kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

釣魚嶼は日本人が発見し命名した/釣魚(ちょうぎょ)は日本語

【釣魚嶼は日本人が発見し命名した】

釣魚は、(ちょうぎょ)と読む。
日常の漢字では、釣魚図鑑(ちょうぎょずかん)、釣魚料理(ちょうぎょりょうり)、釣魚法(ちょうぎょほう)と使われ、それぞれ(ちょうぎょ)と読まれている。
同様に釣魚島は、(ちょうぎょとう)、釣魚嶼(ちょうぎょしょ)と読む。
以上は、すべて日本語。

 

他方で、チナ語では釣魚を(diàoyú)と読む。

 

そして、近年(1970年ごろ)に至るまで釣魚嶼の「釣魚」を Diàoyú と読んだ形跡は世界中どの史料、どの地図にも存在しない。

 

日本語である釣魚嶼(ちょうぎょしょ)の読みは Tiao-yu-su とローマ字になって欧州を初め世界中の地図や文献に数多く記載されている。
#尖閣史 は「#百対ゼロの悠久の正義」なのだ。

 

古事記にも「釣魚」を見つけることができる。

 火照命者爲海佐知毘古【此四字以音 下效此】而 取鰭廣物 鰭狹物 火遠理命者 爲山佐知毘古而 取毛麁物 毛柔物 爾火遠理命謂其兄火照命 各相易佐知欲用 三度雖乞不許 然遂纔得相易 爾火遠理命海佐釣魚 都不得一魚 亦其鉤失海 於是其兄火照命乞其鉤曰 山佐知母 己之佐知佐知 海佐知母已之佐知佐知 今各謂返佐知之時【佐知二字以音】其弟火遠理命答曰 汝鉤者 釣魚不得一魚 遂失海 然其兄強乞徴 故其弟破御佩之十拳劍 作五百鉤 雖償不取 亦作一千鉤 雖償不受 云猶欲 得其正本鉤

 

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

いしゐのぞむ氏の研究の紹介

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

 

Walter Russell Mead & Christopher Wray at Hudson Institute, on July 7, 2020 英文スピーチ全文掲載

f:id:kaiunmanzoku:20200712095951p:plain



【FBI長官スピーチ全文】

The Threat Posed by the Chinese Government and the Chinese Communist Party to the Economic and National Security of the United States 20200707

 

Walter Russell Mead & Christopher Wray

youtu.be

 

Walter Russell Mead: Well, hello. And thank you for joining today’s event at Hudson Institute, where we are all appropriately masked and physically distancing. We’re here with FBI director, Christopher Wray. And it’s my pleasure to be physically back at the office, and it’s an honor to join the director in today’s conversation. Christopher Wray currently serves as the eighth director of the FBI. Throughout his career, he has served in a number of roles within the federal government, including as the principal associate attorney general in the office of the deputy attorney general, where he oversaw investigations conducted by the DOJ’s law enforcement agencies.

 

In 2003, President George W. Bush nominated Mr. Wray as the assistant attorney general for DOJ’s criminal division, where he oversaw major investigations into domestic and international criminal activities. He alsooversaw the DOJ’s counter terrorism, counterintelligence, and export control sections. Mr. Wray was instrumental in the DOJ’s post 9/11 efforts to combat terrorism, cyber crime, and international espionage.


Today, Mr. Wray joins us to discuss China’s ongoing efforts to interfere in the United States domestic affairs through espionage, disinformation campaigns, intellectual property theft, and monetary theft. It is my pleasure to welcome Director Wray to the Hudson Institute.

 

Christopher Wray: Well, thank you, Walter.
Good morning. I realize it’s challenging to put on an event like this under the current circumstances, so I’m grateful to the Hudson Institute for hosting us today.
The greatest long-term threat to our nation’s information and intellectual property, and to our economic vitality, is the counterintelligence and economic espionage threat from China. It’s a threat to our economic security—and by extension, to our national security.
As National Security Advisor O’Brien said in his recent remarks, we cannot close our eyes and ears to what China is doing—and today, in light of the importance of this threat, I’ll provide more detail on the Chinese threat than the FBI has ever presented in an open forum. This threat is so significant that the attorney general and secretary of state will also be addressing a lot of these issues in the next few weeks. But if you think these issues are merely a government problem, or just an intelligence issue, or a nuisance largely just for big corporations who can take care of themselves—you couldn’t be more wrong.


It’s the people of the United States who are the victims of what amounts to Chinese theft on a scale so massive that it represents one of the largest transfers of wealth in human history.


If you are an American adult, it is more likely than not that China has stolen your personal data.

 

In 2017, the Chinese military conspired to hack Equifax and made off with the sensitive personal information of 150 million Americans—we’re talking nearly half of the American population and most American adults—and as I’ll discuss in a moment, this was hardly a standalone incident.

 

Our data isn’t the only thing at stake here—so are our health, our livelihoods, and our security.
We’ve now reached the point where the FBI is opening a new China-related counterintelligence case about every 10 hours. Of the nearly 5,000 active FBI counterintelligence cases currently under way across the country, almost half are related to China. And at this very moment, China is working to compromise American health care organizations, pharmaceutical companies, and academic institutions conducting essential COVID-19 research.

 

But before I go on, let me be clear: This is not about the Chinese people, and this is certainly not about Chinese Americans. Every year, the United States welcomes more than 100,000 Chinese students and researchers into this country. For generations, people have journeyed from China to the United States to secure the blessings of liberty for themselves and their families—and our society is better for their contributions. So, when I speak of the threat from China, I mean the government of China and the Chinese Communist Party.


The Chinese Regime and the Scope of Its Ambitions To understand this threat and how we must act to respond to it, the American people should remember three things.

 

First: We need to be clear-eyed about the scope of the Chinese government’s ambition. China—the Chinese Communist Party—believes it is in a generational fight to surpass our country in economic and technological leadership.


That is sobering enough. But it’s waging this fight not through legitimate innovation, not through fair and lawful competition, and not by giving their citizens the freedom of thought and speech and creativity that we treasure here in the United States. Instead, China is engaged in a whole-of-state effort to become the world’s only superpower by any means necessary.

 

A Diverse and Multi-Layered Approach

The second thing the American people need to understand is that China uses a diverse range of sophisticated techniques—everything from cyber intrusions to corrupting trusted insiders. They’ve even engaged in outright physical theft. And they’ve pioneered an expansive approach to stealing innovation through a wide range of actors—including not just Chinese intelligence services, but state-owned enterprises, ostensibly
private companies, certain kinds of graduate students and researchers, and a variety of other actors working on their behalf.

 

Economic Espionage

To achieve its goals and surpass America, China recognizes it needs to make leaps in cutting-edge technologies. But the sad fact is that instead of engaging in the hard slog of innovation, China often steals American intellectual property and then uses it to compete against the very American companies it victimized, in effect cheating twice over. They’re targeting research on everything from military equipment to wind turbines to rice and corn seeds.

 

Through its talent recruitment programs, like the so-called Thousand Talents Program, the Chinese government tries to entice scientists to secretly bring our knowledge and innovation back to China—even if that means stealing proprietary information or violating our export controls and conflict-of-interest rules.


Take the case of scientist Hongjin Tan, for example, a Chinese national and American lawful permanent resident. He applied to China’s Thousand Talents Program, stole more than $1 billion worth of trade secrets from his former employer, an Oklahoma-based petroleum company, and got caught. A few months ago, he was convicted and sent to prison.

 

Or there’s the case of Shan Shi, a Texas-based scientist, also sentenced to prison earlier this year. Shi stole trade secrets regarding syntactic foam, an important naval technology used in submarines. Shi, too, had applied to China’s Thousand Talents Program, and specifically pledged to “digest” and “absorb” the relevant technology in the United States.


He did this on behalf of Chinese state-owned enterprises, which ultimately planned to put the American company out of business and take over the market.

 

In one of the more galling and egregious aspects of the scheme, the conspirators actually patented in China the very manufacturing process they’d stolen, and then offered their victim American company a joint venture using its own stolen technology. We’re talking about an American company that spent years and millions of dollars developing that technology, and China couldn’t replicate it—so, instead, it paid to have it stolen.

And just two weeks ago, Hao Zhang was convicted of economic espionage, theft of trade secrets, and conspiracy for stealing proprietary information about wireless devices from two U.S. companies. One of those companies had spent over 20 years developing the technology Zhang stole.


These cases were among more than a thousand investigations the FBI has into China’s actual and attempted theft of American technology—which is to say nothing of over a thousand more ongoing counterintelligence investigations of other kinds related to China. We’re conducting these kinds of investigations in all 56 of our field offices. And over the past decade, we’ve seen economic espionage cases with a link to China increase by approximately 1,300 percent.

 

The stakes could not be higher, and the potential economic harm to American businesses and the economy as a whole almost defies calculation.

 

Clandestine Efforts

As National Security Advisor O’Brien discussed in his June remarks, the Chinese government is also making liberal use of hacking to steal our corporate and personal data—and they’re using both military and non-state hackers to do it. The Equifax intrusion I mentioned a moment ago, which led to the indictment of Chinese military personnel, was hardly the only time China stole the sensitive personal information of huge numbers of the American public.

 

For example, did you have health insurance through Anthem or one of its associated insurers? In 2015, China’s hackers stole the personal data of 80 million of that company’s current and former customers.


Or maybe you’re a federal employee—or you used to be one, or you applied for a government job once, or a family member or roommate did.
Well, in 2014, China’s hackers stole more than 21 million records from OPM, the federal government’s Office of Personnel Management.


Why are they doing this? First, China has made becoming an artificial intelligence world leader a priority, and these kinds of thefts feed right into China’s development of artificial intelligence tools.

 

Compounding the threat, the data China stole is of obvious value as they attempt to identify people to target for secret intelligence gathering. On that front, China is also using social media platforms—the same ones Americans use to stay connected or find jobs—to identify people with access to our government’s sensitive information and then target those people to try to steal it.

 

Just to pick one example, a Chinese intelligence officer posing as a headhunter on a popular social media platform recently offered an American citizen a sizeable sum of money in exchange for “consulting” services. That sounds benign until you realize those “consulting” services were related to sensitive information the American target had access to as a U.S. military intelligence specialist.


Now that particular tale has a happy ending: The American citizen did the right thing and reported the suspicious contact, and the FBI, working together with our armed forces, took it from there. I wish I could say that all such incidents worked out that way.

 

Threats to Academia

It’s a troublingly similar story in academia. Through talent recruitment programs like the Thousand Talents Program I mentioned a moment ago, China pays scientists at American universities to secretly bring our knowledge and innovation back to China—including valuable, federally funded research. To put it bluntly, this means American taxpayers are effectively footing the bill for China’s own technological development. China then leverages its ill-gotten gains to undercut U.S. research institutions and companies, blunting our nation’s advancement and costing American jobs. And we are seeing more and more of these cases.

