kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

朝鮮半島 米国による武力行使の可能性について

下記は、2017年4月28日にFBに投稿したものを若干手直ししたものである。趣旨は変えていない。ここに来て(2017年6月21日)、機は熟したと思われるのでブログに掲載することとした。

+++++

3つの条件が確保されれば、中共は米国による武力行使を容認するだろうと言う議論がある(2017年4月)。


その3条件とは、

(1)北朝鮮の指導者は換えてもよいが、国家は消滅させてはならない

(2)武力で朝鮮半島を統一してはならない

(3)米韓軍は北朝鮮の特定地域で任務を終えた後は、38度線以南に戻る

-というものだ。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は(2017年4月)22日付の社説で、米韓両軍が北朝鮮に軍事進攻した場合は、中国も軍事介入すべきだと主張した。 要するに北朝鮮に親米政権ができきるのを阻止するための、対抗的な軍事措置だ。

 

先方が核を使うと脅している以上、ステレス機と戦術核兵器と言う組み合わせで、予防措置を採ることはあり得るだろう。

米軍から仕掛ける可能性はゼロに近く極めて少ないが、ゼロというわけではない。

次の条件が満たされれれば政治的にはともかくも軍事的には実行は可能だ。

金正恩の位置を特定すること。
②北鮮軍の通信連絡手段を作戦終了まで乗っ取れること。
③攻撃後の成果確認手段が担保されること。
④北鮮軍(特に反撃の拠点とする地域)の掌握制御手段(封殺できれば一番良い)が直ちに確保できること。

 

解説がいるかもしれない。

金正恩の位置を特定すること。攻撃(断首)目標が爆撃、狙撃、拉致どのような手段をとるにも目標物が目的を達成できる時と場所になければならない。

攻撃の着手時点から攻撃の成果確認までの間、北鮮軍が作戦の意図と遂行に気付くことなく、また北鮮に怪しまれることなく、できれば北鮮軍と金正恩を繋ぐ全ての通信連絡は作戦と無関係なことのみが流れるようにすべきだろう。

断首した対象が目標と一致することが確認出来なければ、北鮮はダミーを立ててでも戦争状態を継続できることになる。作戦終了後客観的な断首成果を世界に公表する必要があるのだ。

④断首後、その成果が北鮮軍に知れ渡れば戦意を無くすと思われるが、それでも軍としての戦闘行為が停止できねば、戦争が拡大しないとも限らない。戦闘中止を命令できる北鮮軍首脳を確保しておく必要がある。

 

①④が特に困難だろう。漏れがあれば悲劇的な反撃が予想され、本格的な戦争へ発展する。攻撃地点は10数か所なら可能だが数十か所ともなれば不可能だ。④には南鮮との国境に装備する膨大な火器に対する封殺も含まれている。

可能だとすると戦術核とステレス機を使用する作戦しかない。これは本当に可能なのか?

最少の犠牲で金正恩を除くためには、戦術核使用して先制攻撃するしかないという結論を呼び込む論調が増えてきた。

「余りに多くの犠牲が見込まれるので、米軍は先制攻撃できない」という主張がそれだ。

残念だが、それは正しい。
しかし、敢えて誰も口に出さなかっただけだ。口に出せば次に考えるのは「通常兵器では無理だが・・・」という話になるからだ。
口に出せば北が挑発を繰り返す理由に付け加えて米国や米国の同盟国に先制攻撃を加える理由まで与えることになるからだ。

だが、ここに来て(2017年4月末)皆が口にし始めたので言う。
多大な犠牲者を出すぐらいなら、一旦拳を下ろして不意打ちの機会を狙うしかないと。戦術核を含めた断首の機会を。

++++++

2017年6月21日、その機会は近づいたと思う。

1828 年の 米国の地理書に見る Tibet と日本 Tibet in Old American Geographic Documents.

1828年の米国地理書に見るチベットと日本。

Tibet in Old American Geographic Documents.


チベットと日本は、チャイナの主要な隣接国として多くの地理書に記載されている。

したがって、中共は真実を隠し続けることはできない。
Tibet ranks with Japan as a big country neighbouring China in Asia and so written in many old European geographic documents.

I'd like to present the US document published in 1828.

This is the one reason why China cannot keep hidden universal knowledge forever.

 

Before I newly introduce the document of 1828, I must refer to the another document published in 1830 which was already introduced the previous day by myself and the one which can be the evidence that there is not a single document which can prove "Tibet is NOT a part of China".

