Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

日本国憲法は孤高の平和を拒否している / 平和憲法の敵は「戦争法案」などではなく「似非ヘイワ主義者」と「似非ゴケン主義者」

私見 Essay 日本 Japan

私は、日本国憲法前文の中で気に入っている部分がある。憲法改正論者である私は、現憲法の前文のこの部分だけは残してほしいと思っている。

 

「われらは平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ」

「われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」

 

この文を見るとき、敗戦国日本が米国から与えられた憲法とはいえ、無視できない部分があると思う。ここには人類皆が共感を感じる心理について、それに積極的に参加しようという気概が含まれていると感じるからだ。

つまり、憲法は、一国平和主義、孤高の平和を求める態度を拒否している。それどころかさらに、国際社会において主導的な役割を果たす希望を伝え、その理想を実現するよう日本国民に義務を求めている。

その根底には、専制と圧迫に苦しめられ、隷従と偏狭の屈辱にまみれる人々に対する深い同情と共感がある。誰もがそれを感じ、誰もが解決を望む問題として憲法はそれを記している。

 

だからこそ、

「われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務である」

とその責務を強調しているのだ。

 

日本国民は、この責務を果たすべき最前線にいる。そのように憲法が言っている。

 

日本のヘイワ主義者、ゴケン論者の「専制と圧迫に苦しめられ、隷従と偏狭の屈辱にまみれる人々に対する同情心の無さ、無関心さ」はとてつもなく非人間的で非生産的なものだ。

彼らは、安全保障を語るごく常識的な人間を「軍国主義者」「戦争論者」とレッテルを貼る。

その論理は、難民問題を論じる際に、主張にそぐわない人間を「差別主義者」「レイシスト」とレッテルを貼った人々が、その後の言動で、自らこそが「差別主義者」であり「レイシスト」であると世間に認知させることになった #ぱよぱよちーん 事件で顕著であった。

立憲主義、すなわち国民主権の民主政体や国民の命と財産を守る論議を「ヘイワ」や「ケンポー」にとっての敵であり、「センソー」に繋がると彼らは主張し、議論の入り口で議論の対象や議論自体を捻じ曲げるために「戦争法案」と法案を呼び、その賛成者を「軍国主義者」「戦争論者」と名付けたのだ。

彼らは決して「専制と隷従、圧迫と偏狭」について、その内容と脅威、それを防ぐ方法と手段について語ることはない。自分たちや周りの人々が専制と圧迫に苦しめられ、隷従と偏狭の屈辱にまみれる危険から目を逸らし、それらを取り除くことこそが平和を維持することだと認識していないのである。

何と不毛でアクドイ連中だろうか。平和の敵は「戦争法案」などではなく「似非ヘイワ主義者」と「似非ゴケン主義者」である。

#琉球新報 #沖縄タイムス が #伝えない話題 #辺野古 #沖縄 #拒絶新疆沖縄自治区

#StopChinesePropaganda #StopChineseDeception

#FreeTibet #FreeUyghur #FreeSouthMongolia #FreedomNowInChina #HumanRights #StopChina #SayNotoChina #VivaFreedom #BoycottMadeinChina

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.