kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

平昌五輪公式ページから日本列島消滅 Erased Japan in Pyeong-Chang Olympic web page

【平昌五輪公式ページから日本列島消滅】

ROK(Racists Of Korea) always display their hate to the World.
They erased Japan on purpose in their Pyeong-Chang Olympic web page.

 

Maybe by Pro-North Korea South Koreans. They threaten Japanese that they, Great Koreans, would totally destroy Japan without leaving any trace by Nuclear Missiles. 偉大な朝鮮民族が日本を核で跡形もなくしてやるという脅しだ。

 

Please check the web on your own!

www.pyeongchang2018.com

 

Following image was screenshotted on September 25, 2017.

Red explanation was added by this blog owner.

f:id:kaiunmanzoku:20170925221027p:plain

 

No more #CNKP(Chinese and North Korean Propaganda)
殲滅 #中華従北プロパガンダ
‪#AntiJapanFascis #SouthKorea #Hypocrisy #Racism #Hate #PyeongChang #AcademicFreedomNowInKorea ‪#竹島返せ #BrainwashingEducation #仏像返せ #ForgedHistory #半島出身ご英霊の名誉を返せ

核心 習近平 独裁への道

【核心習近平独裁への道】


反動分子や裏切り者の粛清が大好きな中共は、「漢奸」を大量生産したくて仕方がないのだろう。習近平への権力集中にもその傾向が顕著だ。


既に海外に身分と目的を偽って当局者を派遣し、あらゆる手段で「説得」して漢奸をチャイナ国内にお持ち帰りしている。


マカオや香港では暴力的に「拉致」することも厭わない。


そのうち、チャイナの「国内法」に基づいて、拉致・暗殺を世界中で起こしかねない。他国の国家主権への重大な脅威だ。


中共は国家ではない。中華帝国主義に基づく赤い皇帝のヒエラルキーを維持するための統制機関なのだ。

 

f:id:kaiunmanzoku:20170923103933p:plain

9月24日は国辱の日 法治国家・主権国家日本が、尖閣中国漁船衝突事件の主犯を超法規的に釈放し、法治と主権を放棄した国民総懺悔の日

 

f:id:kaiunmanzoku:20170922164906j:plain

 

尖閣中国漁船衝突事件 
2010年9月7日午前、尖閣諸島付近の海域をパトロールしていた巡視船「みずき」が、チャイナ籍の不審船を発見し日本領海からの退去を命じるも、それを無視して漁船は違法操業を続行、逃走時に巡視船「よなくに」と「みずき」に衝突し2隻を破損させた。海上保安庁は同漁船の船長を公務執行妨害で逮捕し、取り調べのため石垣島へ連行し、船長を除く船員も同漁船にて石垣港へ回航、事情聴取を行った。9日に船長は那覇地方検察庁石垣支部に送検された。


2010年9月13日 - 船長以外の船員を帰国させ、漁船を解放。

 


国辱:船長の釈放
2010年9月24日 - 午前10時、検察首脳会議で釈放が決まる。その発表は那覇地方検察庁によって行われた。


その不当、異常な釈放発表の背景
時の日本政府として「国内法で粛々と判断する」と発言していた民主党政権 菅直人首相前原誠司外務大臣国連総会のため外遊で不在の中、那覇地方検察庁「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮して、船長を処分保留で釈放する」と発表する甚だ異常なものであった。これにより、船長は「不法上陸」扱いとなり、国外退去の続きの後、翌25日未明にチャイナのチャーター機で送還された。


この時点で船長の勾留延長期限はまだ5日も残っていた。


【画像】船長は帰国した際、Vサインであいさつし、現地報道機関に対し尖閣諸島はチャイナ領であり自身の行為は合法である旨を主張し英雄扱いされた。


仙谷由人官房長官は、「船長の釈放は検察独自の判断でなされた」と述べ、これを容認する。また 柳田稔法務大臣と同日昼すぎに会談していたことに関しては「全く別件だ」と釈放決定との関与を否定し、日中関係は重要な2国間関係だ。戦略的互恵関係の中身を充実させるよう両国とも努力しなければならない」中共政府との関係修復第一の考えを示した。
また、釈放決定に対し与党民主党など政権内部からも批判が出ていることについては「承知していない」と述べた。