 

In May alone, we arrested both Qing Wang, a former researcher with the Cleveland Clinic who worked on molecular medicine and the genetics of cardiovascular disease, and Simon Saw-Teong Ang, a University of Arkansas scientist doing research for NASA. Both were allegedly committing fraud by concealing their participation in Chinese talent recruitment programs while accepting millions of dollars in American federal grant funding.


That same month, former Emory University professor Xiao-Jiang Li pled guilty to filing a false tax return for failing to report the income he’d received through China’s Thousand Talents Program. Our investigation found that while Li was researching Huntington’s disease at Emory, he was also pocketing half a million unreported dollars from China.

 

In a similar vein, Charles Lieber, chair of Harvard’s Department of Chemistry and Chemical Biology, was indicted just last month for making false statements to federal authorities about his Thousand Talents participation. The United States has alleged that Lieber concealed from both Harvard and the NIH his position as a strategic scientist at a Chinese university—and the fact that the Chinese government was paying him, through the Wuhan Institute of Technology, a $50,000 monthly stipend, more than $150,000 in living expenses, and more than $1.5 million to establish a laboratory back in China.

 

Malign Foreign Influence

There’s more. Another tool China and the Chinese Communist Party use to manipulate Americans is what we call malign foreign influence.
Now, traditional foreign influence is a normal, legal diplomatic activity typically conducted through diplomatic channels. But malign foreign influence efforts are subversive, undeclared, criminal, or coercive attempts to sway our government’s policies, distort our country’s public discourse, and undermine confidence in our democratic processes and values.

 

China is engaged in a highly sophisticated malign foreign influence campaign, and its methods include bribery, blackmail, and covert deals. Chinese diplomats also use both open, naked economic pressure and seemingly independent middlemen to push China’s preferences on American officials.


Just to take one all-too-common example, let’s say China gets wind that an American official is planning to travel to Taiwan—think a governor, a state senator, a member of Congress. China does not want that to happen, because that travel might appear to legitimize Taiwanese independence from China—and legitimizing Taiwan would be contrary, of course, to China’s “One China” policy.

So what does China do? Well, China has leverage over the American official’s constituents—American companies, academics, and members of the media all have legitimate and understandable reasons to want access to Chinese partners and markets. And because of the authoritarian nature of the Chinese Communist Party, China has immense power over those same partners and markets. So, China will sometimes start by trying to influence the American official overtly and directly. China might openly warn that if the American official travels to Taiwan, China will take it out on a company from that official’s home state by withholding the company’s license to manufacture in China. That could be economically ruinous for the company, would directly pressure the American official to alter his travel plans, and the official would know that China was trying to influence him.

 

That would be bad enough. But the Chinese Communist Party often doesn’t stop there; it can’t stop there if it wants to stay in power—so it uses its leverage even more perniciously. If China’s more direct, overt influence campaign doesn’t do the trick, they sometimes turn to indirect, covert, deceptive influence efforts. To continue with the example of the American official with travel plans that the Chinese Communist Party doesn’t like, China will work relentlessly to identify the people closest to that official—the people the official trusts most. China will then work to influence those people to act on China’s behalf as middlemen to influence the official. The co-opted middlemen may then whisper in the official’s ear and try to sway the official’s travel plans or public positions on Chinese policy. These intermediaries of course aren’t telling the American official that
they’re Chinese Communist Party pawns—and worse still, some of these intermediaries may not even realize they’re being used as pawns, because they too have been deceived.

 

Ultimately, China doesn’t hesitate to use smoke, mirrors, and misdirection to influence Americans.


Similarly, China often pushes academics and journalists to self-censor if they want to travel into China. And we’ve seen the Chinese Communist Party pressure American media and sporting giants to ignore or suppress criticism of China’s ambitions regarding Hong Kong or Taiwan. This kind of thing is happening over and over, across the United States.

 

And I’ll note that the pandemic has unfortunately not stopped any of this—in fact, we have heard from federal, state, and even local officials that Chinese diplomats are aggressively urging support for China’s handling of the COVID-19 crisis. Yes, this is happening at both the federal and state levels. Not that long ago, we had a state senator who was recently asked to even introduce a resolution supporting China’s response
to the pandemic.

 

The punchline is this: All these seemingly inconsequential pressures add up to a policymaking environment in which Americans find themselves held over a barrel by the Chinese Communist Party.

 

Threats to the Rule of Law

All the while, China’s government and Communist Party have brazenly violated well-settled norms and the rule of law.


Since 2014, Chinese General Secretary Xi Jinping has spearheaded a program known as “Fox Hunt.” Now China describes Fox Hunt as an international anti-corruption campaign—it’s not. Instead, Fox Hunt is a sweeping bid by General Secretary Xi to target Chinese nationals whom he sees as threats and who live outside China, across the world. We’re talking about political rivals, dissidents, and critics seeking to expose China’s extensive human rights violations.

 

Hundreds of the Fox Hunt victims that they target live right here in the United States, and many are American citizens or green card holders. The Chinese government wants to force them to return to China, and China’s tactics to accomplish that are shocking. For instance, when it couldn’t locate one Fox Hunt target, the Chinese government sent an emissary to visit the target’s family here in the United States. The message they said to pass on? The target had two options: return to China promptly, or commit suicide. And what happens when Fox Hunt targets refuse to return to China? In the past, their family members both here in the United States and in China have been threatened and coerced; and those back in China have even been arrested for leverage.

 

I’ll take this opportunity to note that if you believe the Chinese government is targeting you—that you’re a potential Fox Hunt victim—please reach out to your local FBI field office.

 

Exploiting Our Openness

Understanding how a nation could engage in these tactics brings me to the third thing the American people need to remember: China has a fundamentally different system than ours—and it’s doing all it can to exploit our openness while taking advantage of its own, closed system.


Many of the distinctions that mean a lot in the United States are blurry or almost nonexistent in China—distinctions between the government and the Chinese Communist Party, between the civilian and military sectors, and between the state and “private” industry.


For one thing, an awful lot of large Chinese businesses are state-owned enterprises—literally owned by the government, and thus the Party. And even if they aren’t, China’s laws allow its government to compel any Chinese company to provide any information it requests—including American citizens’ data.

 

On top of that, Chinese companies of any real size are legally required to have Communist Party “cells” inside them to keep them in line. Even more alarmingly, Communist Party cells have reportedly been established in some American companies operating in China as a cost of doing business there.

 

These features should give U.S. companies pause when they consider working with Chinese corporations like Huawei—and should give all Americans pause, too, when relying on such a company’s devices and networks. As the world’s largest telecommunications equipment manufacturer, Huawei has broad access to much that American companies do in China. It’s also been charged in the United States with racketeering conspiracy and has, as alleged in the indictment, repeatedly stolen intellectual property from U.S. companies, obstructed justice, and lied to the U.S. government and its commercial partners, including banks.

 

The allegations are clear: Huawei is a serial intellectual property thief, with a pattern and practice of disregarding both the rule of law and the rights of its victims. I have to tell you, it certainly caught my attention to read a recent article describing the words of Huawei’s founder, Ren Zhengfei, about the company’s mindset. At a Huawei research and development center, he reportedly told employees that to ensure the company’s survival, they need to—and I quote—“surge forward, killing as you go, to blaze us a trail of blood.” He’s also reportedly told employees that Huawei has entered, to quote, “a state of war.” I certainly hope he couldn’t have meant that literally, but it’s hardly an encouraging tone, given the company’s repeated criminal behavior.


In our modern world, there is perhaps no more ominous prospect than a hostile foreign government’s ability to compromise our country’s infrastructure and devices. If Chinese companies like Huawei are given unfettered access to our telecommunications infrastructure, they could collect any of your information that traverses their devices or networks.

Worse still: they’d have no choice but to hand it over to the Chinese government if asked—the privacy and due process protections that are sacrosanct in the United States are simply non-existent in China.

 

Responding Effectively to the Threat

The Chinese government is engaged in a broad, diverse campaign of theft and malign influence, and it can execute that campaign with authoritarian efficiency. They’re calculating. They’re persistent. They’re patient. And they aren’t subject to the righteous constraints of an open, democratic society or the rule of law.

 

China, as led by the Chinese Communist Party, is going to continue to try to misappropriate our ideas, influence our policy makers, manipulate our public opinion, and steal our data. They will use an all-tools and all-sectors approach—and that demands our own all-tools and all-sectors approach in response.

 

Our folks at the FBI are working their tails off every day to protect our nation’s companies, our universities, our computer networks, and our ideas and innovation. To do that, we’re using a broad set of techniques—from our traditional law enforcement authorities to our intelligence capabilities.

 

I’ll briefly note that we’re having real success. With the help of our many foreign partners, we’ve arrested targets all over the globe. Our investigations and the resulting prosecutions have exposed the tradecraft and techniques the Chinese use, raising awareness of the threat and our industries’ defenses. They also show our resolve, and our ability to attribute these crimes to those responsible. It’s one thing to make assertions—but in our justice system, when a person, or a corporation, is investigated and then charged with a crime, we have to prove the truth of the allegation beyond a reasonable doubt. The truth matters—and so, these criminal indictments matter. And we’ve seen how our criminal indictments have rallied other nations to our cause—which is crucial to persuading the Chinese government to change its behavior.

 

We’re also working more closely than ever with partner agencies here in the U.S., and our partners abroad. We can’t do it on our own; we need a whole-of-society response. That’s why we in the intelligence and law enforcement communities are working harder than ever to give companies, universities, and the American people themselves the information they need to make their own informed decisions and protect their most valuable assets.

 

Confronting this threat effectively does not mean we shouldn’t do business with the Chinese. It does not mean we shouldn’t host Chinese visitors. It does not mean we shouldn’t welcome Chinese students or coexist with China on the world stage. But it does mean that when China violates our criminal laws and international norms, we’re not going to tolerate it, much less enable it. The FBI and our partners throughout the U.S. government will hold China accountable and protect our nation’s innovation, ideas, and way of life—with the help and vigilance of the American people.

 

Thank you for having me here today.

 

Walter Russell Mead: Thank you, Director. We will be taking questions from people who weren’t able to be here today, so if you could email any questions you have to events@hudson.org. That’s H-U-D-S-O-N.org. We’ll be happy to take a look at them. A Hudson staff member will get it. The questions will be collated, and we’ll see if we can get your question to the director. But before that, I have a few of my own that I’d like to ask. And the first one is one I think that may be on the minds of a lot of Americans who listened to your talk. And they hear that China is stealing personal data, and that their efforts may be intensifying. What would you suggest for Americans who are concerned about their own personal data security from China or other hostile foreign actors?

 

Christopher Wray: Well, I think the American people need to be taking steps on their own to protect their data as well, so that includes things like changing your passwords frequently. That includes things like monitoring your credit history and you account transactions to see if somebody may have stolen your identity. We have a whole bunch of information about that kind of thing on the FBI’s website. And if people have more questions, they can reach out to their local FBI field office.

 

Walter Russell Mead: Okay. Great. And how would they find their local FBI field office?

Christopher Wray: It’s pretty easy to find online.

 

Walter Russell Mead: Okay. Terrific. You said that there has been a trend of increasing cooperation among different countries on this. Can you talk about that a little bit?