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

We can learn a lot from these sort of documentations.
The image underneath is cited from the old US document, "Elements of geography, ancient and modern" published in 1828.

Elements of geography, ancient and modern : with an atlas
by Worcester, Joseph E. (Joseph Emerson), 1784-1865

Published 1828
Publisher Boston : Hilliard, Grey, Little, and Wilkins
Book contributor University of California Libraries

Location of the Document

Elements of geography, ancient and modern : with an atlas : Worcester, Joseph E. (Joseph Emerson), 1784-1865 : Free Download & Streaming : Internet Archive

画像

f:id:kaiunmanzoku:20170620185647p:plain

 

Tibet

https://archive.org/stream/elementsofgeogra00worcrich#page/163/mode/1up/search/Asia

 

Japan

https://archive.org/stream/elementsofgeogra00worcrich#page/164/mode/1up/search/Asia

f:id:kaiunmanzoku:20151021120316j:plain

 

We can also find the sentence about about Okinawa in the book.

Loo-Choo

https://archive.org/stream/elementsofgeogra00worcrich#page/166/mode/1up/search/Loo+Choo

  f:id:kaiunmanzoku:20170620194404p:plain

1823 米国 地理辞典 A new universal gazeteer に「尖閣は琉球諸島」

Location of the Book

archive.org

 

A new universal gazeteer, or Geographical dictionary : containing a description of the various countries, provinces, cities, towns, seas, lakes, rivers, mountains, capes, &c. in the known world. With an appendix ... accompanied with an atlas
by Morse, Jedidiah, 1761-1826; Morse, Richard C. (Richard Cary), 1795-1868, joint author; Converse, Sherman, 1790-1873, prt

Published 1823

表紙題名部画像

f:id:kaiunmanzoku:20170620150039j:plain

 

 

記載ページ

https://archive.org/stream/newuniversalgaze00mors#page/760/mode/2up/search/Tiaoyusu

画像

f:id:kaiunmanzoku:20170620150001j:plain

 

拡大図

f:id:kaiunmanzoku:20170620150142j:plain

所見:

Tiaoyu-su, one of the Lochoo islands in the Chinese sea. Lon. 123°37' E. Lat. 25°55'.” 

釣魚嶼(ちょうぎょしょ)、シナ海にある琉球諸島の一つ。東経123度37分北緯25度55分

の記載を確認できる。

なお、Tiaoyuは、日本語(漢文)の釣魚嶼(「てうぎょ」今音「ちょうぎょ」)をローマ字読みしたもので、チャイナ語のDiàoyúの読みではないことに注意願いたい。

「釣魚」という表記が日本の地図で表記されている「魚釣島」と「釣」という字と「魚」という字が逆転してるのを指して、チャイナ語と日本語の違いによるものとし、「釣魚嶼」は中国名であるという見当違いの説があるが、とんでもない謬説である。

「釣魚図鑑」を「ちょうぎょずかん」と 読むのも知らない人はいる。それで「チャイナ語だ」というのならそれはちょっとした無教養を曝け出した末の戯言にすぎない。なかには、チャイナ語と日本語の「文法の違い」とまで言い出す人もいるが全くの誤解だ。

魚の獲り方を「釣魚法(ちょうぎょほう)」、料理法を「釣魚料理(ちょうぎょりょうり)」という。釣魚島は「ちょうぎょとう」と読む日本語である。名づけたのも日本人である。

この漢字で表された島を「Diàoyú(ディアオユー)」などとチャイナ人以外の誰も発音しないこと、してこなかったこと、西洋でも「てうぎょしょ」を基にして読んでいたことが重要だ。

詳細は長崎純心大学の下記の石井望氏のブログを参照願いたい。

senkaku.blog.jp

 

 

その他の参考図書

尖閣反駁マニュアル百題 いしゐのぞむ著 集広舎

       第四部共著者 伊井茂 赤染康久

尖閣釣魚列島漢文史料 いしゐのぞむ著 長崎純心大学比較文化研究所

 

 

1814 英国 尖閣が台湾島から北東、八重山諸島からほぼ真北に描かれるチャイナ日本図

Location of the Map

China, Japan. - David Rumsey Historical Map Collection

 

Author: Playfair, Principal
Date: 1814
Short Title: China, Japan.
Publisher: P. Hill
Publisher Location: Edinburgh
Publisher: T. Underwood
Publisher Location: London

