kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

「韓国は1919年に独立していた」と主張する1919派(主体主義者)に関する投稿

韓国 1919独立派に関する私のFB投稿を収集しておく

 

いい しげる - 理解しようとすると、頭、痛い〰! +++++++++++++++++... | Facebook

理解しようとすると、頭、痛い〰!

+++++++++++++++++
 たとえば、1995年10月5日、村山富市首相(当時)が、国会で「日韓併合条約は当時の国際関係等の歴史的事情の中で、法的に有効に締結、実施されたもの」と答弁したこと、また、それに韓国が強く反発したということを、私は本書で初めて知りました。

 村山氏は今も昔も親韓派です。
 この時も、日韓併合の良い悪いを論じたのではなく、単に合法性について答えただけでした。

 

 しかし韓国側は激高し、村山氏の答弁に対して、国会で「歴史を捏造しようとする日本指導層たちは、今からでも韓日合邦条約が無効であることを宣言すべきである」という内容の決議案を採択しています。

 「大韓民国は1919年からずっとあった(三・一運動の日に「臨時政府」を宣言した=大韓民国が始まった)、だから併合時代はなかったのだ」

 …というダダコネみたいな主張が、今でも韓国政府公認なのだそうです。

ぼやきくっくり | 日本の正統性を壊したい韓国 シンシアリーさん「韓国人が暴く黒韓史」より

 

いい しげる - 1919独立派の集会とその政治宣伝が流れているNHKの海外ニュース | Facebook

 

 

 

いい しげる - 【日韓関係:備えよ!今週末から、事態は急変する】... | Facebook

【日韓関係:備えよ!今週末から、事態は急変する】

1.金正恩委員長暗殺未遂犯が日本に向けて航行中に、あの公開土大王と韓国救難警備艇に阻止・救助されたという。
文在寅政権にとって、金正恩政権に『共通の敵』をアピールする格好の材料だった。

2.独立運動100周年とは?朝鮮独立宣言1919 2・8記念を始めとする1919派(主体主義者)による驚天動地の記念行事。

文在寅政権が画策する「独立運動100周年記念行事」驚愕の中身(近藤 大介) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

 

いい しげる - 朝鮮独立宣言1919 2・8記念は、明日だ。... | Facebook

 朝鮮独立宣言1919 2・8記念は、明日だ。
1919派の権力掌握が誇示されるなら、事態は悪い方へ急展開するだろう。

 

 

いい しげる - 【1919 従北政権による反日宣言だ】... | Facebook

 

【1919 従北政権による反日宣言だ】

この下に記した人物の虚像がこれから反日のシンボルになる。日本政府は反撃のために歴史財団を立ち上げ歴史戦に備えるべきだ。

文大統領は「私も独立宣言を実行したチェ・パリョン、ユン・チャンソク、キム・ドヨン、イ・ジョングン、李光洙(イ・グァンス)、ソン・ゲベク、キム・チョルス、チェ・グヌ、ペク・グァンス、キム・サンドク、ソ・チュンら東京朝鮮青年独立団11名の名前を一人ひとり記憶したい」と綴った。

#嘘はもう充分 #竹島返せ #仏像返せ #半島出身ご英霊の名誉を返せ #韓国に学問の自由を 
#StopKoreanDeception #ReturnTakeshima #ReturnBuddhaStatue#ReturnHonorOfWarDeadFromPeninsula #AcademicFreedomNowInKorea
#거짓말은필요없다 #다케시마상환 #불상상환 #반도출신의영령의명예를돌려줘 #학문의자유

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000019-cnippou-kr&fbclid=IwAR3cCFGMPRgafRNI78aupbXTYbmFOfwtMBR491VvG1bUH20-SeH1zQ2j-jE

https://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=250013&servcode=200&setcode=200

韓国の文在寅ムン・ジェイン)大統領は8日、「『2・8独立宣言』の意味を反芻して三・一独立運動と臨時政府樹立につながるわれわれ独立運動の歴史を称える一日になればと思う」と明らかにした。

この日、文大統領はフェイスブックに「2・8独立宣言を称えて」というコメントを載せて「100年前の今日、600人余りの朝鮮留学生がボタン雪が降る東京朝鮮YMCA会館に集まって日本の心臓の真ん中で独立万歳を叫んだ。この日留学生が朗読した『朝鮮青年独立宣言書』はわれわれ独立運動のかがり火をつける『付け木』になった」と評価した。

引き続き「『2・8独立宣言書』は学生たちによって作成され、三・一独立運動に直接的な影響を与えたということで大きな意味がある」とし「若い留学生は民族の意志を無視した日帝軍国主義を糾弾し、東洋の平和と世界の平和のために独立が実現されるべきだと主張した。そして正当な方法で独立が行われないなら、最後の一人まで熱血を流すこと、永遠の血戦を辞さないという気概を見せてくれた」と伝えた。

また、文大統領は「今日『2・8独立宣言』100周年記念行事が東京在日韓国YMCAとソウルYMCAで同時に開かれる。韓完相(ハン・ワンサン)『3.1運動および大韓民国臨時政府樹立100周年記念事業推進委員会』委員長と皮宇鎮(ピ・ウジン)報勲処長が、留学生代表と東京の行事に共にする」とし「私も独立宣言を実行したチェ・パリョン、ユン・チャンソク、キム・ドヨン、イ・ジョングン、李光洙(イ・グァンス)、ソン・ゲベク、キム・チョルス、チェ・グヌ、ペク・グァンス、キム・サンドク、ソ・チュンら東京朝鮮青年独立団11名の名前を一人ひとり記憶したい」と綴った。

