kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

中共(の傀儡である香港政庁)の狙いは無政府の恐怖を惹起する事

中共(の傀儡である香港政庁)の狙いは無政府の恐怖を惹起する事

デモ参加者に見せかけた便衣兵を大勢使って、暴行、破壊、放火を行い、その後に投入された警官隊は群衆の排除ではなく、群衆を恐怖に陥れることを担っている。その目標は、香港を「暴動」「混乱」「無政府状態」に陥れることだ。

 

人民解放軍の投入に限らず、強硬な治安維持策を正当化できる状況を作り出せれば、その時点で香港市当局の作戦は成功と言える。全ての責任は「暴動」「混乱」「無政府状態」にあるとするのだ。
その無秩序のもたらす「恐怖」と「暴力」を恐れる市民が増えれば増えるほど権威復活に都合が良いのだ。

 

中共がコントロールする香港

一国ニ制度ではなく、中共の下に香港政庁があると分かるニュースがこれだ。

林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が、先週、実業家グループとの非公開会合で、香港の政治危機を巡り「言い訳のできない大混乱」を引き起こしたとし、解決する余地は「非常に限られている」としたうえで「もしも自身に選択肢があるなら」と断った上で「まずは辞任し、深く謝罪することだ」と述べたが、辞任すらできない境遇だとわかる。

これは、香港政庁は中共の傀儡であって行政長官は一国ニ制度の顔としてのお飾りだと告白したことになる。

f:id:kaiunmanzoku:20190903102013p:plain

2019-09-03 NHKBS1 キャッチ世界トップニュースから 

 

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.