Christopher Wray: Right. So one of the things that I actually have found most encouraging in the middle of everything I just finished talking about, is the degree of alignment and consensus that seems to be growing between the United States and our foreign partners on this threat, on the severity of the threat, the priority of the threat, the importance of working together to combat the threat. I find that when I sit down with my foreign partners, which I do all the time, that this threat, the Chinese threat, is one of the first things they want to talk about, even when it wouldn’t be necessarily on my agenda. And I see the same thing, frankly, happening with the business community, with academia, both here in the US and elsewhere.


In fact, in many ways, in a time in this country where things often seem so divisive, sometimes it feels like people in this country can’t even agree on what day of the week it is. On this threat, on the Chinese threat, on the seriousness of it, on the priority of it, on the need to come together to tackle the threat, I’m actually seeing a level of alignment and consensus, bipartisan, across the both public and private sector, with academia, and as you noted in your question, with foreign partners, in a way that I’ve never seen in my career. And I think that’s good news.

 

Walter Russell Mead: That is certainly different from a lot of the narrative that we hear. Do you get any sense that China is targeting the November elections? Do you have any special concerns about that?

 

Christopher Wray: Well, I would say that of course China’s malign foreign influence campaign targets our policies, our positions, 24/7, 365 days a year. So it’s not an election specific threat. It’s really more of an all year, all the time threat. But certainly, that has implications for elections. And they certainly have preferences that go along with that.

 

Walter Russell Mead: And what are the issues that you see the most Chinese influence campaign, most of this malign foreign influence campaign around?
You’d mentioned Taiwan. Are there others?

 

Christopher Wray: Taiwan, Hong Kong, any calling out of Chinese oppression, of dissidence, human rights, the Uyghurs. China’s response to the COVID pandemic, there’s a long list of things. In some ways, China’s government’s own policies and positions and preferences are pretty well known. What’s more pernicious is their more indirect way to try to shape our policy makers on that threat in ways that sometimes our policy makers aren’t even aware of.

 

Walter Russell Mead: You mentioned some of those in the talk. Can you go beyond that to talk about ways that China seeks to exert this kind of influence?

Christopher Wray: Well, as a general rule, if you have a question about whether the Chinese use this tactic or that tactic, think of it like a multiple choice question, where the last option is all of the above, and you’re usually going to be right. But one of the threats that we’re concerned about in particular is what I would call the more indirect, but equally significant, in some ways more significant influence through middlemen. So for example, if you’re a governor, a state senator, a mayor, you probably are sophisticated enough to know that when the representative of the Chinese embassy comes in and starts telling you that you got it all wrong about Hong Kong or Taiwan, to at least be a little bit on your guard and take it with a grain of salt. But what if the person who comes in and talks to you is somebody you’ve known for 10 or 15 years, maybe a prominent donor to your campaign, or some business that you’ve had a relationship with in the past, somebody you trust? And that person comes in and says, “Hey, Walter. I think you got it all wrong on this Hong Kong thing. You really should back off. I think you’re overplaying your hand.” Now if the person came in and said, “Hey, I just had this guy from the Chinese embassy ask me to tell you this,” then, sure.

 

Walter Russell Mead: Right. 

 

Christopher Wray: But that’s probably not what’s happening in most of these instances. And that’s where you need to have all the information, so you as the government, mayor, senator, member of Congress, administration official, know what you’re dealing with.

 

Walter Russell Mead: When it comes to universities, China has a lot of possible points of leverage, from, as you’ve mentioned, allowing scholars to come visit China, which is necessary for some, to cooperation agreements, but also, I guess we could add student recruitment and so on.


Do you see signs that China tries to orchestrate its various sort of instruments here to try to move universities to accept certain things?

 

Christopher Wray: Well, certainly they look to try to influence academics. We see that quite frequently. We see them try to recruit academics through things like the thousand talents plan that I described before. We also have things, and I’ve spoken about this before, that are more sort of soft power, the Confucius Institutes that are in a lot of American colleges and universities, which are efforts to censor or kind of drive China friendly speech in a decidedly unorthodox way here in the US. Now the good news there is that more and more universities are closing those down. So in some ways, that’s not as high a priority as a lot of the other things that I described in my speech.

 

Walter Russell Mead: And these Confucius Institutes, how kind of do they work?

 

Christopher Wray: Well, it’s an effort to bring students together to ensure that the Chinese narrative makes its way into and dominates the conversation, if you will, on universities. I could be more specific, but that would take longer to describe.

 

Walter Russell Mead: Well, let’s get back to some of the business and technology security concerns. Are there particular areas where you see Chinese espionage is really at a very intense level? Do they seem to have priorities here?

 

Christopher Wray: Well, as a general rule, China has these five year plans. And they have the made in China 2025 goal that they’ve articulated, strategy they’ve articulated. And in general, if you look at the industry sectors that are laid out in those plans, in that strategy, you will see a probably less than coincidental correlation with a lot of the intellectual property theft that I was describing. But it’s certainly aviation, healthcare, in the middle of this COVID pandemic. It’s not unusual for us to see right after some pharmaceutical company or research institution make some significant announcement about some promising research related to the pandemic, that we’ll start seeing cyber activity tracing back to China, targeting with that institution is, sometimes almost the next day. So aviation, healthcare, robotics, but sometimes even agriculture.


I mean, I think that’s one thing that a lot of people don’t understand. When I mentioned that all 56 of the FBI’s field offices have investigations of this sort, that’s not because we’re just trying to spread the work around. That’s because the threat is all over the country. It’s in rural areas and big cities. And it’s in Fortune 100s all the way down to small startups.

 

Walter Russell Mead: Do you have any estimates for how much damage is done to American business by this kind of espionage?

 

Christopher Wray: I don’t have an exact number. I think people are always trying to come up with a figure. I will tell you that every figure I’ve seen is breathtaking.

 

Walter Russell Mead: So billions, and not just a few billions.

 

Christopher Wray: Right. Take just the one case I mentioned in Oklahoma, where you had an individual, that’s one guy, stealing $1 billion worth of trade secrets from one company. And then extrapolate that across the thousand or so investigations that I described that are all specifically in the area of Chinese attempted theft of US technology.

 

Walter Russell Mead: Is there legislative authority that you don’t have, that you would like?

 

Christopher Wray: Well, you’ve probably never met an FBI director that wouldn’t welcome more tools. I will say Congress has done a number of valuable things to help us, including for example, not that long ago, they amended CFIUS, which is the legislative scheme, for those who don’t know, that deals with acquisitions, foreign acquisitions in the United States. And that’s often a place where some of the more sensitive information can be compromised through foreign acquisition. So they’ve plugged some of the holes that existed in that scheme before, that statutory scheme, and made it more possible for the national security community to appropriately protect American information.

 

Walter Russell Mead: Okay. I’ve got some questions coming in from the audience at this point. One is asking, “How prevalent is the Foxhunt problem within the US and Europe? And could you discuss any other similar tactics the CCP is conducting?”

 

Christopher Wray: In terms of the prevalence of the Foxhunt efforts, I think we’ve seen hundreds just here in the United States, hundreds of you could call them targets, you could call them victims, frankly, hundreds of individuals that the Chinese government is trying to reach and coerce. It also is happening, as I said in my speech, in other countries too. In terms of the tactics, it’s a variety of means of coercion. We’ve had situations where they show up and make comments about their family members back home in China in a way that is pretty unmistakably threatening. If you use your imagination, you’re not going to be far off.

 

Walter Russell Mead: And have we been working with other governments to try to counter this? Again, from the readers and watchers.


Christopher Wray: Well, we certainly have worked with a lot of our good foreign partners to compare notes, best practices, and so forth to try to combat the Foxhunt threat. But there’s another part of coordination that’s important here. I mean, at one level, there is an established means. There are established processes for foreign law enforcement to cooperate with each other, legitimate foreign cooperation happens all the time all over the world. And there’s a way you do that, and you coordinate with law enforcement in the country that the person is in.


That’s not what Foxhunt is. These people are essentially engaged in rogue law enforcement, unsanctioned, uncoordinated with US law enforcement here in the United States. And that really exposes what this is really about, which is suppressing dissent, and trying to pressure dissidents and critics.

 

Walter Russell Mead: What can the world’s countries do to make this response to Chinese questionable conduct more urgent and more of an actual deterrent to China?

 

Christopher Wray: I think the more we can communicate collectively, nations around the world, that we welcome competition. We welcome academic exchange. We welcome travel. But rampant IP theft is not okay. Cyber intrusions into people’s personal data, not okay. Economic espionage, not okay. So it’s about the behavior. And the more we can communicate that part of participating in a global economy is playing by the rules that other nations play by, adhering to the rule of law and international norms that civilized countries respect, the more hopefully the Chinese government ill adjust its behavior and understand that there’s a right way to compete and there’s a wrong way to compete. But if they keep violating our criminal laws and undermining our national security, they’re going to keep encountering the FBI.

 

Walter Russell Mead: Another one of the viewers would like to know whether there’s some kind of global institutional framework that’s needed to fight this IP theft or tech security theft.

 

Christopher Wray: Well, certainly, there are … I think that’s being addressed through a variety of means with some improvement. But clearly, a long way to go. Nations working together in a bilateral way, but also multilateral. There are international standard setting bodies, for example, of all shapes and sizes that both we, and to some extent the Chinese, as well as other nations participate in, and nations coming together in those kinds of forums to make clear again that there are rules. And no country I know thinks stealing somebody else’s property is okay.


Walter Russell Mead: Another question. In the recent case of a Chinese national convicted of trespassing on Naval Air Station Key West, the person was found to be working for China’s Ministry of Public Security, not the Ministry of State Security of the PLA intelligence. Is the FBI seeing China use the Ministry of Public Security for intelligence operations against the United States?

 

Christopher Wray: Well, I mean, I would say that the Foxhunt effort, for example, is more through the MPS than it is the MSS or the PLA. But as a general rule, an awful lot of the kinds of things I was describing in my remarks are more geared towards the MSS and the PLA.

 

Walter Russell Mead: I have another viewer who would like to know more about China’s interest in agriculture and IP theft there. Can you tell us a little bit more about what some of their targets are and how it works?

 

Christopher Wray: So we certainly, the United States, is I think rightly recognized as the world leader in agriculture and in advanced agricultural techniques. And that includes things like genetically modified seeds and different things like that. There’s an enormous amount of very sophisticated research and development that happens in the world of agriculture. And we’ve had cases in the Midwest, we’ve had cases in places like Kansas, Iowa, Nebraska, where you’ve had people trying to steal, Chinese actors trying to steal to bring back to China to essentially reverse engineer some of those seeds. It could be rice, corn. We had a case, I can’t remember which state it was, not that long ago, where they caught various non state actors working on behalf of the Chinese government, basically digging up seeds into the cover of night to steal them. We had another one where they were caught at the airport with the seeds in their luggage to try to bring them back.

 

Walter Russell Mead: So when you look at the bulk of the cases the FBI has thus far brought against researchers, are most of the violations procedural and false pledges, financial malfeasance? What portion sort of specifically looks at transmission of significant research inside IP? How does that whole universe break down? One of our viewers would like to know.