 

いい しげる - 1919派による反日戦開始の宣言... | Facebook

1919派による反日戦開始の宣言

文氏は宣言書について「若い留学生らは、民族の意思を無視した日帝軍国主義を糾弾し、独立を主張した」と説明。「正当な方法で独立が実現できなければ、永遠の『血戦』も辞さないという決意を見せた」と述べた。

#嘘はもう充分#竹島返せ#仏像返せ#半島出身ご英霊の名誉を返せ#韓国に学問の自由を
#StopKoreanDeception#ReturnTakeshima#ReturnBuddhaStatue#ReturnHonorOfWarDeadFromPeninsula#AcademicFreedomNowInKorea
#거짓말은필요없다#다케시마상환#불상상환#반도출신의영령의명예를돌려줘#학문의자유

「独立宣言書」を評価=発表100年で韓国大統領(時事通信) - Yahoo!ニュース

「独立宣言書」を評価=発表100年で韓国大統領
2/8(金) 10:35配信 時事通信
 【ソウル時事】1919年2月8日に東京で朝鮮半島からの留学生らが「独立宣言書」を発表してから100年に当たり、韓国の文在寅大統領は8日、フェイスブックなどにメッセージを投稿、「われわれの独立運動の火付け役となった」と高く評価した。

 
 文氏は宣言書について「若い留学生らは、民族の意思を無視した日帝軍国主義を糾弾し、独立を主張した」と説明。「正当な方法で独立が実現できなければ、永遠の『血戦』も辞さないという決意を見せた」と述べた。 

 

 参考:

http://www.ayc0208.org/2_8/photo/28_0001.JPG

2・8独立宣言記念資料室-在日本韓国YMCA

文明の選択が問われている日本人

日本の政治:文明の選択が問われている

悪の帝国ソ連の没落後に、保守陣営に居られなくなった人物は結構多い。例えばMr.剛腕。冷戦後の米中の対立構造は、イデオロギーだけではなく、華夷秩序への決別か回帰かという選択を迫るからだ。経済戦争で峻別は加速するに違いない。

 

www.facebook.com

f:id:kaiunmanzoku:20181127224636p:plain

 

MEMO 民族の歴史と文化を基礎にする「法(価値観)の支配」

世に絶対的な正義は絶対に存在しない。だから、正義を硬性憲法で定める危険性は憲法の教条化にある。最重要は国民主権基本的人権であり、国家と民族の歴史と文化を基礎にする「法(価値観)の支配」だ。

www.facebook.com

 

f:id:kaiunmanzoku:20190215102056p:plain

 

「蒋介石恩義論」という白色デマゴーグ(「台湾の声」から転載)

いい しげる - 「台湾の声」から転載 「蒋介石恩義論」という白色デマゴーグ。... | Facebook

 

「台湾の声」から転載
蒋介石恩義論」という白色デマゴーグ
なお、私は、産経新聞の国民党贔屓きはこれが原因ではないかと思っている。正しい歴史観を持ってもらいたいものだと思う。
++++++
【編集長の一言】いまだに日本の親台湾派政治家がリップサービスのつもりで蒋介石を讃えながら台湾人の集まりで挨拶する。嘆かわしい限りだ。

        台湾独立建国聯盟主席 黄 昭堂

■台日関係と「蒋介石恩義論」

台湾は日本の最初の植民地であり、1895年から1945年まで、日本の支配を受けた。日本の敗戦に伴い、台湾は中華民国国民党政権の支配下に入って今日に至っているが、50年にわたる日本の台湾支配は、いまでも大きな影響を残している。

日本の台湾領有の目的は、収奪よりも領土の拡張にあった。教育を通じての台湾人の文明度の向上、衛生の改善を通じての居住環境の向上、基礎建設、産業建設を通じての生活向上などは、収奪の視点からのみでは解釈はできない。ただ、植民地人である台湾人への高圧的態度は、台湾人に不愉快な思い出を残し、この50年にわたる植民地時代に対する客観的評価を困難にさせているのである。

加えるに、蒋介石蒋経国父子は、台湾解放者としての自分たちの功績を際立たせるため、日本の台湾統治を醜悪化することに専念した。かれら自身、それに国民党の高級幹部を含め、戦後、一貫して親日的態度をとる反面、日本文化の台湾流入を阻止し、また、台湾に残存する日本文化の追放につとめた。端的にいえば、それは、日本の書籍はもちろん、歌まで輸入禁止にしていたことでもわかるように徹底したものであった。台湾人が親日的になるのを阻止し、日本との親交関係を国民党政権が独占する政策をとったのである。

元来、台湾人は多かれ、少なかれ、植民地時代には日本人から屈辱的な仕打ちを受けているのだが、日本に代わって台湾の支配者になった中華民国国民党政権の横暴さを経験してからは、一転して日本に好感を示すようになった。それが蒋介石たちをあわてさせたのだ。

コミンテルンのおかげで、蒋介石は身を起こすことができたのだが、1927年に反共クーデターで政権を握ってからは、後半生を反共に捧げた。もし、日本が満州事変を起こさず、さらには支那事変を起こさなかったら、中国共産党をせん滅できたはずだと、彼は晩年になっても残念がっていた。彼にとって、日本はいくら憎んでも憎み足りない存在であったはずだ。その彼が一転して親日家になったのは、中国共産党との対抗上、日本の中華人民共和国への接近を阻止し、日本の中華民国支持を得る必要性に迫られたからである。反共政治家としての面目躍如たるものがある。