国連総会でアメリカ滞在中の菅直人首相は、「検察当局が事件の性質などを総合的に考慮し、国内法に基づき粛々と判断した結果だと認識している」と述べた。


同じくアメリカ滞在中の前原誠司外務大臣は、国内法にのっとって対応した検察の判断に従う」と述べた。

www.facebook.com

海行かば 水漬く屍 山行かば 草生す屍 大君の 辺にこそ死なめ かへり見は せじ 『万葉集』巻十八

海行かばとしてFBに紹介したものをブログにもアップしておく。

 
万葉集』巻十八「賀陸奥国出金詔書歌(陸奥国に金を出す詔書を賀す歌)」大伴家持作ーーー「海行かば」として知られている
+++++
葦原の 瑞穂の国を 天下り 知らし召しける 皇祖の 神の命の 御代重ね 天の日嗣と 知らし来る 君の御代御代 敷きませる 四方の国には 山川を 広み厚みと 奉る みつき宝は 数へえず 尽くしもかねつ しかれども 我が大君の 諸人を 誘ひたまひ よきことを 始めたまひて 金かも たしけくあらむと 思ほして 下悩ますに 鶏が鳴く 東の国の 陸奥の 小田なる山に 黄金ありと 申したまへれ 御心を 明らめたまひ 天地の 神相うづなひ 皇祖の 御霊助けて 遠き代に かかりしことを 我が御代に 顕はしてあれば 食す国は 栄えむものと 神ながら 思ほしめして 武士の 八十伴の緒を まつろへの 向けのまにまに 老人も 女童も しが願ふ 心足らひに 撫でたまひ 治めたまへば ここをしも あやに貴み 嬉しけく いよよ思ひて 大伴の 遠つ神祖の その名をば 大久米主と 負ひ持ちて 仕へし官 
海行かば 水漬く屍 山行かば 草生す屍 大君の 辺にこそ死なめ かへり見は せじ
と言立て 丈夫の 清きその名を 古よ 今の現に 流さへる 祖の子どもぞ 大伴と 佐伯の氏は 人の祖の 立つる言立て 人の子は 祖の名絶たず 大君に まつろふものと 言ひ継げる 言の官ぞ 梓弓 手に取り持ちて 剣大刀 腰に取り佩き 朝守り 夕の守りに 大君の 御門の守り 我れをおきて 人はあらじと いや立て 思ひし増さる 大君の 御言のさきの聞けば貴み 
Read more

2017年9月15日 北朝鮮ミサイル北海道上空を通過

振り返ったら、何かのきっかけとなる歴史的な日かもしれないので、FBに呟いたことをブログにも挙げておくことにした。

北朝鮮は15日午前6時57分ごろ、平壌の順安(スナン)付近から東北東へ弾道ミサイル1発を発射。ミサイルは北海道上空を通過し、午前7時16分ごろ、北海道・襟裳(えりも)岬の東約2200キロの太平洋に落下。飛行距離は約3700キロ。

f:id:kaiunmanzoku:20170915215613p:plain

f:id:kaiunmanzoku:20170915215649p:plain

f:id:kaiunmanzoku:20170915215706p:plain

f:id:kaiunmanzoku:20170915215717p:plain

 

電球一個の取り替えに何人のポーランド人が必要か?
五人。

一人がテーブルの上に立って電球を天井のソケットに合わせる。
あとの四人がテーブルを持ち上げてグルグル回す。


イギリス人だったら?
1人。
イギリス人は椅子に座って、紅茶を飲む。外国人の召使が取り替える


北鮮人だったら?
17億9138万人。
北鮮軍(138万人)の総力で、韓国(5千万人)を人質に取りながら、日本(1億2千万人)を脅し、中国(13億人)を巻き込み、米国(3億2千万人)に、「切れた電球を取り換えろ」とミサイルと核で要求する。

 

f:id:kaiunmanzoku:20170915215728p:plain

f:id:kaiunmanzoku:20170915215743p:plain

f:id:kaiunmanzoku:20170915215757p:plain

f:id:kaiunmanzoku:20170915220000p:plain

f:id:kaiunmanzoku:20170915220019p:plain

 