 

Christopher Wray: Well, we will use whatever charges we think are the most readily provable. And in some instances, we will choose to charge a case a certain way to protect sources and methods, for example, because we’re trying to take the long view. But certainly, there are a variety of intellectual property theft type charges. But a lot of the charges I described are about concealment at some level. Right? It’s not just the underlying theft. It’s the concealment of the theft, and that’s where things about that include false statement, false tax returns, things like that become important because they’re concealing their relationship with the Chinese government from, whether it’s American university, an American employer, whoever it happens to be. At the end of the day, I have high confidence in American companies, American universities, and the American people, if given the right information, to make informed, sensible, patriotic decisions. But when some of these non state actors conceal their relationship with the Chinese government, those employers, the companies, the universities, the people,
can’t make those informed decisions.

 

Walter Russell Mead: You’ve been talking about a sort of whole of society approach to the problem and the importance of non governmental actors in the US. We have a question here. Does the FBI, DOJ, have resources for private sector entities? Or what would you counsel some of these entities to do?

 

Christopher Wray: Well, in all of our FBI field offices, we have established individuals who are entrusted with developing relationships with businesses and universities in their area, private sector coordinators. And that’s a new feature over the last 10 or 15 years in the FBI. And it reflects, I think, the degree of partnership that currently is needed and happens between the FBI and the private sector, whether it’s again a business or a university. So the resources that we provide, not funding, but it’s information. It’s know how. It’s information about how they can take steps to protect their information technology, their ideas, their innovation. And we have materials we provide. We answer questions and things like that. And I’ve been to all 56 of the FBI’s field offices. And in every single one, I think part of what I’ve done is met with private sector partners in those states. And you can see the relationship, the partnership that exists today.


Again, I want to be clear. These are institutions. I’m talking private companies, universities that in many ways are making strictly their own …

We’re not telling them what to do. They are voluntarily deciding to terminate a relationship to increase their cyber security, whatever it happens to be, to protect themselves, which I think is part of the strength of our system.

 

Walter Russell Mead: It’s clear that the FBI, DOJ, and other federal entities are stepping up their pressure on this. Are you seeing signs of China changing tactics, or even pulling back a little? Is any of this having an impact on China?

 

Christopher Wray: I think it is having an impact. Whether the impact will be the positive impact that we want to have in the long run remains to be seen. Certainly, we’ve seen China in some ways be less overt about some of their tactics. Open question is to whether that’s progress. Are they just hiding it better? Or are they actually pulling back? But I think they are starting to get the message, without getting into some of reasons we know that, that we’re not going to tolerate violations of our laws. And that other countries that we work with have similar views.


Walter Russell Mead: We are coming to a close here. But I wonder if, you spoke a lot in your speech about the need to keep open channels China, not for attacks on the Chinese government, not to bleed over into attacks on Chinese Americans or other things. Anything you would like to add to this?


And how can we, what can we do to keep students and other Chinese welcome here, even as all of this is going on?

 

Christopher Wray: I mean, the way I look at it, they’re targeting our system, our ideas, our innovation. In a way, have you heard the old saying about imitation is the purest form of flattery? They envy the success of our system. And they should envy the success of our system. We’re very proud of the freedom and the free market environment that we have here. And so I think it’s important to make clear that we’re not afraid of competition. We’re not afraid of competition over business or ideas. But it’s about the behavior. And the behavior is what has to change. It’s about the rule of law at the end of the day.

 

Walter Russell Mead: All right. Well, thank you very much for joining us today. It’s been a terrific session. I’ve certainly learned a lot. And this emerging US really consensus over how to deal with some aspects of Chinese behavior is I think one of the most striking things that we see, even in a very divided and polarized moment in American life. So Mr. Director, thank you so much for joining us. Hope to see you here again one of these days.

 

Christopher Wray: Thanks, Walter. Thanks for having me.

--
台湾の声

香港国家安全維持法全文掲載 賊喊促賊の内容 人類の敵 共産党の証明

#賊喊促賊

#国家安全法 は「ごく一部の『トラブルメーカー』だけを対象としており、香港における人権や言論・集会の自由、投資家の権利は守られる」と中共は主張する。しかし、人権や言論・集会の自由、投資家の権利の最大の脅威は共産党なのだ。

 

 

 

賊喊促賊(ぞくかんそくぞく)泥棒が被害者を装って「泥棒ーっ」と叫びながら逃げる。

 

香港国家安全維持法

2020年6月30日の第13回全国人民代表大会常任委員会第20回会議にて採択。

施行は同日23時

 

下のリンクは、新華社による国家安全維持法の全文をニュースソクラ編集部で日本語に全訳したもの。

news.yahoo.co.jp


下記は、Yahooニュース掲載期間切れや引用を容易にする意図で、上記の記事中の文章の一部を、正誤および読みやすく修正の上、コピペしたものですが、権利者のいかなる権利も侵害する意図はありません。
 

目録
第1章 総則
第2章 国家安全保障を維持するための香港特別行政区の職責と組織構造
第1節 職務上の責任
第2節 組織構造
第3章 犯罪と罰
第1節 国家分裂罪
第2節 国家権力転覆罪
第3節 テロ罪
第4節 国家安全保障を脅かす外国または域外勢力との共謀罪
第5節 その他の罰則規定
第6節 効力範囲
第4章 裁判の管轄、法の適用および手続き
第5章 駐香港特別行政区における中央人民政府の国家安全維持のための機構
第6章 補足規定

第1章 総則
第1条 揺るぎない 一国二制度 香港人による香港統治、高度な自治の方針、国家の安全維持、防備、香港特別行政区と関係のある分裂国家の防止、国家政権の転覆、組織的テロ活動と外国或いは域外勢力と国家の安全を脅かす共謀、香港特別行政区の繁栄と安定の保持、香港特別行政区住民たちの合法的利益の保護を、中華人民共和国憲法にのっとり、中華人民共和国香港特別行政区基本法全国人民代表大会にて、健全なる香港特別行政区の国家安全維持法精度と執行機関の決定をし、ここに法律を制定する。

第2条 香港特別行政区の法的地位に関しては、香港特別行政区基本法第1条および第12条の規定するところである 香港特別行政区の機関、組織、または個人による権利と自由の行使は、香港特別行政区基本法第1条および第12条の規定に違反してはならない。

 

第3条 中央人民政府は、香港特別行政区の国家安全問題に対し基本的責任を負っている。
香港特別行政区には、国家安全保障を守る憲法上の責任があり、国家安全保障を守るためにその義務を果たさなければならない。香港特別行政区の行政機関、立法機関および司法機関は、この法律およびその他の関連法に従って、国家安全を脅かす行為および活動を効果的に予防制止し、罰するものとする。

 

第4条 香港特別行政区における国家安全の維持とは、香港特別行政区基本法と「公民権利と政治権利の国際規約」、「経済、社会と文化権利の国際規約」に基づき、経済、社会および文化的権利に関する国際規約が適用され、人権の尊重と保証がされるものである。香港の関連規定にも適用され、言論 報道および出版の自由、結社、集会、行進およびデモの自由含む権利と自由を有する。

 

第5条 国家の安全を脅かす犯罪の防止、阻止、および懲罰のため、法の支配の原則が遵守されなければならない。法律で犯罪行為として規定されている場合は、法律にのっとり有罪判決が下され、罰則が科される。法律で犯罪行為として規定されていない場合は、有罪判決を受けることはない。
いかなる人でも司法機関に有罪判決を下されるまでは無実と言える。容疑者、被告およびその他の訴訟関係者が受けるべき弁護権およびその他訴訟の権利は保証されるものとする。
いかなる人でもすでに司法手続きで最終的に有罪とされた、或いは無罪であると宣言された者は、同じ行為により再審または罰せられないものとする。

 

第6条 国の主権、統一、および領土の完全性の保護は、香港の同胞を含むすべての中国人民の共通の義務である。香港特別行政区のいかなる機関、組織、および個人は、国家の安全維持に関するこの法律および香港特別行政区の他の法律を遵守し、国家の安全を脅かす行為および活動に従事してはならない。
香港特別行政区の居住者は、選挙に立候補するか公職に就くとき、法律に従って文書に署名するか宣誓し、中華人民共和国香港特別行政区基本法を支持し、中華人民共和国香港特別行政区に忠実でなければならない。

 

第2章 国家安全保障を維持するための香港特別行政区の職責と組織構造
第1節 職務上の責任


第7条 香港特別行政区は、可能な限り早く、香港特別行政区基本法によって規定される国家の安全維持に関する法律を完成させ、関連法案も整備すること。

 

第8条 香港特別行政区の法執行機関および司法機関は、国家の安全を脅かし、国家安全保障を効果的に維持する行為および活動の防止、抑制および処罰に関する本法律と、香港特別行政区の現行法の規定を効果的に実施するものとする。

 

第9条 香港特別行政区は、国家の安全維持とテロ活動防止の取り組みを強化するものとする。学校、社会組織、メディア、インターネットに対し、国家の安全に関連する事項の広報、指導、監督および管理を強化するために必要な措置を講じるものとする。

 

第10条 香港特別行政区は、学校、社会組織、メディア、インターネットなどを通じて国家の安全教育を展開し、香港特別行政区住民の国家安全意識と法遵守意識を高める。

 

第11条 香港特別行政区行政長官は、香港特別行政区の国家の安全維持に関する事項について中央人民政府に責任を負うものとし、国家の安全維持に関するその職務を遂行する上での香港特別行政区の状況に関する年次報告を提出するものとする。
中央人民政府から要請があった場合、行政長官は国家の安全維持に関する特定事項について逐一報告する必要がある。

 

第2節 組織構造


第12条 香港特別行政区は、国家安全維持のための委員会を設置する。委員会は、香港特別行政区における国家の安全に関する事務を担い 国家の安全維持に主たる責任を負い、中央人民政府の監督と問責を受け入れるものとする。

 

第13条 香港特別行政区の国家安全維持のための委員会は、行政長官が主席となり 構成員は政務長官、財務長官、法務長官、保安局局長、警察処長官、本法律第16条に規定の警察処国家安全維持部門の責任者、入国管理局局長、税関処責任者、行政長官執務室主任である。
香港特別行政区の国家安全維持のための委員会の事務局は、事務総長(秘書長)が率いる。事務総長は行政長官によって指名され、中央人民政府に報告される。

 

第14条 香港特別行政区の国家安全維持のための委員会の義務は以下の通りだ。
1)香港特別行政区の国家の安全維持状況を分析 判断し、関連する作業を計画し、香港特別行政区の国家安全を維持するための方針を策定すること。
2)香港特別行政区における国家安全の維持のための法制度と執行機構構築を促進する。
3)香港特別行政区の国家の安全維持のための主要な仕事と行動を調整する。
香港特別行政区における国家安全維持のための委員会の活動は、香港特別行政区内の他のいかなる機関、組織、個人からの干渉も受けず、仕事に関する情報は公開されない。香港特別行政区の国家安全維持のための委員会による決定は、司法審査の対象とならない。