他方、日本の反共政治家も蒋介石政権の存在を必要とした。中華人民共和国の国際的影響力の増大を阻止するためにも、国際連合安全保障理事会常任理事国としての「中国」のイスを占める政権の存在が必要であり、蒋政権がその役割を担うのに役立つからである。かくて、1950年代に蒋介石恩義論」というデマゴーグが展開された。その内容はつぎのとおりである。

(1)北海道がソ連の占領を免れえたのは、蒋介石総統が九州占領の権利を放棄して、これを阻止したからである。

(2)天皇制を護持できたのは、蒋介石総統がこれを強く主張してくれたからである。

(3)中国派遣軍と、在中日本人を蒋介石総統は無事に送還してくれた。

(4)500億ドルにのぼる対日賠償請求権を蒋介石総統が放棄してくれたから、日本はスムーズに復興できた。

内容的には、大方の日本人の肯けることばかりだ。その結果、左派は別として、日本国中に蒋介石賛美が浸透した。

そのころ、台湾人は台湾に脱出してきた蒋介石の圧制に苦しんでいた。47年の国民党中央政府軍による弾圧(二二八事件)につづいて、49年から50年にかけての政治反対者の大量逮捕、37年にわたって続いた戒厳令の発布、国会議員の終身制、秘密警察(特務)の跳梁……。

台湾人の苦しみを横目に見て、日本の政治家は言う。「蒋介石総統を支持しなくちゃ」。そしてこの「蒋介石恩義論」は、いまでも根強く残っている。紙数に限りがあるので、簡単にいうと、真実はこうである。

蒋介石の対日賠償放棄はウソである
対日戦争で勝利を得た蒋介石ではあるが、重慶に逃げ込んだままになっていた彼が、中央政権を握るためには、中共軍との熾烈な内戦に勝たねばならない。したがって、日本本土に国民党軍を送る余裕はあろうはずはなく、また、中国に派遣されていた日本軍が中共軍と手を結ぶのを阻止するには、彼らを一刻も早く、日本本国に送還する必要があった。

天皇制存続が可能になったのは、むしろ米国の知日派の主張によるものだ。賠償放棄に至っては蒋介石が自ら思い立ってそうしたものではなかった。

1951年に日本が台北で蒋政権と「日華平和条約」締結交渉をしたさい、蒋政権は「国民感情が許さない」と称して、賠償を強く要求した。日本側は、中華民国政府は台湾しか支配していず、中国本土に支配権を及ぼしていないとの理由で、その要求を蹴り、一時は交渉が中断し、日本側代表団は本国に引き揚げた。最終的にはダレス米国務長官蒋介石に圧力をかけて、賠償要求を断念させ、そのかわりに、条約の議定書に「中華民国は、日本国民に対する寛厚と善意の表徴として、……〔賠償請求権〕を自発的に放棄する」旨を盛り込み、蒋介石の面子を保ったのである。この経緯は、外務省編集の『外務省の百年』(原書房)で明らかにされている。

ついでながら、哀れをとどめたのが中華人民共和国である。後年(1972年)、日本と国交を回復するにあたって、中国政府は日本に500億ドルの賠償を要求したが、「この問題は1952年の日華平和条約で解決ずみだ」と、日本側に一蹴され、とうとう一銭も賠償金を得ることができなかった。

この観点からいえば、日本は結果的に蒋介石から恩義を蒙ったことになる。蒋介石が利用されたといえないこともない。

ともあれ、日本政府、自民党と国民党政権は、その親密度を増やしていく。かつ、一人歩きを始めた「蒋介石恩義論」によって、一般の日本人も台湾人の苦しみを横目にみながら、国民党と仲良くなっていくのである。

■最後まで蒋政権を支持した日本
現在の台湾経済は、多くのアジア諸国のなかでは相対的に発達しているといえる。その原動力は(1)台湾人の能力と勤勉さ、(2)日本が残した建設が素地になっている、(3)米国が15年の間に供与した計30億ドルにのぼる軍事・経済援助、(4)農民、労働者、環境汚染の犠牲の上に成り立っている。主としてこの4点にあった。

台湾人は日本との50年にわたる「共同生活」によって、その消費性向は日本化した。地理的にも近いため、輸送費は安あがりである。ともに島国であるので、コンパクトに仕上げられる製品は、台湾の需要にマッチする。日本語が通用するので、製品、機械の活用上、便利だ。これらの理由により、台日間の貿易、殊に日本からの輸入は、「先天的」に発展する素地があった。

台湾への投資についても同様のことがいえる。言語(日本語)が通用する便利さと、それを通じての意思疎通が比較的に容易であること、地理的に近接し、かつ労働の質が高いことなどが、日本の台湾投資を促した。国民党政権による戒厳令が、台湾労働者の集団争議やストライキを不可能にしたことも、「安定」を必須条件とする外国人投資家にとっては魅力だった。中華人民共和国と国連の場で、「中国代表権」を争う国民党政権にとって、外国からの投資は、自分を支持する証しであるとともに、投下資本そのものが人質になる。「投資人質論」である。この観点から、国民党政権は外資導入をさかんに推進した。こうして、日本の台湾への投資、台日貿易は増加の一途を歩んだ。