イザベラ・バードの ”Korea and her neighbors” に見る the Sea of Japan と朝鮮の範囲

先にFBに紹介したブログの材料

画像は1898年に出版されたイザベラ・バードの”Korea and her neighbors” 14頁のコピー。1894年に訪れた朝鮮についての紹介だ。


日本海」the Sea of Japanは普通に使われる表記であったし、紹介される朝鮮の範囲は鬱陵島までである。


++++++
The geography of Korea, or Ch'ao Hsien ("Morning Calm," or "Fresh Morning"), is simple. It is a definite peninsula to the northeast of China, measuring roughly 600 miles from north to south and 135 from east to west. The coast line is about 1,740 miles. It lies between 34°17′N. to 43°N. latitude and 124°38′E. to 130°33′E. longitude, and has an estimated area of upwards of 80,000 square miles, being somewhat smaller than Great Britain. Bounded on the north and west by the Tu-men and Am-nok, or Yalu, rivers, which divided it from the Russian and chinese empires, and by the Yellow Sea, its eastern and southern limit is the Sea of Japan, a "silver streak," which has not been its salvation. Its northern frontier is only conterminous with that of Russia for 11 miles.

 

https://archive.org/stream/koreaherneighbor00bird#page/14/mode/1up/search/Japan

f:id:kaiunmanzoku:20170915212111p:plain

 

https://archive.org/stream/koreaherneighbor00bird#page/n20/mode/1up

f:id:kaiunmanzoku:20170915212316p:plain

 

ご参考:

Korea and her neighbors; a narrative of travel, with an account of the recent vicissitudes and present position of the country : Bird, Isabella L. (Isabella Lucy), 1831-1904 : Free Download & Streaming : Internet Archive

日本人の選択

本日、2017年9月3日に北朝鮮の6度目の地下核実験があった。秋篠宮眞子内親王殿下のご婚約発表の日を汚したこの暴挙にFBに投稿した言葉を記念としてここに記す。

 

f:id:kaiunmanzoku:20170903150555p:plain

この部分に「広島の原爆エネルギーがマグニチュード6.1」の発言が画像として貼ってありましたが、その後、規模が広島原爆の約10倍相当との発表が防衛省からありましたので、公式発表を尊重し削除いたしました。

 

f:id:kaiunmanzoku:20170903150838p:plain

f:id:kaiunmanzoku:20170903150907p:plain

f:id:kaiunmanzoku:20170903150939p:plain

 

これは、日本人の選択だ。

2016年11月11日 17:20 のメモ / 「民主」「護憲」「平等」「立憲」「平和」「人権」カルトについて

2016年11月11日 17:20 のメモ

 

【「民主」「護憲」「平等」「立憲」「平和」「人権」カルトについて】

 

人にやさしさや同情の念を伝えることが出来ない人間は好きになれない。


眼差しを優しく、言葉を優しく、行動を優しく、それが出来なければ人を導けないと思う。

 

普通の人は上記の三つをなかなか上手に同時にこなすことが出来ない。一つはどこかで統御できなくなる。

 

だから、民主を教条とするカルトが、意に反する結果を目の当たりにした時に、真に民主的であることが出来ず、立憲主義的手続きを無視したり、陰謀論を唱えると言う現象は、よく理解できる。

 

そもそも、彼らは「民主」の意味が分かっていないのに「民主」が好きなカルトだからだ。「」内の言葉をいかように変えても良い。要するに、人類や民族や国家の共存共栄と言ったことを論じるだけの基礎がない人々なのだ。

 

その殆どがどこかの政治勢力に洗脳されてなのか、教養がないためなのか、自分で考える術を得られなかった人々だ。

 

人類の歴史を考えて見れば、植民地主義共産主義選民思想等の時代を彩る潮流こそが、その原因だと推察できるだろう。彼らに共通なのは「共存共栄」という思想の決定的欠如である。「敵・味方」や「支配・被支配」「搾取・被搾取」「富・貧困」「純血・穢れた血」「善・悪」「白・色」「光・闇」という徹底した二面論的価値観が支配する世界だ。

 

寛容や共存共栄と言った考えが存在すると考える事。それがそもそも困難なのだ。

 

本物のファシストレイシストにとって、またとない機会を提供しているのがこれらのバカ者たちだと思う。

 

