kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

憲法に「軍」「武力」の明記を それは「戦争の放棄」と矛盾しない

軍とは武力のこと

武力とは、相手の攻撃、つまり「戈」を「止」める力のことと位置付けるべきだ。

漢字の成り立ちでよく説明されるこの例えは「止」に歩く意味があって戈を持って進むことらしい。が、近代戦における戦力や武力が開戦を防ぐための抑止力を意味するのだから、法の位置付けとしては、軍、武力は攻撃を抑止する力と定義するべきである。

 

つまり、「戦」や「争」を避け、相手の攻撃を止める役割が「武」であり、その力を「武力」あるいは「軍」といい、その備えをすることを「軍備」と定義すべきだ。

 

そうすれば「戦」も「争」も避けるべきであり恐れるべきだが、「軍」や「軍人」の存在を恥じたり、恐れたりするのは誤りと誰もが気付くだろう。「軍」は相手の攻撃から人々を守るための存在であり、「軍人」はそれを担う人々を指し、誇り、安全、安心の代名詞と理解されるに違いない。

 

平時に「武」を蓄え、一旦緩急あらば、忠や孝、妻子や孫、眷属、民百姓(大御宝)、あるいは破邪顕正のため(決して戦うという意味だけではない)「武」を振るうのが「正義」と考えてきた日本。それが武士道。振武の道で出会う弱者を戦いや争いから守ることは、人が人として美しく生きるという日本人のモラルであり、帰結だった。それが日本の歴史であり文化・日本的価値観だと思う。

戦後、日本人が日本人として美しく生き抜く術としての「武」が問答無用の「不正義」だと吹き込まれ、「正義」のために「不正義」である「武」を用いるのは許されないと信じ込まされてきた。大きな誤りだ。

しかし、もう「武」に対する認識は正常化すべきだ。日本の文化や価値観は祖先から受け継いできたもので、自分一代の命より尊い。その価値観こそが子や孫に承継していくべきものだと信じる。

特に近代戦においては、戦を避け攻撃を止める力こそ武力であり、それは軍にしか出来ない仕事なのだから。

日本人の「武」こそ、誇るべき財産とすべきだ。

f:id:kaiunmanzoku:20180413143504j:plain

 

kaiunmanzoku.hatenablog.com

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.