日本と蒋政権との関係が一時大きく挫折したのは1972年のことである。

この前年の71年7月に、ニクソン米大統領が、蒋政権と対立関係にある中華人民共和国への訪問予定を発表(実際には72年2月訪中)、つづいて10月に蒋政権は国連を追われ、中華人民共和国政府が中国の代表として、安保理と国連総会の席を占めた。

これに先立ち、日本と米国は、蒋介石に、「台湾」の名で国連総会にとどまるよう説得したが、功を奏しなかったのである。

大勢すでに去ったのを見て、日本は72年9月に中華人民共和国と国交を樹立し、同日、蒋政権が日本と断交するという形で、台湾と日本との正式の外交関係が切れた。日本は、蒋政権が国連を脱退するまで、つまり、最後の最後まで、国連の場で、蒋政権を支持してきた。「蒋介石恩義論」の延長である。日本の蒋政権支持は、中華人民共和国による台湾侵攻阻止に役立ったとみるむきもあるが、果たして本当だろうか。

台湾は日本にとって大事な貿易パートナーであり、安心できる投資先でもある。台湾が中華人民共和国の手中に入れば、日本は南で共産主義国と国境を接することになり、心理的にも脅威感が増大する。また交通面では、航空識別圏の問題で、空路不安が生じ、海の貿易航路でも安全性の問題が生じる。だから、日本としては、できるかぎり、台湾を中華人民共和国に渡したくはない。日本にとっての国益の発露である。国益の追求は、現今の国際社会では至極当然のことであって、非難すべきではない。

ただ、蒋政権への強力なバックアップが、蒋介石の自信を強め、彼をして最後まで「一つの中国」に固執させ、「自分こそ中国の唯一の正統政府」という神話をとりつづけることを可能にしてきたといえないだろうか。

58年に米国は蒋政権に「大陸反攻」を断念させたが、日本が、あの時点から蒋政権に対して、不即不離の形で、つまり、強力なバックアップをせずに、緩やかな政策をとっていたならば、蒋政権はあれだけの強気の「一つの中国」論を展開できなかったはずだ。「蒋介石恩義論」は蒋介石を不毛の強気に追いやっただけである。

--
台湾の声

 

 

f:id:kaiunmanzoku:20181127224636p:plain

 

文喜相発言:ペロシ下院議長に、日本からの依頼が通じていたらしい

おいおい、韓国内に韓国語で(日本語でも)伝えていないことが書いてあるよ。英語で読むと全く意味が逆さまだ。


注目は2点。①「発言を撤回して日本に謝罪することにやぶさかではない」②ペロシはこれは恥であると韓国側に申し渡した。#慰安婦 #文喜相

 

Moon then met with correspondents and said, "One of the most important things in the comforting women's matter is a real excuse," Moon recently said in an interview. If there are dozens of things. "It is no matter for me to apologize to Japan for the withdrawal of Japanese comments and apologies."

文は記者団に会って「慰安婦問題に関する一番重要なことは真実の謝罪(注目:excuseを使っているよ。apologyより軽いね)だ」。文は最近のインタビューで、もし問題が山ほどあるというなら、「発言を撤回して日本に謝罪することにやぶさかではない」と言った。

 

Regarding the question of the Korea-Japan issue, Pelosi said: "I had the impression that the Japanese side had asked me to say a word in advance to the Korean side and simply to say that this was a shame.

日韓関係について、ペロシは「予め日本から韓国サイドの話を聞く前に、私から一言あるべきだということで、これは恥であると、そうシンプリーに(議長に)申し上げたと心に刻んだ」と言った。

Pelosi says, "Kim Jong-un disarms South Korea, no nuclear negotiations, denuclearization" – Chosun.com

上記はFBへの投稿とネタになったChosun.comの報道。

www.facebook.com

 

ということで、先のブログで申し上げた日本政府への苦言は取り下げよう。

さすが安倍政権です。今までの政権とは一味違う。

45点ぐらいだけど他が20点以下だからね。

 

kaiunmanzoku.hatenablog.com

f:id:kaiunmanzoku:20190214164418p:plain

https://newsbeezer.com/koreaeng/pelosi-says-kim-jong-un-disarms-south-korea-no-nuclear-negotiations-denuclearization-chosun-com/?fbclid=IwAR0LmaHx2FMez9NFmEhtXasxzD52dMcBo_EMlbuVw8m4jFHo85rjGWJHj5M

 

 

 

文喜相の発言の問題点と日本政府への苦言

文喜相議長の発言の問題点

1. 解決済みの慰安婦問題に謝罪を要求。
2. 陛下を戦犯の主犯の息子呼ばわり。


上記の二点、つまり

1. 国家間合意の存在を無視し、解決済みの問題を再提起し、義務なき行為を要求している事。

2. 歴史事実を捏造することによって、日本国(の国民)とその象徴に対する誹謗を行った事。

 

特に 2. が大問題であり、全ての建設的な話し合いの前に発言の撤回と謝罪が必要だ。

 

 

f:id:kaiunmanzoku:20190213220300j:plain

 

https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-02-08/south-korea-lawmaker-seeks-imperial-apology-for-japan-sex-slaves

National Assembly Speaker Moon Hee-sang said in an interview Thursday that Japanese Emperor Akihito -- as the “the son of the main culprit of war crimes” -- should deliver the apology before his planned abdication in May. Moon was asked how the two U.S. allies could resolve a worsening diplomatic feud fueled by disagreements over Japan’s 1910-45 occupation of the Korean Peninsula, much of it under the emperor’s late father, Hirohito.