本物のファシストレイシストにとって、プロパガンダが彼らに対する有力な武器となっている。救う事が出来るのは自分自身のちょっとした「気付き」だ。

親兄弟や友人によって気付く機会を与えられれば幸いだ。

 

f:id:kaiunmanzoku:20170831173006j:plain

大陸政権による琉球の日本への服属の公式承認 / 汝并琉球及琉球之私役属於汝亦皆吾天朝赦前事

沖縄は「どんなに遅くとも」1609年には日本。
もちろん、文化的民族的には古代から日本です。

 

1609 (慶長十五年)薩摩、琉球に3,000名余りの兵を派遣し、首里城を落して、尚寧王を捕らえる。薩摩藩琉球支配。

 

1611 (慶長十六年)琉球王国の再興 薩摩の「掟15条  」 の制定 幕府の要望に応えて明国との友好関係を継続させる必要があった島津は琉球の王権を(朝貢貿易に係わる範囲で)形式上認めることにした。つまり、島津は明朝の要請に答える形で尚寧王琉球に戻すことにした。しかし、実権が島津にあることを琉球王及び官僚に思い知らせるために起請文を書かせたうえで、掟15か条を制定した。島津家久尚寧王に「日明互市通好」の交渉を命ずる書簡を送る。


1612  (慶長十七年)『明神宗実録』巻四九七、萬暦四十年(1612)秋七月己亥条

福建巡撫丁継嗣奏、琉球国夷使柏寿・陳華等執本国咨文、言王已帰国、特遣修貢。臣等窃見琉球列在藩属固已有年、但爾来奄奄不振、被係日本、即令縦帰、其不足為国明矣。況在人股掌之上、寧保無陰陽其間。

kaiunmanzoku.hatenablog.com

福建巡撫 丁継嗣が「琉球の使節の裏には日本の策謀があり琉球は日本の手足として動かされている存在ではないか」と疑い、その意見を神宗皇帝に上奏した。どうやら、この時点で島津に捕虜された琉球国王尚寧が帰国したものの、すでに薩摩のコントロール下におかれ、自主性を失ってしまったため、明朝から琉球は国として認めてもらえなかったと推測できる。そして、


1617 (八重山日報に発表の石井望氏の発見)
      大陸政権による琉球の日本への服属の公式承認

www.yaeyama-nippo.com

徳川幕府の使者、明石道友に対し、福建省の海防と外交の担当者だった韓仲雍が、

汝の琉球を併する、及び琉球のひそかに汝に役属するは、また皆、わが天朝の赦前の事なり」(日本の琉球併合と、琉球が日本に服属したことは、3年前の皇太后崩御時に明の皇帝が大赦を行った前の出来事だ)と発言。

汝并琉球琉球之私役属於汝亦皆吾天朝赦前事

 

f:id:kaiunmanzoku:20170830152924j:plain

明朝廷の議事録「皇明実録」(国立公文書館所蔵、赤染康久氏撮影)

 

8年前の琉球侵攻は、皇帝による「大赦」の対象であるとして不問に付し、日本の琉球併合と、琉球が日本に服属したことを公式に容認するにいたる。

 

読者の参照の手間を省くため、上記に引用した八重山日報から一部を以下に抜粋する。

1617年、日本から福建省渡航した徳川幕府の使者、明石道友に対し、福建省の海防と外交の担当者だった韓仲雍(かん・ちゅうよう)が、日本はなぜ琉球侵奪したのかと質問。明石は、薩摩の琉球侵攻は家康の代で済んだことであり、この件は薩摩を追究してほしい、と答えた。
 韓仲雍は「汝(なんじ)の琉球を併する、及び琉球のひそかになんじに役属(えきぞく)するは、また皆、わが天朝の赦前(しゃぜん)の事なり」(日本の琉球併合と、琉球が日本に服属したことは、3年前の皇太后崩御時に明の皇帝が大赦を行った前の出来事だ)と発言。8年前の琉球侵攻は、皇帝による「大赦」の対象であるとして不問に付し、公式に容認した。
 韓仲雍はさらに「まさにみずから、彼の國(琉球)に向かいてこれを議すべし」と述べている。

 「みずから」は明とも日本とも解釈できるが、石井氏は「この問題は済んだことなので、明国も日本もそれぞれ勝手に琉球と談判しようという意味だろう。いずれにしても、明国が日本による琉球併合に同意していたことに変わりはない」と指摘した。