 

チャイナ・日本図

f:id:kaiunmanzoku:20170620140537p:plain

 

情勢概覧:

日本の江戸時代の文化年間(1814年は文化11年)には、ロシアのニコライ・レザノフが長崎へ来航(文化元(1801)年)し、イギリス船フェートン号が同じく長崎へ(文化5(1808)年)。松前藩がロシア船ディアナ号を国後島で拿捕し艦長ゴローニン海軍中佐ら8名を捕らえ抑留(文化8(1811)年)し、文化10(1813)年にロシアに囚われていた高田屋嘉兵衛とゴローニンらを捕虜交換する等々の外国絡みの事件が多発した時期。

清は仁宗(嘉慶帝)の治世中であり、白蓮教の弾圧やアヘン禁止、またキリスト教の禁止などが行われていた時期。

 

地図の所見:

尖閣が「Hoapinsu」と表記され、台湾島から北東、八重山諸島からほぼ真北に描かれ正確さが増している。

チャイナの範囲が清の版図と異なるものとして描かれている。

日本海」表記が確認できる。

 

Zoom

f:id:kaiunmanzoku:20170620143010p:plain

1658 フランスの Nicolas Sanson の China 図に見るチャイナの領域・レスマゴス島・日本図

Location of the Map

archive.org

 

[L'Asie, l'Afrique, l'Europe, et l'Amerique en plusieurs cartes nouvelles, et exactes] [cartographic material]
by Sanson, Nicolas, 1600-1667; Peyrounin, A

Published 1658
Topics Geography, Atlases, French

 

https://archive.org/stream/lasielafriqueleu00sans#page/n150/mode/1up

f:id:kaiunmanzoku:20160117220202j:plain

所見:

当時のフランス人が認識していたチャイナの範囲が大陸の海岸線までと海南島であったことがうかがい知れる。

海南島以外の大陸から僅かにはなれた島々が橙色で彩色されている。

朝鮮半島が島と認識されている。

レスマゴス島の表記がある。八重山諸島を表しているように見える。もちろんレスマゴスがチャイナ名であるはずがない。三賢人にちなむ名だ。

台湾島(Formosa)にオランダが占領して建設した砦の名前 Zelande が確認できる。

 

Zoom

f:id:kaiunmanzoku:20170620112320p:plain

 

日本図

f:id:kaiunmanzoku:20160117214703j:plain

 

1650 Dutch 台湾島に3つの呼び名 チャイナ沿岸の島々が日本に連なる島々と同じに色分けされる地図

Location of the Map

archive.org

 

Le theatre du monde, ou, Nouuel atlas [cartographic material]
by Blaeu, Willem Janszoon, 1571-1638; Blaeu, Joan, 1596-1673

Published 1650
Topics Atlases, Dutch
"La seconde partie de la seconde" dated 1650

 

https://archive.org/stream/letheatredumonde00blae#page/n296/mode/1up

f:id:kaiunmanzoku:20170618204455j:plain

Zoom

f:id:kaiunmanzoku:20170618204516j:plain

所見:

Lequeo Grande琉球Dos Reys Magos レイス・マゴス の沖縄諸島

 

現在の台湾島を表すと思われるFormosa フォルモサLequeo pequeno 小琉球Lequeo minor琉球の表記が見られる。

どうやら当時の台湾島は3つの呼び方があったがために3つの島と誤解されていたようだ。

チャイナ沿岸の島々が黄色や橙色に色分けされており、日本列島と連なる島々と同じ扱いとなっているように感じられる。大陸部分は緑色で縁取りされている。これは一つには大陸部と島嶼部を視認しやすくするためと思われるが、別の意味もまた重要であるかもしれない。*大明一統志に領土は海岸線までと明記してあるように当時の明朝の認識は、大陸(地)の果てが「治」の果てであり「界」であったからだ。

 

朝鮮半島は島と認識されている。

 

*大明一統志に領土は海岸線までと明記してある

は下記の石井先生のブログを参照して下さい。

senkaku.blog.jp

1625 Dutch IAPONIA と呼ぶ章の日本地図に Lequero grande 大琉球の記載

Location of the Map

 

Atlas minor Gerardi Mercatoris a I. Hondio plurimis aeneis tabulis auctus et illustratus [cartographic material] : denuo recognit[io], additisque novis delineationibus emendatus
by Mercator, Gerhard, 1512-1594; Hondius, Jodocus, 1563-1612; Jansson, Jan, 1588-1664; Keere, Pieter van den, 1571-ca. 1646; Goos, Abraham