“It only takes one word from the prime minister, who represents Japan -- I wish the emperor would do it since he will step down soon,” said Moon, South Korea’s No. 2 elected official and a former presidential envoy to Japan. “Isn’t he the son of the main culprit of war crimes?

“So, if a person like that holds the hands of the elderly and says he’s really sorry, then that one word will resolve matters once and for all,” he said.

 

日本政府にも苦言*1がある。本来なら議長が米国に向かった時点で手を打っておくべき事が出来ていない事だ。外務省がバカなら官邸で手を打たねばならない。

つまり、

「『韓国が慰安婦合意を守ることが大前提だ』と会見の場で釘を刺しておくように」とオバマ経由で予めペロシに要求しておいて当然!ということだ。

もちろん、トランプに仁義を通した上でだ。

前政権と現政権の両政権と誼を通じた安倍政権なら出来ることだ。

いい しげる - 「韓国は慰安婦合意守れよ」とオバマ経由でペロシに言えよ 安倍政権... | Facebook


幹部職員の誰も手を打っていないのなら、日本は人材が適材適所に配置されていないという事になる。情けないことだ。

 

韓国は、最近また一人慰安婦が亡くなったことを利用して、慰安婦問題を再燃焼させようとしてきていることは確かだ。これは察知できた。

いい しげる - キム・ボケトンさんの死を無駄にするなとばかり、中央日報は世界に再び #慰安婦... | Facebook

NYタイムズの元慰安婦問題記事に…日本「謝罪した」と強弁反論
2/9(土) 13:44配信 中央日報日本語版


日本政府が慰安婦被害者の金福童(キム・ボクドン)さんの死去を報じたニューヨークタイムズ(NYT)の記事に対し、「日本は慰安婦被害者に誠実に謝罪した」と嘘の主張を含む反論をNYTに寄稿したことが分かった。

9日の産経新聞によると、日本政府は先月30日にNYTの紙面に掲載されたソウル発の金福童さんに関する記事に対し、外務省報道官の名前で反論文を送り、NYTはこれを7日、インターネットホームページに掲載した。

日本政府はこの寄稿で「日本政府は数多くの機会において元慰安婦に対する誠実な謝罪と悔恨の念を伝えてきた」と主張した。また「慰安婦問題を含む補償問題は65年の日韓基本条約で解決済み」とし「日本政府はすべての元慰安婦の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やす取り組みを行ってきた」と強弁した。さらに「和解・癒やし財団の支援を元慰安婦らが一様に拒絶したかのような書き方をしているが、存命中だった元慰安婦47人のうち34人が財団からの支援金を受け取り、取り組みを歓迎した」と主張した。

NYTは当時の記事で「金さんの持続的なキャンペーン(慰安婦関連活動)が、自身と似た数千人の女性が抱えてきた苦痛に対する国際的な関心を引くのに寄与した」とし「金さんは不屈の活動家の一人だった」と紹介した。また「金さんは入院中に記者が訪れた時、安倍首相が贖罪を拒否していると批判した」とし「私たちが(日本を相手に)戦うのはお金のためでない。私たちが望むのは名誉回復のための日本の誠実な謝罪と法的賠償だと語った」と伝えた。この記事は、AP通信に勤務中だった2005年に老斤里(ノグンリ)事件報道でピューリッツァー賞を受賞したチェ・サンフン記者が作成したものだ。

一方、産経新聞は韓国と日本の歴史戦争の舞台が米国メディアになっている状況の中、日本外務省が今回のように米国メディアの報道への反論を積極的に提起する方針だと伝えた。

これに先立ちNYTは昨年12月2日、インターネット版に慰安婦動員の強制性を認めた河野談話の修正を要求する人たちを「修正主義者」と表現した記事を掲載したが、これに対しても日本政府は同月15日に駐ニューヨーク総領事名義の反論を寄稿した。日本政府は当時の寄稿で「安倍晋三首相は謙虚に歴史と向き合うべきだと繰り返して話している」と主張した。

なお、日本の謝罪履歴は次のリンクを参照の事。

List of war apology statements issued by Japan - Wikipedia

韓国においても、良識ある指摘がなされている。

oboega-01.blog.jp

「マスコミのほとんどは、長い間、自分の足で走って、自分の頭で思考する代わり、慰安婦支援団体や一部の学者が与える情報だけを受け入れてきた。(中略)日本政府の謝罪/補償をすっかり無視し、日本の反論が『反歴史的で反人権的で国際常識にも反する』という恥知らずな支援団体の主張だけが『真実』として通用している。このような声だけにメディアが依存している限り、韓日関係は永遠に改善しない」と指摘

韓国には学問の自由がなく、表現の自由も無い。したがって、真実が国民に伝わることはない。そのような韓国の事情もペロシ米国下院議長に予め伝えておくべきだった。

 

「泣く子は餅を一つ多くもらえる」という国

文喜相の「天皇の謝罪で慰安婦問題は解決」は真っ赤な嘘。もしそうすれば、新たな日本批判の道具となる。
一つ要求に応じれば、それを既成事実にさらなる要求をしてくるのが韓国。

事大主義の国に謝罪は禁物。

かの国との約束事には、日本版の三田渡の盟約が、先ず必要。

と思って付き合うぐらいがちょうどよい。

 

このブログはFBに投稿した意見をまとめ直したもの。

いい しげる - 解決済みの慰安婦問題に謝罪を要求。 陛下を戦犯の主犯の息子呼ばわり。... | Facebook

 


(^^♪ 

Take him to hell. And let him pray among the inferno.