 石井氏によると、琉球国の帰属問題をめぐり、明国が公式に日本帰属に同意していたことを論じた研究はこれまでにないという。
 石井氏は「明国は琉球人の案内によって使者が琉球渡航していただけであり、琉球に援軍を送ることは不可能だった。高官が(琉球の領有同意を示す)『大赦』という言葉を使ったのも、なかばメンツのために過ぎない」と分析している。

 

「釣魚島」「釣魚嶼」は日本語 / 尖閣諸島を表すチャイナ語は存在しなかった

尖閣諸島を表す支那語は存在しなかった】

「釣魚島」とは、実は日本語である。

世の史料に尖閣諸島を表す支那語は存在しない。
歴史上はじめて資料に登場する「釣魚嶼」も琉球国官吏が明国使節団に指し示して教えた島の名前である。
明の使節団代表だった陳侃が書き残した「使琉球録」には、琉球への往来は明人は誰も知らなかったので、みな外国人(沖縄人)に頼っていたと書いてあり、沖縄から船が来て案内人が出来て良かったと書いてあるくらいだ。

f:id:kaiunmanzoku:20170829213143j:plain

                  平成29(2017)年の尖閣の日に行われたいしゐのぞむ氏の講演資料

 

最後の1行だけがチャイナ人の手になる尖閣の読み名である。その他は日本語(漢文)だ。つまり、1972年まで支那語尖閣諸島を表したと考えられる表現はない

念のため

釣魚嶼(ちょうぎょしょ)

釣魚臺(ちょうぎょだい)

釣魚島(ちょうぎょとう)

すべて、日本語(漢文)だ。

釣魚図鑑(ちょうぎょずかん)、釣魚料理(ちょうぎょりょうり)と普通に日本語である。釣魚を Diaoyu と発音すればチャイナ語となる。

三行目のゴービルの地図に出てくる Tiaoyu-su(ちぁぉゅーす)は、 日本語の釣魚嶼(ちょうぎょしょ)の鼻濁音(ちぁぅ "ぎ” ぉー "す"ょ) に近い発音であり、Diaoyu-yu(xu) とは思えない。

四行目 Tsio ghio tai (ちぉ ぎぉ たい)は、日本語の釣魚臺(ちょうぎょたい)とすぐ気が付く。Diaoyu-tai とは似ても似つかない。

五行目六行目の Koobisan Sekbisan については、それぞれ黄尾山、赤尾山と分かる。チャイナ語とは比較の余地もない。

七行目八行目は、日本人の記録である。今までの歴史を踏まえた記述になっている。

もう一度繰り返しななるが、最後の1行だけがチャイナ人の手になる尖閣の読み名である。その他は日本語(漢文)だ。

つまり、1972年まで支那語尖閣諸島を表したと考えられる表現はない

 

f:id:kaiunmanzoku:20170829213247j:plain

                      平成29(2017)年の尖閣の日に行われたいしゐのぞむ氏の講演資料

 

左の画像 「海道の往来はみな夷人(沖縄人)に頼る」とある。尖閣経由沖縄行き帰りの航路は、沖縄の人々に頼っていたのだ。

 

チャイナは、「陳侃の書いた『使琉球録』に史上初めて『釣魚嶼』が登場する」事実をもって、尖閣諸島がチャイナのものであるという主張をしている。

しかし、陳侃の「使琉球録」で分かることは、琉球王太子冊封使一行に対する配慮で、冊封船は羅針盤を司る琉球人の水先案内人と操船に熟練した琉球の水夫30名が率いていたということだ。

右の画像は「陳侃三喜」部分

陳侃が三回も喜んだ理由に注目し、チャイナ人たちが尖閣航路に無知であったこと、沖縄人がその事実を知っていたこと、そして何よりも、沖縄人が「おもてなし」の精神をもって冊封使たちを道案内してきた事実を噛みしめて欲しい。

尖閣航路は、沖縄人によって開かれ管理されてきたのである。

 

下記のページで、英訳現代日本語訳を付けてこちらで説明してある。

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

日本語の超訳はこちらでも読める。

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

このページの画像は、平成29(2017)年の尖閣の日に行われたいしゐのぞむ氏の講演資料です。資料はいしゐ氏のものを用いましたが、記述内容に誤りや齟齬がある場合はブログ主の責任です。

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.