kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

9月24日は国辱の日 法治国家・主権国家日本が、尖閣中国漁船衝突事件の主犯を超法規的に釈放し、法治と主権を放棄した国民総懺悔の日

 

f:id:kaiunmanzoku:20170922164906j:plain

 

尖閣中国漁船衝突事件 
2010年9月7日午前、尖閣諸島付近の海域をパトロールしていた巡視船「みずき」が、チャイナ籍の不審船を発見し日本領海からの退去を命じるも、それを無視して漁船は違法操業を続行、逃走時に巡視船「よなくに」と「みずき」に衝突し2隻を破損させた。海上保安庁は同漁船の船長を公務執行妨害で逮捕し、取り調べのため石垣島へ連行し、船長を除く船員も同漁船にて石垣港へ回航、事情聴取を行った。9日に船長は那覇地方検察庁石垣支部に送検された。


2010年9月13日 - 船長以外の船員を帰国させ、漁船を解放。

 


国辱:船長の釈放
2010年9月24日 - 午前10時、検察首脳会議で釈放が決まる。その発表は那覇地方検察庁によって行われた。


その不当、異常な釈放発表の背景
時の日本政府として「国内法で粛々と判断する」と発言していた民主党政権 菅直人首相前原誠司外務大臣国連総会のため外遊で不在の中、那覇地方検察庁「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮して、船長を処分保留で釈放する」と発表する甚だ異常なものであった。これにより、船長は「不法上陸」扱いとなり、国外退去の続きの後、翌25日未明にチャイナのチャーター機で送還された。


この時点で船長の勾留延長期限はまだ5日も残っていた。


【画像】船長は帰国した際、Vサインであいさつし、現地報道機関に対し尖閣諸島はチャイナ領であり自身の行為は合法である旨を主張し英雄扱いされた。


仙谷由人官房長官は、「船長の釈放は検察独自の判断でなされた」と述べ、これを容認する。また 柳田稔法務大臣と同日昼すぎに会談していたことに関しては「全く別件だ」と釈放決定との関与を否定し、日中関係は重要な2国間関係だ。戦略的互恵関係の中身を充実させるよう両国とも努力しなければならない」中共政府との関係修復第一の考えを示した。
また、釈放決定に対し与党民主党など政権内部からも批判が出ていることについては「承知していない」と述べた。


国連総会でアメリカ滞在中の菅直人首相は、「検察当局が事件の性質などを総合的に考慮し、国内法に基づき粛々と判断した結果だと認識している」と述べた。


同じくアメリカ滞在中の前原誠司外務大臣は、国内法にのっとって対応した検察の判断に従う」と述べた。

www.facebook.com

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.