Let him see what his pray was like. Of This one and That.

In other words, kiss my ass!

In other words, Moon Hee-sang beat yourself! ♬

f:id:kaiunmanzoku:20190214153145j:plain

 

*1:苦言はその日のうちに取り消しとしました。

kaiunmanzoku.hatenablog.com

火袁理命(山幸彦)と八幡神と応神天皇 天照大御神と聖母(しょうも)と神功皇后

多くの「ほ」(幡)を持つ山幸彦。

「ほ」とは「日」、「火」、「穂」等の音のことだ。

多くの幡を持つ神という意味の「八幡*1」を示唆しているのだろう。

 

袁理命《ソリノミコト》

天津彦火々出見尊《アマツコタカホホデノミコト

天津彦穂々出見尊《アマツコタカホホデノミコト

折彦火火出見尊《オリホホデミノミコト

火々出見尊《ホホデミノミコト》・・この(ホホデノミコト)の名は神武天皇の実名と同じ

虚空津《ソラツコ》

 

  また、一方で、天照大御神が祀られる伊勢神社と神功皇后は、どちらも「じんぐう」と呼ばれ、大隅八幡宮縁起に伝えられる、筑前国に『香椎聖母大菩薩』として祀られる、七歳のとき夢で朝日を受けて身籠もり、王子(八幡)を生んだ陳大王の娘、大比留女(おおひるめ)と神功皇后は、どちらも聖母(しょうも)と呼ばれる。

 

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

そして、神功皇后は、日光によって孕んだ娘から生まれた伝説を持つ阿加流比売*2(あかるひめ)を妻とし、その妻が生まれ故郷に帰るのを追って日本の但馬に来た新羅王子、天之日矛の子孫である。

 

火袁理命(山幸彦)から神武天皇へと繋がる古事記の記載が、わたつみの国、東シナ海を意識させるのに対し、神功皇后応神天皇の親子の宇佐神宮由緒は朝鮮半島と北九州や山陰を意識させる話となっている。

共通点は、八幡神(とその母)が海から上陸したこと、母が海の向こうの有力者の縁者であること、母や母の支持者の力を借りて西日本から近畿を平らげた事であろう。

 

神武天皇応神天皇が同一人である必要はない。物語に温度があるとは言わないが、火袁理命(山幸彦)から神武天皇へと繋がる古事記の記載が南九州の太陽と海に相応しい温感を持つのに対し、仲哀天皇から応神天皇までの古事記の記載は日本海と北九州の海風を感じさせるからだ。あきらかに似たような記憶が留められたとは思うが、似た記憶は時空を同じくするとは限らない。

過去というものは現在までの体験で書き換えられる。人の一生の中ですら既視感はしょっちゅうあるのだ。

過去の英雄に例えられたい、例えたいと願う当時の英雄やその子孫や民衆が、異なる主人公に、場所と時間を与えて、似たエピソードを生み出したと考えたい。

 

f:id:kaiunmanzoku:20141026102108j:plain

伊勢神宮内宮の池を泳ぐ錦鯉 筆者撮影

 

*1:宇佐神宮由緒によると八幡神は応神天皇の神霊であり、宇佐神宮で、八幡神は応神天皇の母である神功皇后と合祀されている。

*2:難波に至って比売語曾社の神となり、豊国の国前郡(大分県姫島)へ至って比売語曽社(ひめこそしゃ)の神となり、2カ所で祀られている

沖縄は古事記の神話時代から日本 綿津見の国は沖縄 和邇は舟で和邇魚は沖縄高速船

 「倭」「和」は ”wo” (を) と読むと解る 沖縄は古事記の時代から日本だ。

琉球人」

陳侃の使琉球録 倭急拿必周(をじなはひつぉう)

ローマ字表記 wojinah-hizhou → woknahーzhou

現在の「うちなーちゅー」。その元が「おきなわひと」とわかる。

琉球」は 倭急拿(wojinah)だった。「をきなー」を経て「うちなー」か。

 

 「日本人」

陳侃の使琉球録 亞馬奴必周(やまとひつぉう)

ローマ字表記 jamatohizhou → yamatohzto →yomaton-zhou

現在の「やまとんちゅー」。その元が「やまとひと」とわかる。

 

  「皇帝」

陳侃の使琉球録 倭的毎 (をーつみぃ)

ローマ字表記 wotemei → wotsumi 

 15世紀の沖縄で「皇帝」を意味する言葉の「音」を表記する3文字「倭的毎 (をーつみぃ)」を「倭的」と書いても同じ音になることから「綿津見、海神(わたつみ)」という言葉には『倭(わ=日本)の海』と言う意味が込められている。この場合の「倭的海=日本の海」とは倭が渡って来た東シナ海のこと。皇帝と倭的海が同じ(わたつみ)という音と言葉で通じている。

 

「宇都」「鵜戸」「宇土」「委奴」「海渡」・・・

地名 うと うど おと をと ・・・

ローマ字表記   woto → uto, oto, udo 等

稲穂を持った倭族(日本人の祖先たち)が、和邇と呼ばれていたウツホフネを多数連ねて、わたつみ(東シナ海)を渡って来た、その場所を倭度あるいは菟度 woto という。委奴(をと)も同じ。