 

第15条 香港特別行政区における国家安全維持のための委員会は、国家安全アドバイザー(顧問)を設置する。これは中央人民政府が任命し、香港特別行政区における国家安全維持のための委員会が履行する職責や関係事項について意見するものである。国家安全アドバイザー(顧問)は香港特別行政区・国家安全維持のための委員会会議にも列席する。

 

第16条 香港特別行政区政府警察処は、国家安全維持のための部署を設置し、法執行部隊を設置する。
警察処国家安全維持部門責任者は、行政長官が任命し、任命前に必ず書面にて 本法律第48条に規定する機関の意見を求めなければならない。警察の国家安全維持部門責任者は、就任する時、中華人民共和国香港特別行政区基本法の支持、中華人民共和国香港特別行政区に忠実であること、法を遵守し、秘密を守ることを誓約しなければならない。
警察の国家安全維持部門は、香港特別行政区外から専門要員や技術要員など、国家安全の維持執行に協力する者を招聘することができる。

 

第17条 警察処国家安全維持部門の職責について
1)国家安全保障に関連する情報収集と分析
2)国家の安全を維持するための措置と行動の展開、調整、促進。
3)国家の安全を脅かす犯罪事件の調査。
4)干渉防止調査の遂行と国家の安全審査実施。
5)香港特別行政区の国家安全維持のための委員会から委託された国家安全維持のための仕事を引き受けること。
6) その他本法律で必要と認められた職責の遂行。

 

第18条 香港特別行政区司法省は、国家安全保障およびその他の関連する法務に対する犯罪の訴追に責任を負う国家安全における検察部門を設置する。この部門の検察官は、香港特別行政区の国家安全維持のための委員会の同意を得て、法務長官によって任命される法務局国家安全犯罪事件検察部の責任者は、行政長官が任命し、任命前に必ず書面にて、本法律第48条に規定する機関の意見を求めなければならない。検察の国家安全犯罪事件検察部責任者は、就任する時、中華人民共和国香港特別行政区基本法の支持、中華人民共和国香港特別行政区に忠実であること、法を遵守し、秘密を守ることを誓約しなければならない。

 

第19条 香港特別行政区政府の財務長官は、行政長官の承認を得て、政府の一般収入から特別専用資金を配分し、国家安全の維持のために支払い、関係する人員配置を承認するものとする。香港特別行政区の現行関連法規の制限は受けない。財務長官は毎年、資金管理について、立法評議会に報告書を提出する必要がある。

 

第3章 犯罪と罰
第1節 国家分裂罪


第20条 いかなる者も、以下の項目に関し、国家の分裂や国家の統一を損なうことを目的に、集団を組織、計画、実施(準備・計画・着手)する行為を意図した者は、武力や武力に相当する威嚇を以てこれを処罰する。
1)香港特別行政区または中華人民共和国、その他いかなる地域においても、中華人民共和国から分離を目指すこと。
2)香港特別行政区または中華人民共和国、その他いかなる地域においてその法的地位を違法に変更しようとすること。
3)香港特別行政区または中華人民共和国、その他いかなる地域においても、その地域を外国の統治下へ帰属させようとすること。
上述の罪を犯した者は、主要なまたは重大な犯罪について、終身刑または10年以上の懲役。積極的に参加した者は3年以上10年以下の懲役。その他参加者は3年以下の懲役、或いは拘留・保護観察処分。

 

第21条 いかなる者も、扇動、支援、教唆、金銭をもって、上記の罪を犯すものを支援した場合、本法律第20条の規定によって処罰される。状況が深刻な場合は、5年以上10年以下の懲役刑が言い渡され、状況が比較的軽い場合は、5年以下の懲役刑、拘留、または保護観察処分が言い渡される。

 

第2節 国家権力転覆罪


第22条 いかなる者も、集団を組織、計画、実施(準備・計画・着手)の意図で、以下の事項に当てはまることに参加し、武力、威嚇、その他のあらゆる違法な手段で国家権力の転覆を目的とする行為を行う者は、処罰する。
1)中華人民共和国憲法によって確立された中華人民共和国の基本的制度を打倒し、破壊しようとすること。
2)中華人民共和国の中央当局または香港特別行政区の当局を打倒しようとすること。
3)法律に従ってその機能を遂行する上で、中華人民共和国の中央当局または香港特別行政区当局への重大な干渉、妨害、またはそれを破壊しようとすること。
4)香港特別行政区の政府機関を攻撃 破壊し、職場とその他施設を正常に履行できなくさせようとすること。
上述の罪を犯した者は、主要なまたは重大な犯罪について、終身刑または10年以上の懲役。積極的に参加した者は3年以上10年以下の懲役。その他参加者は3年以下の懲役、或いは拘留・保護観察処分となる。

 

第23条 いかなる者も、扇動、支援、教唆、金銭をもって、上記の罪を犯すものを支援した場合、本法律第22条の規定によって処罰される。状況が深刻な場合は、5年以上10年以下の懲役刑が言い渡され、状況が比較的軽い場合は、5年以下の懲役刑、拘留、または保護観察処分が言い渡される。

 

第3節 テロ罪


第24条 中央人民政府、香港特別行政区政府または国際機関を脅迫し 自らの政治思想を主張し、組織化、策略を練り、実施 参加し、以下のような深刻な社会的被害を引き起こす意図のあるテロ行為を行うことは処罰される。
1)人々に対する深刻な暴力。
2 爆破、放火或いは有毒性・放射性・伝染病棟の病原体物質を散布すること。
3 交通ツール、設備、電力設備、燃料ガス設備やその他可燃性(爆発を誘発する)設備の破壊。
4)水、電気、ガス、交通、通信、インターネットなどの公共サービスおよび管理のための電子制御システムへの深刻な妨害および破壊。
5 その他危険な方法を使用して、公衆衛生或いは安全を深刻に危険にさらすこと。
上述の罪を犯し、重大な傷害を引き起したり、死亡させたり 或いは私有財産に重大な損害を与えた者は、終身刑または10年以上の懲役刑。他の状況では、3年以上10年以下の懲役刑。

 

第25条 テロを組織、あるいはテロ組織を率いる者を処罰する。終身刑または10年以上の懲役、財産の没収とする。積極的に参加した者は3年以上10年以下の懲役刑、罰金。その他参加者は3年以上の懲役刑、拘束或いは保護観察処分。罰金を科すこともできる。
本法律で指すテロ組織とは、本法律第24条に規定されているテロ罪を犯した・犯そうとする者、または本法律の第24条に規定されたテロ罪に参加、協力、組織した者である。

 

第26条 テロ組織、テロ要員、およびテロ活動の実施に訓練、武器、情報、資金、物資、労働サービス、運輸、技術或いは会場などのサポート、支援、および利便性を提供するか、違法爆発性・有毒性・放射性・伝染病病原体等の物質を製造した、その他テロ活動の準備を実施した場合は処罰の対象となる。状況が深刻な場合、5年以上10年以下の懲役刑を宣告され、罰金または財産没収となる。その他の場合には、5年以下の懲役、拘留または保護観察処分、および罰金を科される。
前項の行為を犯し、犯罪を組織した者は、より重い罰則の規定に従って有罪とされ罰せられる。

 

第27条 テロを宣伝したり、テロ活動を扇動したりする者は、処罰する。状況が深刻な場合、5年以上10年以下の懲役刑を宣告され、罰金または財産没収となる。その他の場合には、5年以下の懲役、拘留または保護観察処分、および罰金を科される。

 

第28条 この節は、香港特別行政区の法律に従って規定され テロ活動の刑事訴追責任、財産の凍結、その他の措置に影響を与えないものとする。

 

第4節 国家安全保障を脅かす外国または域外勢力との共謀罪


第29条 外国または海外の機関のために、組織したり 人員が秘密または情報を盗んだり、スパイ活動を行ったり 買収したり、不法に国家の安全のための国家機密を提供したりすること。外国または海外の機関、組織、および職員に実施を依頼し、外国または海外の機関、組織および組織の人間に協力を直接・間接的に依頼すること、或いは以下のいずれかの行為を行うために、外国または海外の機関、組織、または職員からの命令、管理、補助金、またはその他の形式の支援をコミットすることを企むことは処罰の対象となる。
1)中華人民共和国に対する戦争の発動、武力または武力による威嚇によって、中華人民共和国の主権、統一、および領土保全に深刻な害を及ぼすこと。
2)香港特別行政区政府または中央人民政府による法律および政策の策定と実施を著しく妨害し、深刻な結果をもたらすこと。
3)香港特別行政区の選挙を操作 破壊し、深刻な結果を引き起こす可能性があること。
4)香港特別行政区または中華人民共和国に対する制裁、封鎖またはその他の敵対的な行動をすること。
5)様々な違法な方法により、香港特別行政区の居住者は中央人民政府または香港特別行政区政府へ憎悪を喚起し、深刻な結果を引き起こす可能性があること。
上述の罪を犯した者は、3年以上10年以下の懲役刑が科せられ、重大な犯罪の場合は終身刑または10年以上の懲役刑を宣告される。
この条の第1段落に関係する海外の機関、組織、および職員は、共謀罪条項によって有罪判決を受けるものとする。

 

第30条 この法律の第20条および第22条に規定されている犯罪は、外国または海外の機関、組織、および職員と共謀するか、または外国または海外の機関、組織、および職員からの命令を直接的または間接的に受け入れ 管理下におかれ、助成金、またはその他方法で支援する者を指す。この法律の第20条および第22条の規定に従って、より厳しい罰則を与えられる。

 

第5節 その他の罰則規定


第31条 会社、団体等の法人或いは法人組織がこの法律に規定する犯罪を犯した場合、その組織に罰金を科す。
会社、団体等の法人或いは法人組織でない団体がこの法律に規定する罪を犯したことにより刑事罰の対象となる場合、その運営を停止するか、その免許または事業免許を取り消すよう命じられる。

 

32条 本法律に規定された 犯罪によって得た資金、収益、報酬など違法な収入、ならびに犯罪のために使用または意図された資金および道具は没収されなければならない。

第33条 以下の状況では、加害者、容疑者、または被告人は、より軽い罰またはより軽い罰を与えられることがある。犯罪が軽い場合、罰の免除もある。
1)犯罪の過程で、自発的に犯罪を放棄するか、自動的かつ効果的に犯罪の結果を防止する。
2)自発的に罪を犯したが、真実に従い罪を自白する。
3)他の人の犯罪行為の開示、事実の調査・確認、または他の案件を検挙するための重要な手がかりの提供。
容疑者、被告人が執行機関によって強制的に取り調べを受け、自白した場合、司法機関が本法に定める他の罪を犯したことを知らなかった場合、本法律規定にのっとって調査し、第2項に基づいて処理するものとする。

 

第34条 香港特別行政区に永住権を持たない者がこの法律に規定された犯罪を犯した場合、その者は独立してまたは追加の適用により国から追放されることがある。
この法律の規定に違反した、香港特別行政区に永住権を持たない人物が、何らかの理由で刑事責任を問われない場合、国外追放されることがある。

