Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

海幸彦と山幸彦の物語(7)神武天皇の誕生まで

【鵜葺草萱不合命の誕生】

しばらくして、豊玉姫がわたつみの国から山幸彦を訪ねてきました。

豊玉姫はわたつみの国で山幸彦の子を身ごもったので夫の元で出産すると伝えたのです。

そして、海岸に屋根を鵜の羽根と萱で葺いた産屋を建てようとしました。しかし、まだその屋根も完成しないうちに子供が生まれそうになりました。

そこで、豊玉姫山幸彦

「私は今から出産しますが、それを見ないで下さい」と言って産屋に入っていきました。

山幸彦はこの言葉が気になり、中をのぞいてしまいました。すると、大きなワニである八尋の鰐(ヤヒロノワニ)がのたうち回っていたので、恐ろしくなって逃げてしまいました。

 

豊玉姫はこれを知って恥ずかしくなり、生んだ子を置いたままわたつみの国へ帰っていきました。

そして、地上の国と海神の国との境を塞いでしまいました。

 

この時生まれた子は天津日高日子波限建鵜葺草萱不合命(アマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコト)と言います。

 

後になって、豊玉姫は生んだ子の養育係として、妹の玉依姫(タマヨリヒメ)を遣わしました。

ウガヤフキアエズノミコトは、その玉依姫と結婚することになります。

そして、4人の子をもうけました。

その4人の子のうち4番目の子の名を神倭伊波礼比古(カムヤマトイワレビコ)といいます。初代天皇神武天皇となられるお方です。(了)

 

 

 

 

下の話を簡単にしてみようと思いました。

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

 

読み終わった方は、こちらの解説もどうぞ

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

山幸彦の謎を考えたい人はこちらへ

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

f:id:kaiunmanzoku:20080420133920j:plain

#ホデリ #ホオリ

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.