 

 

和邇」 

古事記本文 和邇【此二字以音下效此】

読み下し 和邇(わに)【此の二字は音を以ちてす。下、此に效え】

ローマ字表記 woji → woni → wani

和邇とは船だ(船は和邇である)と、因幡の白兎の物語に書いてある。

和邇が(皆)列をなして伏す状態、和邇列伏 (わにれつをなしてふす)を(「わに」に「伏」をつらねる)と読んでその通り並べてみると「船は鰐」とわかる。元々の和邇(をに)には、「和=倭=吾=我」である『私』と「邇」である『貴方』が一体となった形で「私とあなた」の意味や後の世の「鬼」の意味もありそうだ。

 

 

  「和邇魚」

古事記本文 即悉召集和邇問曰

読み下し 即ち悉く和邇魚(わにな)を召し集めて問いて曰わく

 ローマ字表記 wojinah → waninah

当時の発音は wo-ji-nah、この発音は陳侃の使琉球録(16世紀)の夷語によると「琉球人」を wojinah-hizou と呼び、琉球が wojinah であったのと同じで、「沖縄(をきなは)」に通じている。海神の国、わたつみの国は沖縄と示唆している。倭が渡って来た東シナ海、倭的海と書けるわたつみの国は、海神であり綿津見大神である禮玉(れいきゅう)王、豊玉彦(とよたまひこ)が支配し、和邇魚(和邇と呼ばれる高速船の漕ぎ手の部族、「魚」は部族を表す)がいる海洋国家。一尋和邇(佐比持神=稲冰命)が帰り、稲冰命(佐比持神=一尋和邇)が帰った母の国。これは、「おきなわ」で間違いないだろう。

 

  「鹽椎翁」

ローマ字表記 sio-tsuti-no-wojinah → siotsuti-no-oji

シオツチノオジを別名「事勝国勝長狹神」と呼ぶのは戦いの帰趨を決した役割を何度も演じたからだろう。「オジナ(wojinah)」は、海岸に住む古い「和邇・鰐・鬼(woni)部族=魚」であり、その代表格「翁=長(wojinah)」で、潮流だけでなく、戦いの帰趨すら読める戦名人だったのだろう。潮流に乗って「和邇(woni)」と呼ばれる船を操り、「わたつみ=沖縄(wojinah)」を拠点に周辺地域と盛んに交易も行っていた。その範囲は、日本海流に乗っては、北九州や朝鮮半島因幡や東北、沿海州、九州の東岸からは瀬戸内海を通り、太平洋の大海原では黒潮に乗って伊勢や熱田、安房や小笠原列島の方まで進出していたに違いない。神話時代には大陸へと自由に行き来していたかもしれない。全国の「鬼(woni)」伝説にも関係しているのだろう。倭族の一員であり倭族と同じ大陸の揚子江流域から江南地域出身の航海術に秀でた部族であり、先祖に猿田彦が関係していると考えている。

  

そのような繋がりが、『中山世鑑』に鎮西八郎源為朝が琉球王の祖先だと書かれるはるか以前に、古事記の海幸山幸の神話の世界が九州と沖縄にあったと想像させる。つまり、火遠理命やその妻の豊玉姫命、あるいは玉依姫のような九州・沖縄間の貴人の行き来や和邇のような交易船の往来があったはずなのだ。

だからこそ、中世の九州からの落ち武者、あるいは政治亡命者が沖縄で一族の中の貴種として扱われ、歓迎される素地が沖縄に出来ていた。それが『中山世鑑』のような伝説が誕生する重大な要素である。そこには先祖と文明の一体感がある。そう考えるのが合理的だ。

  

宇佐神宮は古代に大陸の江南地域にいて、海流に乗って薩摩半島に上陸したと言われる隼人族との関連を持つ神宮とも考えられている。隼人族は「を」wo の付く地名を日本全国に残している。宇佐神宮もその一つだ。

また、大隅一ノ宮である鹿児島神宮は、正八幡宮という呼称を持っており、豊前宇佐と同族である隼人族とのつながりを示している。また、天津日高彦穂穂出見尊のほか、その妻豊玉比売命(=海神(ワタツミ)の娘)を祭神としており、海神(ワタツミ)と隼人族との関連も興味深い。

 

古代に海流に乗って大陸の江南地域から西南諸島をたどって九州へたどり着いた日本人の祖先が、今度は九州から西南諸島へと移動する様が見えるようです。

陳侃の使琉球録に記載してあった「倭的毎」は、その記載の当時「をーつめぃ」と読み、沖縄で皇帝を意味する言葉の「音」を表記する3文字でした。意味は「皇帝」であり、「大王」のことです。

 中世沖縄で「」を明の官吏に読ませるために充てた漢字が「」であり、「倭的毎」を「Wotsu mi(mee)」と読むインスピレーションを得たことから倭的海「わたつみ」が出てきた過程は下記のブログを参考願いたい。

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

明が国外に持ち出すことを禁止しているサトウキビを栽培する直川智と当時の琉球王国の立場(島津藩の立場も同じだと思うが)を考えると、サトウキビの密輸と栽培の事実を明国からカムフラージュする必要があったはずと考えて、明国製ではなく日本製の砂糖であると称したのが「ウージ」ではないかと言う私説がこちら。

