Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

強制徴用プロパガンダデセプションを「第二の慰安婦問題」にしてはならない

歴史歪曲 戦史観 propaganda 私見 Essay 朝鮮半島 Korea

北に操られた南鮮の傀儡共は、強制徴用 を本格的に 中華プロパガンダ として国内外に宣伝活動を開始した。

 

 

中華プロパガンダの特徴

火の無いところに煙を立てる中共の宣伝工作 中華プロパガンダ に対抗せよ - kaiunmanzoku's bold audible sighs


①共感と憐憫を得て同情を勝ち取れ。
階級の敵に相応しい邪悪と冷酷さを描き、国際的な同情と援助を勝ち取る。その組織と手段が中華プロパガンダの最大の特徴だ。
ー 今回は、邪悪な日本軍国主義による強制徴用の悲惨さを強調。

 

②社会への影響力を勝ち取れ。
政策や民意に影響を与える種々の機関や団体組織を取り込むこと、特に客観性や科学性に信頼がおけると信じられている学者や教育関係者、テレビや新聞を用いなければならない。
ー 「強制徴用労働者像」建立推進委員会を用い北との平和活動を演出。既に南鮮のマスコミを巻き込みつつある。

 

③客観性を偽装せよ。
共産党が表に出ることなく、第三者の筆と口を借りて事実と意見を述べさせること。できれば事実報道と意見報道を別人に語らせること、尚且つ事実と、敵の邪悪と冷酷さに対する非難と悲劇に対する同情を共感をもって伝えることを首尾一貫して行うこと。
ー まだ顕著ではないが、似非証言者とそれを擁護する団体、学者、弁護士、人権団体の出現が予想される。

 

ユネスコを利用する恐れがある。直ちに日本政府は手を打つべきだ。慰安婦と同じことを繰り返すべきではない。

 

 

headlines.yahoo.co.jp

f:id:kaiunmanzoku:20170214215703p:plain

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.