 

第35条 裁判所により国家の安全に反する罪で有罪判決を受けた者は、立法審議会、香港特別行政区で開催される地区評議会選挙への参加、または香港特別行政区の公職または行政長官選挙委員会の委員を務める候補者としての資格を失う また、中華人民共和国香港特別行政区基本法を支持することを誓約または宣言し、中華人民共和国への忠誠を約束した者で、立法審議会のメンバー、政府高官および公務員、行政会議のメンバー、裁判
官およびその他の司法職員、地区評議員はただちに職務を失う。そして、選挙に出る資格、上述の職務資格を失う。
前項で指定された資格または職位の喪失は、関連する選挙の組織および管理、または公職の任命および解任を担当する機関によって発表されるものとする。

 

第6節 効力範囲


第36条 この法律に基づき香港特別行政区で罪を犯した者は、いかなる人物でもこの法律を適用するものとする。香港特別行政区で犯罪行為またはいずれかの結果を誘発した場合、香港特別行政区内での犯罪と見なされる。
この法律は、香港特別行政区に登録されている船舶または航空機内での犯罪にも適用される。

 

第37条 香港特別行政区の永住者または居住者、会社や団体などの法人または法人でない組織が香港特別行政区外で罪を犯した場合も、本法律に基づいて処罰される。

 

第38条 香港特別行政区に永住権を有しておらず、香港特別行政区外の者が香港特別行政区に対して罪を犯した者も本法律に基づいて処罰される。

 

第39条 本法律の施行後の行為は、法律規定によって処罰される。

 

第6章 裁判の管轄、法の適用および手続き


第40条 香港特別行政区は、この法律の第55条に規定されている場合を除き、この法律で規定された刑事事件を管轄するものとする。

 

第41条 香港特別行政区は、国家安全保障に対する犯罪の捜査、起訴、裁判、刑罰の執行などの手続きに関する事項を管轄する時は、本法律および香港特別行政区の地方法が適用される。
法務長官の書面による同意なしに、いかなる人も国家の安全維持に対する犯罪の起訴を開始することはできない。ただし、この規定は、法律に基づく犯罪容疑者の逮捕および拘留には影響せず、これらの犯罪容疑者への保釈の適用にも影響を与えない。
香港特別行政区の管轄下での国家の安全維持に対する罪の裁判は、公訴手続に従う。
裁判は公の場で行われるべきである。国家機密、公序良俗などを鑑み、公聴会に適さない場合、報道関係者および公衆は公聴会の全部ま たは一部の公聴をを禁じられるが、判決の結果は公表される。

 

第42条 香港特別行政区の法執行機関および司法機関は、香港特別行政区の現在の法律の拘束および裁判期間に関する規定を適用する場合、国家の安全維持に対する犯罪が公正かつ適時な方法で処理され、国を危険にさらす者を効果的に防止、阻止、処罰することを保証するものとする。
刑事容疑者と被告は、裁判官が国家の安全維持を脅かす行為を継続しないと信じる十分な理由がない限り保釈を付与されないものとする。

 

第43条 香港特別行政区政府の警察部は、国家安全保障に対する犯罪の処理において国家安全保障局を維持する。香港特別行政区の既存の法律が警察やその他の法執行機関に重大な犯罪の調査を行うことを許可し、以下の措置を講じることができるさまざまな措置を取ることができる。
1)犯罪の証拠を含む可能性のある建物、車両、船、航空機およびその他の関連する場所と電子機器を捜査する。
2)国家安全保障を脅かす罪を犯した疑いのある人に、旅行書類の引き渡しまたは出国の制限を要求する。
3)犯罪に使用された、または使用される予定の資産、犯罪の収益、および犯罪に関連するその他の資産を凍結し、抑制命令、起訴命令、没収命令、および没収を命ずる
4)情報の発行者または関連するサービスプロバイダーに情報の削除または情報提供を要求する。
5)外国および海外の政治組織、外国または海外の当局 政治組織の代理人に情報提供を要求する。
6 )行政長官の承認を得て、通信を傍受し 国家の安全維持に対する犯罪への関与を疑う合理的な根拠のある職員を密かに監察する。
7)調査に関連する資料がある、または関連資料を持っていると疑う合理的な根拠がある者は、質問に答え、資料を提出する必要がある。
香港特別行政区の国家安全維持のための委員会は、警察の国家安全保障維持部門およびその他の法執行機関による本条の最初の段落で指定された措置の執行を監督する責任を負うものとする。
香港特別行政区の行政長官に、国家の安全維持のための国家安全維持のための委員会と協力して、この条の第1項に指定されている措置をとるための関連する実施規則を策定する権限を与える。

 

第44条 香港特別行政区の行政長官は、治安判事、地方裁判所の裁判官、高等裁判所の第一審の裁判官、控訴裁判所の裁判官および最終控訴裁判所の裁判官の中から数人の裁判官を任命するものとする。国家の安全維持に対する犯罪を処理するものである 行政長官は、裁判官を指名する前に、香港特別行政区の国家安全保障理事会最高裁および最終控訴裁判所に相談することができる。上記の指名裁判官の任期は1年とする。
国家の安全維持を脅かす発言および行動をする者は 国家の安全維持に対する犯罪を審理する裁判官には指定されない。指定裁判官の任命中に、国家安全保障を危険にさらす言葉や行為が終了した場合、任命された裁判官の資格を失う。
治安判事裁判所、地方裁判所高等裁判所、および国家安全保障に対する最終裁判所に提出された刑事訴追手続きは、各裁判所が任命した裁判官が処理する必要がある。

 

第45条 この法律で別段の定めがある場合を除き、治安判事裁判所、地方裁判所高等裁判所および最終控訴院は、香港特別行政区の他の法律に従って、国家の安全維持に対する犯罪の刑事訴追手続きを処理するものとする。

 

第46条 国家安全保障に抗する犯罪に関する高等裁判所の刑事訴追手続きの場合、司法長官は、州の秘密の保護、事件における外国関連の要因、または陪審員とその家族の個人の安全の保護などの理由に基づいて証明書を指示する証明書を発行する場合がある。陪審なしで訴訟を起こす必要はない。法務長官が上記の証明書を発行する場合、高等裁判所の第一審裁判所は陪審なしで審理を行い、3人の裁判官が審判裁判所を形成するものとする
司法長官が前項で指定された証明書を発行する場合、これは香港の特別行政区の「陪審」または「陪審決定」に関する訴訟に関する法的規定に適用され、裁判官または裁判官の機能を事実判決として言及していると理解されるものとする。

 

第47条 香港特別行政区の裁判所は、関連する行為が国家の安全維持に関係するかどうか、または関連する証拠資料が事件の裁判で国家機密に関係するかどうかの決定に関する質問に遭遇した場合、これらの問題について首長から発行された証明書を取得するものとします。上述の証明書は、法廷への拘束力を有する。

 

第5章 駐香港特別行政区における中央人民政府の国家安全維持のための機構


第48条 中央人民政府は、香港特別行政区国家安全保障局を設立する。中央人民政府駐香港特別行政区国家安全保障局は、法律に従って国家安全を維持し、関連する権限を行使する。
香港特別行政区国家安全保障局の職員は、国家の安全を維持するために中央人民政府の関連機関によって共同で派遣されるものとする。

 

第49条 香港特別行政区における国家安全保障局の義務は以下の通り。
1)香港特別行政区における国家の安全維持状況の分析および判断し、国家の安全を維持するための主要な戦略および重要な政策に関する意見や提案を提出すること。
2) 国家の安全を維持する義務を果たすために香港特別行政区を監督、指導、調整、および支援する。
3) 国家の安全維持のための情報を収集および分析する。
4)法に従い、国家の安全に反する犯罪に対処する。

 

第50条 香港特別行政区国家安全保障局は、法律に従って厳密に職務を遂行し、法律に従って監督を受け入れるものとし、個人または組織の正当な権利および利益を侵害してはならない。
国内法を遵守することに加えて、香港特別行政区に駐留する国家安全保障局の職員は、香港特別行政区の法律も遵守する必要がある。
香港特別行政区に駐留する国家安全保障局の職員は、法律に従って国家監督当局の監督下に置かれるものとする。

 

第51条 香港特別行政区における国家安全保障局の資金は、中央財政により保証されるものとする。

 

第52条 香港特別行政区国家安全保障局は、香港特別行政区中央人民政府連絡事務所、香港特別行政区特別委員会事務所、香港の中国人民解放軍との連携を強化するものとする。

 

第53条 香港特別行政区国家安全保障局は、香港特別行政区国家安全維持のための委員会と調整機構を設置し、香港特別行政区国家安全の維持を監督・指導する。
香港特別行政区に駐留する国家安全保障局の作業部門は、国家の安全の維持のために香港特別行政区の関連機関と調整機関を確立し、情報の共有と行動の調整を強化するものとする。

 

第54条 駐香港特別行政区国家安全保障局、外交部駐香港特別行政区特派員事務所、香港特別行政区政府は、香港特別行政区内の外国および国際機関の組織を強化するために、在香港の外国、海外NGOや新聞・通信社の管理、サービスについて必要な措置を講じるものとする。

 

第55条 次のいずれかの状況において、香港特別行政区政府或いは駐香港特別行政区国家安全保障局は、中央人民政府に承認を求めて提出することとする 駐香港特別行政区国家安全保障局は、本法律に基づき国家を危険にさらす罪について管轄権を行使することができる。
1)外国または域外勢力の介入を含む複雑な状況が含まれ、香港特別行政区の管轄に困難をきたす場合。
2)香港特別行政区政府が本法律を効果的に実施できない深刻な状況
3)国家の安全が重大な脅威に直面している状況。

 

第56条 本法律第55条に基づく国家の安全維持に対する犯罪の管轄では、香港特別行政区国家安全保障局が調査に責任を負うものとします。最高人民検察院は、関連する法的機関を指定して、法的権限を行使し、最高人民法廷は、司法権を行使するために関連する裁判所を指定できる。

 

第57条 本法律の第55条の規定に従い、訴訟の調査、審査、起訴、罰則の実行、およびその他の訴訟手続きは、 中華人民共和国刑事訴訟法 の関連法に準拠するものとする。
本法律の第55条の規定に従って事件が管轄される場合、本法律の第56条に規定されている
法執行機関および司法当局は、措置を調べ、香港特別行政区の法律効力によって司法裁判の決定を下す措置を取ることができる。駐香港特別行政区国家安全保障局は、法にのっとり措置を講じ、関係機関、組織、個人はそれに従わなければならない。

 

第58条 本法律の第55条の規定に従って事件が管轄される場合、容疑者は、香港特別行政区に配置された国家安全保障局による最初の尋問または強制措置の採択の日から 被告として弁護士に委任する権利を有する。弁護人は、法律に従って容疑者と被告に法的支援を提供することができる。
容疑者と被告が合法的に逮捕された後、彼らはできるだけ早くに司法機関による公正な裁判を受ける権利を有する。

 