Published 1628
Topics Atlases, Dutch

 

https://archive.org/stream/atlasminorgerard00merc#page/631/mode/1up

IAPONIA (日本図)

f:id:kaiunmanzoku:20170618202323j:plain

 

所見:

IAPONIA(日本図)に Lequero grande(大琉球)の記載がある。

島として描かれる朝鮮半島

 

https://archive.org/stream/atlasminorgerard00merc#page/623/mode/1up

INDIA  ORIENTALIS(インドと東洋諸国図)

f:id:kaiunmanzoku:20170618202712j:plain

Zoom

f:id:kaiunmanzoku:20170618203046j:plain

所見:

Fermosa(フォルモサ)と Liquia minor(小琉球) の文字が見える。
上記の IAPONIA と呼ぶ章の日本地図に Lequero grande(大琉球)の記載がされていることを併せて考えると、地図の作者は、大琉球フォルモサ・小琉球が存在するという認識を持っていたらしい。

1598 Dutch Bungo(豊後) Xicoca(四国) Sasuma(薩摩) Lequio maior(大琉球) Lequio minor(小琉球)

The location of the Map.

archive.org

 

Caert-thresoor, inhoudende de tafelen des gantsche werelts landen met beschryvingen verlicht tot lust vanden leser nu alles van nieus met groote costen en arbeyt toegereet
by Langenes, Barent

Published 1598
Topics Geography

Publisher [Tot Middelburch : by Barent Langenes ende men vintse te coop by Cornelis Claesz]
Pages 684
Language Dutch

 

https://archive.org/stream/caertthresoorinh00lang#page/41/mode/1up

f:id:kaiunmanzoku:20170618194956p:plain

Zoom

f:id:kaiunmanzoku:20170618195431p:plain

 

所見:日本と周辺部に関する地名が確認できる。

Bungo(豊後) Xicoca(四国) Sasuma(薩摩) Lequio maior(大琉球) Lequio minor(小琉球)

1595 Thebet Iapan の文字が確認できる Dutch Epitome theatri Orteliani

Location of the Map

archive.org

Epitome theatri Orteliani [cartographic material] : pr©Œcipuarum orbis regionum delineationes, minoribus tabulis expressas, brevioribusque declarationibus illustratas, continens
by Ortelius, Abraham, 1527-1598; Galle, Philippe, 1537-1612; Coninx, Arnout, fl. 1579-1617

 

Published 1595
Topics Atlases, Dutch

https://archive.org/stream/epitometheatrior00orte#page/3/mode/1up

 

f:id:kaiunmanzoku:20160117200628j:plain

 

所見:Thebet Iapan の文字が確認できる。

We can find the words, "Thebet" and  "Iapan" in the map .

共産主義者と国家社会主義者両方の妄想の産物として使われるプロパガンダ

FBへの投稿から

 

 

【TPPを米国抜きでも推進する理由】


地球上が米中のパワーゲームで米中の2陣営に分かれようとする今、中共をあらゆる自由主義貿易圏から切り離すという目的を持った戦略が必要なのです。だからこそTPPがアジア太平洋地域に有効だと主張するのです。TPPはまさにその目的のための戦略なのです。


TPPを「各国の主権より国際企業の方が上位だとする枠組」だと切り捨てる主張が、帝国主義に反対する共産主義者共産主義に反対する国家社会主義者、その両方のプロパガンダとして使われています。


しかし共通通貨を用いていなくとも国家財政の出動を監視し合う世界が今日の世界なのです。コングロマリットが一国の国内法で取り締まれないほどのパワーを持っていることを全ての国家が認識している事実を忘れてしまってはいけません。共通の取り締まりが必要なのです。共通のルールです。フェアプレーのためであって「ワンワールド」なる妄想の産物を作り上げようとする陰謀のためではありません。


地球上が米中のパワーゲームで米中の2陣営に分かれようとする今、共産主義国家である中共自由貿易を主張するのは自陣営に有利だと思っていて、その有利な仕組みを作るためです。トランプ政権が2国間の貿易協定を重視するのも目的は同じですが、世界観が誤っているために、自己の味方である自由陣営を敵に廻してしまうという極めて拙劣な戦略だと思っています。

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.