカミ)2人の姫 イワナガヒメコノハナサクヤヒメ父親

石長比売イワナガヒメ大山津見神オオヤマツミノカミ)の娘 姉

木花佐久夜比売コノハナサクヤヒメ大山津見神オオヤマツミノカミ)の娘 妹

 

下の話を簡単にしてみようと思いました。

kaiunmanzoku.hatenablog.com

f:id:kaiunmanzoku:20101010100213j:plain

 

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.