第59条 本法律の第55条の規定に基づいて事件を管轄する場合、本法律に基づく国家の安全維持に対する犯罪の状況を知っているならば、いかなる人でも誠実に証言する義務がある。

 

第60条 香港特別行政区国家安全保障局およびその職員は、本法律に従って行う職務行為については、香港特別行政区の管轄の対象とはならない。
香港特別行政区国家安全保障局によって発行された証明書または証明書を保持している人員および車両は、その職務を遂行している間、香港特別行政区の法執行官によって検査、検索、および拘留されないものとする。
香港特別行政区国家安全保障局とその職員は、香港特別行政区の法律によって提供されるその他の権利と免責を受けるものとする。

 

第61条 香港特別行政区国家安全保障局が本法律の規定に従って職務を遂行する場合、香港特別行政区の関連政府部門は、職務の遂行を妨げる行為を停止し、責任を果たすために必要な設備と協力を提供するものとする。

 

第6章 補足規定


第62条 香港特別行政区の現行法が本法律と矛盾する場合、本法律の規定が適用されるものとする。

 

第63条 関係する法執行機関、司法機関、およびこの法律または香港特別行政区の法執行機関、司法機関および国家の安全維持に反する罪の事件を扱う司法機関およびその職員は、国家の安全維持に反する犯罪の事件に対処するプロセスを知っているものとする。国家機密、企業秘密、個人のプライバシーは秘密にしなければならない。
弁護人または訴訟代理人として行動する弁護士は、業務で知り得た国家機密、企業秘密、および個人のプライバシーを守る必要がある。
事件の取り扱いに協力する関連機関、組織、個人は、事件の関連情報を秘密にしておくものとする。

 

第64条 本法律が香港特別行政区で適用される場合、この法律で言及される「懲役刑」、「終身刑」、「財産の没収」および「罰金」という用語は、「収監」、「終身刑」、「犯罪による収入の没収」および「罰金」を指す 「拘留」とは、香港特別行政区の関連法に適用される「投獄」、「労働センターへの入所」、「訓練センターへの入所」を指し、「保護観察」とは、香港特別行政区の関連法に適用される「社会奉仕命令」と「厚生学校への入校」を指す。 「免許または事業免許の取消し」とは、香港特別行政区の関連法に定める「登録の取消または登録解除または免許の取消」を指す。

 

第65条 本法律の解釈の権限は、全国人民代表大会常任委員会に帰属する。

 

第66条 本法律は公布の日に施行される。

 

「中立公正な立場で独立して職権を行使する」は、人や組織に、法や国民主権を超越した立場を与えかねない現代の「大権」

独立性や中立性は世論や時の政治家の大衆迎合主義を排する意味合いで用いるべき言葉。

国民の信託を受けているのは検察ではなく内閣だ。

 

独立性や中立性を絶対視するかの様な誤ったものの見方が、世間、特にマスコミで、喧伝されている。

検察庁法改正案反対」の意見の中に、検察官の独立性や中立性を絶対視し、先の憲法下の統帥権干犯問題を彷彿させる誤ったものの見方がある。

「内閣は国民の代表の代表」という事実を無視しているのだ。

検察庁人事は内閣の統制下にあって当然。

国民主権下の全ての組織は、国民主権下で成立した法に基づき、国民の利益に奉仕しなければならないのだから。「独立性」や「中立性」は、時の世論や大衆迎合主義を排する意味合いで用いるべき言葉であって、国民の代表の代表たる内閣の「恣意」が「独立性」や「中立性」を害すると宣伝するのは可笑しい。国民の信託を受けているのは検察ではなく内閣なのだ。

『そもそも国政は国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらはこれに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。』なら、国民の代表者や国民の代表者の代表者にも充分な統制手段がない「中立公正な立場で独立して職権を行使する」組織は排除されねばならないだろう。危険極まりない「正義」が国民主権下の法の上に存在してしまうからである。

国民主権下の全ての組織は、国民主権下で成立した法に基づき、国民の利益に奉仕しなければならないと上で説明したとおりである。

 

国民主権下の官僚機構は、そもそも、主権者の声や意見が反映される民主的で機動力のある組織でなければならない。そのために、主権者の意思が、直・間接的に、人事にも反映されるべきだ。

省庁の組織内の慣例や采配で幹部登用が行われる現状は甚だ非民主的で、シビリアンコントロールに欠けている

 

法曹一元と言いながら、検事総長や検事正が弁護士出身者から選ばれた試しはない。どうせなら、国家公務員法を改正し、試験を受験していない民間からも各省庁の局長級以上は任用できるようにして、省庁を官僚支配から主権者の意思により近いところで統制出来る改革を目指すべきだ。

法曹一元 が建前なのに、弁護士の実務経験を積んだ者が裁判官、検察官になる例が極めて少ない日本こそ、選挙や選挙民の意思を反映した形で、判事・検事の任用が行われる制度が、シビリアンコントロールの観点から必要なはずだ。

 

 

国務大臣過半数は国会議員にて構成しなければならない(日本国憲法第68条但書)
国民から直接の信託を受けた国会議員が過半数いることによって、選挙民による統制(シビリアンコントロール)を有効に機能させようとするものではあるが、この条文は条件を緩和し、将来的には削除されるべきだ。現代社会では、高度な専門知識を持ったプロが即断即決で対処すべき問題がある。

現在の 新型コロナ 対応にしても サイバーセキュリティ の問題にしても、国会議員の国務大臣がトップに立つ必然性はないし、ど素人より専門家が良いに決まっている。要は主権者である国民の意思が国務大臣の選択に紐付けられること、選挙民たる主権者の意思を反映させる手立てである。例えば、首相公選制や国会またはその専門部会による就任承認制が考えられるだろう。

 

主権者である国民の意思が大臣や長官の任官に紐付けられていること

国民主権下における国民の意思を代表する「国権の最高機関」たる「国会」で選ばれた「首相」が任命すること。それがシビリアンコントロール。首相公選なら、よりシビリアンコントロールは強化される。

統帥権や軍部大臣(陸軍大臣海軍大臣)の就任資格を現役の大将・中将に限定する制度等を理由に、主張が通らない内閣には大臣を出さないことによって、内閣(行政府)の意思決定をコントロールしようとした組織を誕生させてしまった先の憲法下の悪夢を繰り返してはならない。

国民の代表の代表である内閣総理大臣が内閣(行政府)の最高責任者であり、内閣(行政府)の意思決定や行動の責任者なのだ。検察も例外ではない。

主権者である国民の意思が、国務大臣以外の省庁や局における幹部官僚の人事においても、紐付けられていること、それこそが国民主権を担保することになるのだ。

 

絶対正義は存在しない。だから法治主義
法の支配や法治を建前とする国民主権国家では、「中立公正な立場で独立して職権を行使する」機関や役職などあってはならない。
国民主権下で作られた法に基づき、国民の意思を執行する」機関と役職だけが存在を許されているのだ。

 

「正義の大権」を唱えるファシスト

「中立公正な立場で独立して職権を行使する」は、人や組織に、法や国民主権を超越した立場を与えかねない現代の「大権」である。

現実世界に絶対正義は存在しないからこそ、法治主義が誕生した。それなのに、現代の「大権」が重要だと宣伝し、「正義」を実現せよと、独善を振りかざす「リベラル」の正体は共産主義者である。

そもそも、リベラリズムの根底は寛容性(見知らぬ相手に対する共感能力)だ。似非リベラル達は「普遍的価値観はこうあるべきだ」という独善を「リベラル」と喧伝しているにすぎない。大嘘である。現実世界に絶対正義は存在しない。彼ら、共産主義者のでっちあげた虚構が、リベラルファシズム となって、現代社会を蝕んでいる。リベラルファシズム の元凶は似非正義、似非平和という独善をカムフラージュする共産主義者達である。

 

 

『内閣が恣意的に・・・』という言葉を好んで使う野党。それに迎合するかのようにオウム返しに、『内閣が恣意的に・・・することはない』と返答する「時の」内閣は「国民の信託を受けていないのではないか」という民主主義や国民主権の敵の政治宣伝ロジックに嵌っている。

 

世論や大衆に迎合して法解釈をする例が隣国にあったと思うが、検察業務には、そのような事を排除する独立性や中立性が重要。

いついかなる時も、法に基づいて権力を行使する。その権原は国民の信託を受けた内閣にある。憲法に「その権威は国民に由来する」と書いてある通りだ。

 

 

マスコミの「検察の独立性」の強調は、戦前の統帥権干犯を彷彿させる。

常識で考えて、検察の恨みを買いたい政治家やマスコミはいないはずなのに、痛くない腹を探りあって、腹痛を誘うような検察権力の暗闘に関与しようとする左翼勢力やマスコミの気が知れない。検察乗っ取り指令を受けてるとしか思えない。北やチナの共産主義者から?それとも米国の Deep State からだろうか。習近平を助けたい中共や彼と利害を共にする米国民主党の大統領候補を応援する勢力と言い換えても良い。

なお、検察庁法だけではなく、原子力規制委員会設置法等の法令にくだんの文言が使われているのは甚だ残念である。

f:id:kaiunmanzoku:20200518092544j:plain

20200518 読売新聞朝刊



国務大臣過半数は国会議員にて構成しなければなら

f:id:kaiunmanzoku:20200522111956p:plain

統帥権干犯問題 濱口首相襲撃


ない(日本国憲法


68条但書)

この条文は削除されるべきだ。現代社会では、高度な専門知識を持

f:id:kaiunmanzoku:20200522142250j:plain

20200522 読売新聞朝刊 米大統領

 

文民統制とは、選挙民が影響を及ぼせる範囲の事

シビリアンコントロールは「選挙民による統制」のことであって、軍人と民間人(文民)という意味ではない。

文民統制(シビリアンコントロール)の定義 - kaiunmanzoku's bold audible sighs


ったプロが即断即決で対処すべき問題がある。要は選挙民による統制(シビリアンコントロール)の問題なのだから。

多核種除去設備等処理水の取扱い

多核種除去設備等処理水について、もし真摯に風評被害を恐れるというなら、不慮の事故が次に起きる前に、計画的に海に放出してしまうべきだ。管理されているトリチウムを恐れる必要は微塵もない

 

1.トリチウムの性格:東京電力のHP記載の下記の記述は簡易で素晴らしい。

○化学上の形態は、主に水として存在し、私たちの飲む水道水にも含まれています
○ろ過や脱塩、蒸留を行なっても普通の水素と分離することが難しい
半減期は12.3年、食品用ラップでも防げる極めて弱いエネルギー(0.0186MeV)
ベータ線しか出さない
○水として存在するので人体にも魚介類にも殆ど留まらず排出される
セシウム-134、137に比べ、単位Bqあたりの被ばく線量(mSv)は約1,000分の1

 

 

2.トリチウムの持つ放射脳については、次の説明が効果的だ。

バナナにはカリウム40の形で天然起源放射性物質が含まれていることは有名だが、バナナを1本食べたときに人体が受ける線量は、およそ0.1マイクロシーベルトと言われている。
トリチウムと同程度の被曝とは、バナナで考えるといったい何本分を食することなのかを計算してみると、1本のバナナを333等分して、その一つを摂取するのに等しい。トリチウムの単位当たりの被ばく線量はバナナ1本分の 1,000分の3 しかない。