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

日本神話の世界にあまり詳しくない方に注釈

「わだつみ」と入力すれば「海神」と変換しますが、その通り日本の海の神様で古事記日本書紀に登場します。伊邪那岐(イザナキ)・伊邪那美イザナミ)の神産みによって生れて登場する大綿津見神(おおわたつみのかみ)がその神様です。海彦と兄弟げんかをした山彦が立ち寄る先がわだつみの国です。その国は古代日本の近海にある国です。沖縄語の「皇帝」つまり国の支配者が「わだつみ」と関係があるとすれば、「沖縄=わだつみの国」説が成り立つわけです。

 

 

f:id:kaiunmanzoku:20150504164645j:plain

Family Crest of Ryukyu Kingdom(琉球王家) is the same Symbol of Usa Jingu(宇佐八幡宮 Usa Hachimangu), a Shinto shrine in the city of Usa in Ōita Prefecture.

 

kaiunmanzoku.hatenablog.com

原子力規制委員会の組織理念を見直すべきだ アベノミクスの致命的失敗:原子力政策の規制強化

アベノミクスの致命的失敗:原子力政策の規制強化】

原子力産業は国際的にはエネルギーの安定供給と環境目標を達成するために重要性を増している。しかし日本では肯定的な報道はわずかだ。

アベノミクス最大の致命的失敗は原子力政策の規制強化だ。
民主党政権時代の規制を放置したことを言っている。
単に、発電所再起動の遅れ、海外を含む新規投資に消極的になったというだけでは済まない。何よりも「安全対策費用の増加」である。

 

安全基準の国内基準と国際基準との乖離は、原子力メーカーの競争力を根こそぎ削ぎ落とした。その結果、新規原発に投資が不可能になった。そして、次世代に熾烈なエネルギー資源獲得競争という禍根を残したといえる。その政治責任は重たく重要だ。

安全には、基本的にダブルスタンダードはあり得ないのだ。

メーカーは厳しい基準に企業内の品質(安全)基準を統一せざるを得ない。日本向けはここまでやるが、海外向けは〇%省略するというわけにはいかないのだ。

 

東芝の情けない企業統治能力による原子力部門の凋落は日本の原子力産業そのものの凋落の象徴だったが、311以降の日本の原子力政策は、原子力規制委員会の、どのような基準も、より厳しければそれで良いのだ、その方が国民に迎合できる、という国際基準の合理的値より厳しいことに意義を見出す(コストも競争力も安全保障も技術保持も無視の)独善的なやり方に極まる。これは、「何ものにもとらわれず、科学的・技術的見地から、独立して意思決定を行う」という独立した意思決定が、独善と化しているからだ。

事業者、専門家(特に安全)、メーカーとの充分な対話がない。意思決定までの議論が透明性を欠く。実効ある行動なのかもしれないが、デュープロセスの観点からも有識者会議などは、そのメンバー選択の指針や会議そのものの法的あるいは意思決定関与の度合い等の位置付けが外部から見えてこない。

だから、独立した意思決定と言っても、外から見るとコミュニケーションと透明化が決定的に欠けた状態で運営されるという点で、中国共産党中央政治局常務委員会の意思決定と同じなのだ。「独善が独裁を産む」状態になっていると思う。透明で開かれた組織とは程遠いのだ。

 

独善と化した原子力規制委員会の組織理念を見直すべきだ。そして、透明で開かれた組織として生まれ変わるべきだ。

 

それでも、それまでの間、バカげた政策で、日本の原子力産業が空洞化するのを自衛しなければならない

周辺で核技術を狙う国があるのだ。

だから、まず、最先端事業を担う技術者を擁する重電各社の人・物・技術等の構成要素はエネルギー安保上、どうしても流出を避けるべく手を打つべきだ。

 

 

上記は、下記のFBへの投稿に手を加えたもの

いい しげる - 【アベノミクスの致命的失敗:原子力政策の規制強化】... | Facebook

 

画像は平成31(2019)年2月3日の読売朝刊から

f:id:kaiunmanzoku:20190203100807j:plain

 

Memo シオツチノオジ、鹽椎翁(siotsukino wokinah)は、鹽椎和邇魚(siotsukino wojinah)

事勝国勝長狹神こと鹽椎の神、シオツチノオジのオジは、先のブログでこう解説した。

*2:シオツチノオジを別名「事勝国勝長狹神」と呼ぶのは戦いの帰趨を決した役割を何度も演じたからだろう。「オジ(woji)」は、海岸に住む古い部族「鰐(woni)」の一員であり、その代表格(長)で、潮流だけでなく、戦いの帰趨すら読める戦名人だったのだろう。潮流に乗って和邇(woni)と呼ばれる船を操り、わたつみの国と交易も行い、日本海流に乗って北九州や朝鮮半島因幡や東北、沿海州、瀬戸内海や黒潮に乗って伊勢や熱田、安房や小笠原列島の方まで進出していたに違いない。全国の「鬼(woni)」伝説に関係しているのだろう。先祖に猿田彦が関係していると考えている。

 しかし、wojinah (和邇魚)が okinah (沖縄)に通じるという発見をした今では、オジ woji は、okinah (翁) だけではなく、woni (和邇)でもある。

と考えている。

 

http://dashi-matsuri.com/dashikan/chita/oono/photo/07_5790.jpg

画像はリンクになっています。

高須賀町のからくり人形|大野祭り|乙川|知多の山車館|尾張の山車まつり

 

 

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.