kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

権利義務関係を上下関係や優劣・強弱と混同する人々

支配被支配関係が歴史上長期間続いてきた国や民族の中には、今になっても、本来対等であるべき当事者間の権利義務という関係が、立場の上下、優劣や強弱と区別がつかない人々が大勢いるようだ。

私がここで言っている支配被支配関係とは、身分制社会が有り、その社会の中で収奪・搾取「する」「される」が上下の身分で当然視されるような関係のことだ。

 

東ユーラシアで興亡を繰り返して来た中華帝国と周辺の王国は、漢民族による支配であろうと、漢民族を支配した異民族だろうと、上に立つ皇帝が王や領主を、領主が土地と人々を支配していた。つまり、土地に住む人々はその土地を支配する者の所有物であった。そのような社会で収奪・搾取「する」「される」が上下の身分で当然視されてきた。

 

大雑把に言って、現在フューダリズム(Feudalism)と訳される封建制社会が誕生していない社会状況であって、社会秩序を維持する手段が専ら「力」であったような時代が現在に至るまで続いているという国や国民の話である。

 

「力」の強いものが、身分上の上位に立ち、下位のものから収奪・搾取「する」。「奪う」「奪われる」。それが支配と被支配の基本関係だった時代が長期間続き、それが改められていない社会のことだ。


「奪う」「奪われる」と「権利行使」「義務履行」という概念の差はとても大きい。

 

文明から取り残されていて、それに気がついていない。本人たちも周囲の文明人たちもである。

 

双方が気付く事が平和を築く第一歩だと思う。

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.