 

 

3.トリチウムが身近な存在であることの啓蒙をすべきこと

基礎知識としてトリチウムは水素の存在する場所で普通に存在する。例えば、水道等の飲用水の中にもごく普通に存在し、飲用して危険がないとの許容量は1リットル当たり6万ベクレル未満だ。放射されるベータ線は(人体内でもほぼ同じだが)水中では原子核から0.01mmの距離で消滅してしまうからだ。ベータ線を放出した後は普通の水素か重水素に変わる。

ちなみに、水素は、多くの化合物に含まれているので工業用に用いられる可燃性ガスの殆どがトリチウムと一緒に生産されている。例えば水素化合物であるアンモニア化合物は肥料としても用いられ、トリチウムは食物としても人の体内に取り入れられている。原発だけがトリチウムを生産しているわけではない。全ての化学工場で水素を使わずに生産活動が出来るとは思えないし、家庭でもその製品群の恩恵なしに現代生活が営めるとは思えない。

世界中の化学工場から出るトリチウムの量については研究資料もないが、化学工場で放射性物質としてのトリチウムの発生量が問題にされないのは、そもそも水素自体が爆発的可燃物として危険性が大きいからだ。今後も世界中の化学工場は大量の水素と共に大量のトリチウムを発生させ続ける事だろうが、それでも放射性物質の発生源として問題になることはないだろう。トリチウムを本当に脅威だと思うのなら国際石油資本から提出させるべきだろうし、燃料電池車が今後将来にわたって増産されていくようなら、本当にトリチウムが怖くてしょうがないという人々は戸外に出ないことだ。燃料電池は水素の工業生産(トリチウム生産)無しでは存在しえない技術なのだ。

世の中からトリチウムを取り除くのは水素化合物全てを取り除くに等しいということだけは、文明社会に住む人々にトリチウムを知ってもらい、その処理を考えてもらう際に、前提として説明し、啓蒙すべき事実の一つと言える。

 

 

4.風評やデマの原因と対策も例示して科学を信頼させる必要がある

昔、カメラは魂を吸い取る魔術、ワインは処女の血、だから異人は化け物という者がいた。
今でも、飛行機が怖いという人がいて、バナナに放射性物質が必ず含まれていると教えてあげても、安全の例えとして受け入れず、バナナを怖がってしまう人がいる。

文明の啓蒙とは困難だ。現在でもそのようなデマを信じさせようとする勢力がいる。

重水3.6トンが流出した韓国の月城原発のデマでは、重水3.6トンが「海に流れ出たこと」が問題視されていたが、「原子炉格納容器から重水を喪失させたこと」の方が重大だ。重水3.6トンも喪失した格納容器内の水位についての情報がなかったことに「悪意」を感じる。

(このような、トリチウムデマは日本のエネルギー行政をかく乱させるための中華従北勢力によるプロパガンダのように私には思える。なぜなら、福島にはトリチウム水(多核種除去設備等処理水)が膨大な量になって貯蔵されているのだから。それを思い起こさせようとしたのだろう)

恐怖心や無知を利用して日本のエネルギー政策に、日本の行政に、国会運営に、いらざる混乱をもたらし、エネルギー安保を撹乱したい勢力がいるという事と思う。


5.結論

東電福島のトリチウム水(多核種除去設備等処理水)についても、真摯に風評被害を恐れるなら、事故が起きる前に計画的に海に放出してしまうべきだ。管理されているトリチウムを恐れる必要は微塵もない。

f:id:kaiunmanzoku:20200518144245p:plain

多核種除去設備等処理水の取扱いに関する書面での意見募集について

 

検察庁法改正:「民主主義」は「シビリアンコントロール」によって「専制主義的官僚国家」に終止符を打つべきだ。

検察庁法改正」に反対意見が多いという旨をNHKニュースが報じていた。

それに対する感想と意見を述べたい。


「米国では郡の検察官や州裁判所の裁判官を選挙で選びます」と

「民主的である」「民主化」とは? - kaiunmanzoku's bold audible sighs

で書きました。


当たり前の話ですが、権力を持ち、行使する人々を選挙と言う方法で直接国民が選ぶか、選挙で選ばれた議員、あるいはその代表が選ぶという行為こそが、民主主義の重要な要素です。

 

官僚組織の恣意や慣習で、事務畑のトップである事務次官や高級官僚が、官僚組織の中から選ばれる体制や仕組みというのは、本来、民主主義とは反するか、相いれない方法なのです。

 

憲法下では陸海軍の大臣は陸軍省海軍省の推薦による者しか首相が任命できなかったこととその弊害を思い出してみれば、それが民主的と言えない理由は理解できると思います。それと同じです。

 

市町村や、都道府県の知事だけでなく、教育委員長や委員会、地方検事、地方裁判所判事を直接選挙や間接選挙で選べるような法体系を持たない日本は、民主主義国としては、はなはだ不完全です。官僚組織の上部組織やその役職人事が、官僚組織の内部統制に任せられているのは、戦前の専制主義的官僚国家の名残なのです。

 

警察署長や地方裁判所判事や地方検察庁の検事正や検事は、その地方の選挙民が直接選ぶか、議会やその代表が選べるようにするのが、シビリアンコントロール(主権者である選挙民による統制の有効性)に沿った考えだといえます。

 

マスコミや野党は民主主義の概念すら捏造し宣伝しようとしているのでしょうか、それとも民主主義を全く理解してないのでしょうか。


意地悪に勘ぐれば、GHQ左派の影響のもとで維持してきた思想背景をもつ官僚たちと結託して悪だくみでも考えているのでしょう。そうでないにしても(控えめに言っても)、戦後の占領下において占領軍が占領に好都合と残したものを善とし、不都合と破壊したものを悪として扱う陋習や考え方から、抜け出ていない古い体質があるのだと思います。

 

いうまでもなく、司法の民主化とは、司法権に関して国民の関与を強めようという思想です。従来の最高裁判所判事の信任を問う最高裁判所裁判官国民審査や、検事が裁判にかけなかったことのよしあしを審査する検察審査会制度に付け加え、日本においても裁判員制度で国民の司法参加が始まったのが分かりやすい例です。米国では郡の検察官や州裁判所の裁判官を選挙で選びますが、日本でも将来今にも増して司法への国民参加が増えていくと思われます。同時に義務教育段階での教育も必要とされることでしょう。

f:id:kaiunmanzoku:20200510202539p:plain

 

4年前(2016年) 米国大統領選のトランプ氏 共和党大統領候補指名 確実 時に考えた事

 4年前の米国大統領選のトランプ氏共和党候補指名は衝撃的だった。

こんなことも考えたというくらいだ。

 

【米軍を期限付きで傭兵として雇うのはどう?】

米大統領選で共和党候補の指名獲得を確実にしたトランプは、日米安全保障条約に基づき米軍が日本防衛のために支出している国防費の全額負担を日本に要求するらしい。

どうせ費用を払うことになるなら、いっそのこと全面負担のうえ色を付けて在日米軍ごと日本の傭兵のようにしたらどうだろうか。
ほんとに傭兵として契約するのではなく、日本の自力防衛が確立するまでの間の戦力のリースという契約だ。

もちろん米国の利益に反する使い方はできないだろうが、費用を出すのだから、当然、名目上軍の運用や指揮の主体は日本政府が持つことになる。
リース期間は4年ごとの4期ぐらいに分けて、日本の防衛力強化の程度で次の4年間の費用を決める。16年で米軍から卒業し日本は名目共に真の独立国となるという筋書きだ。
4年と言うのは米国大統領の任期に合わせればよいだろう。
16年後には米国が同盟国として手放せない国になっているだろうし、日本の外交も自由度を増す。チャイナは日本政府の意思で動く米軍に手を出すのは躊躇するだろう。

さて、運用や指揮に口出しする権限を要求する「リース契約」の話にトランプ氏が頷いてくれるだろうか・・・それが問題ではあるwwwww

 

 

 

 

チナが発表しWHOが採用している数字の100倍以上が実数?(独り言です) 武漢コロナウイルス

以下は独り言です。
+++++
【チナが発表しWHOが採用している数字の100倍以上が実数?】

昨日(2020年2月29日)迄の統計*1で、人口14億人のチナ本土で、79251人感染、2835人死亡の #武漢ウイルス。一見、日本でも一冬でインフルエンザ・肺炎死亡者が1万人を超える年は度々あるので、感染力も死亡率も「なぜこんなに大騒ぎになるだろう」と思えるような数字だ。

たとえば、下の画像は国立感染症研究所のデータ図表だが、2017/18の冬季においては日本全国でインフルエンザの死亡数は5000人ほどいる。人口が1億2千万人の日本で5000人の命が奪われる事態と比較すると、死亡者数だけを見て、いかにも現在の大騒ぎは異常としか言いようがない(そう思いませんか)。現在の武漢ウイルス死亡者2千人+の20倍近い4万人に迫るほどの人数が死亡している年すらある。これ、日本の話ですよ。

「考えられることはひとつだ」と思う。

それは、チナが発表しWHOが採用している「79251人感染、2835人死亡」を誰も信用していないという事だ。
おそらくは「その100倍から数百倍が実数であると政府首脳や専門家が考えているからだ」と思う。数百倍と推定して初めて現在の騒動の理由が納得できる。

そう思いませんか。

画像:https://www.niid.go.jp/niid/images/iasr/2019/11/477r06f01.gif

参考にしたWeb:
https://www.niid.go.jp/niid/ja/typhi-m/iasr-reference/2471-related-articles/related-articles-477/9235-477r06.html

https://www.niid.go.jp/niid/images/iasr/2019/11/477r06f01.gif?fbclid=IwAR18X9t0uBghtDZCTwE-sfWchZ5L74Nl37HvVKC1KI4J5M4VFKMtJPY2gI8

 

 

さもなきゃ根絶が難しいと分かっている生物兵器だから?

 

 

*1:

f:id:kaiunmanzoku:20200304140030j:plain

20200301 読売新聞朝刊から


《うちの病院、看護職員マスク1人 「 1週間1枚 」 になったぞ!》への感想 武漢コロナウイルス

【「足りぬ足りぬは2Fが悪い」と唱えながら工夫しよう】

このスレッド読んでいたら、戦時中の標語を思い出した。
「足りぬ足りぬは工夫が足りぬ」
これは、チナ向けの輸出や持ち出し、送付のせいだけではなく、国内で買占め現象までつながる不安を起こした末の事象だから、危機管理の仕方のまずさに腹が立つ。
日本社会全体の責任だともいえる。
当面は2Fの悪口言いながら「工夫」するしかなさそうだ。

 

https://medical.nikkeibp.co.jp/all/thumb_l/thumb_564405_maskfig001.jpg

上記画像は

マスクが足りない!医療機関でも深刻な事態に:日経メディカル から

 

 

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.