Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

天孫降臨 日向三代 海幸彦と山幸彦 海神(わたつみ) 宮古の伊良部島の「太陽神の嫁」 大隅正八幡宮(鹿児島神宮)の「太陽神の子供」

天孫降臨

高天原(タカマガハラ)で天照大神(アマテラスオオミカミ)が邇邇芸命ニニギノミコト)に「稲の穂と鏡(伊勢神宮御神体)、曲玉、剣(草薙剣熱田神宮御神体)の3つの神宝を持って葦原の中つ国(地上)に行き、国を治めなさい」と言いました。ニニギノミコトは筑紫の国(九州)の高千穂の峰に降り立ちました。これが天孫降臨です。

高千穂に降り立ったニニギノミコトは、ある時笠沙の岬(かささのみさき:鹿児島県?にあると言われている)でとても美しい女性に出会いました。その女性は木花佐久夜比売(コノハナサクヤヒメ)と言いました。ヒメと結婚したくなったニニギノミコトはヒメの父親の大山津見神オオヤマツミノカミ)に願い出ました。オオヤマツミノカミは姉の石長比売(イワナガヒメ)も一緒に二人のヒメをさしあげました。しかし、姉は醜い女性だったので、ニニギノミコトは姉を家に帰し、妹のコノハナサクヤヒメとだけ夜を供に過ごしました。オオヤマツミノカミはそれを知って大変残念に思いました。イワナガヒメと結ばれれば岩のごとく永遠の命が約束され、コノハナヒメと結ばれることで花が咲くがごとくに栄えるという意味があったからです。しかし、姉を返してしまい、コノハナヒメとだけ結ばれた神の子の命は木の花ように短くなってしまうのです。これが天津神の御子孫の寿命が長く続かない元となりました。

 

【海幸彦と山幸彦の誕生】

やがて、コノハナサクヤヒメが身ごもりました。そのことをニニギノミコトに報告しました。しかし、ニニギノミコトは喜びませんでした。結婚してすぐにできた子なので、自分の子ではないと疑ったためです。その様子を見て、コノハナサクヤヒメは悲しみのあまり「この子があなたの本当の子なら生き残るでしょう。」と言って、大きな産屋に入ると入り口をふさぎ、中に火をつけてしまいました。燃えさかる火の中で出産し、最初に火照命=ホデリノミコト、2人目は火須勢理命=ホスセリノミコト、そして3人目は火遠理命=ホオリノミコト、別名は天津日高日子穂穂手見命=アマツヒダカヒコホホデミノミコトが生まれました。


3人のうち、火が照り輝く時に生まれたホデリノミコトは海で漁をして暮らしていたので「海幸彦(うみさちひこ)」と呼ばれるようになりました。火が弱まったきた時に生まれた弟のホオリノミコトは山で狩りをして暮らしていたので「山幸彦(やまさちひこ)」呼ばれました。

 

【道具の交換】

ある日のこと、弟の山幸彦=火遠理命=ホオリノミコトは兄の海幸彦=火照命=ホデリノミコトには互いに釣り竿と弓矢を取り替えてみようと提案しました。そして、兄の海幸彦は山へ、弟の山幸彦は海へ出かけました。しかし、二人とも獲物をとることはできませんでした。そこで兄は弟に「やはり本来持つべき物を持って、本来の場所へ出かけないと何も得られないから、道具を返すことにしよう」と言いました。ところが、弟の山幸彦は魚がとれないばかりか、兄の海幸彦の大切な釣り針を海でなくしてしまっていたのです。それを聞いた兄の海幸彦は激怒して、とにかく返せと責めてきました。そこで、自分の剣(十拳剣:とつかのつるぎと言われる剣)をこわして500本の釣り針を作って弁償しましたのに受け取らず、「なくした釣り針以外はいらない」と言って許してはくれませんでした。次に1000本作って持って行いっても「あの元の針をかえせ」と言われてしまいました。

 

【わたつみの国】

山幸彦=火遠理命=ホオリノミコトが、困り果てて泣きながら海岸にたたずんでいると、潮路の神で塩椎神=シオツチノカミという老人と出会いました。山幸彦がわけを話すと、老人は竹で編んだ籠を作って小舟とし、「この船に乗って海の国へ行きなさい」と言いました。「私が小舟を押し流したらそのまま進みなさい。そのうちよい潮にぶつかるので、その流れに乗れば魚の鱗のように並ぶ宮が見えてきます。そこは綿津見の神(ワタツミノカミ=海神)の宮殿ですから、門まで行ったら、傍らにある泉のほとりの桂の木がありますから、その木の上で待っていなさい。ワタツミノカミの娘があなたを見つけて取りはからってくれるでしょう」ホオリノミコトはその老人に言われるままに海に出ていきました。

 海神の国に着くと、山幸彦=火遠理命=ホオリノミコトは海神の家の前にある大きな木の上に登りました。そこへ、海神の娘、豊玉比売=トヨタマヒメの侍女がやってきて、木の上のホオリノミコトを見つけました。ミコトが「水がほしい」と言うと、侍女は持っていた器に水を入れて差し出したのですが、ミコトはそれを飲むことなく、首にかけていた玉をとり、口に含んでから器の中に吐き出しました。すると、この玉は器にくっついてとれなくなり、侍女はこれをトヨタマヒメに差し出しました。その玉を見たトヨタマヒメは門の外に誰かいるのかと尋ねると、侍女はありのままを報告しました。トヨタマヒメは自分の目で確かめようと門の外へ出ると、素晴らしい容姿のホオリノミコトに一目惚れしてしまいました。宮殿に戻ったトヨタマヒメはそのことを父のワタツミノカミに報告しました。ワタツミノカミはホオリノミコトが天津神の子とわかり、宮殿に招き入れました。そして、アシカの皮と絹で出来た敷物を何枚も重ねて座を作り、そこにホオリノミコトを座らせると、たくさんのごちそうやきれいな踊りで歓待しました。しばらくして、ホオリノミコトはトヨタマヒメと結婚し、ワタツミノカミの国で暮らしました。

 

【帰国】

それから3年の月日が経ちました。山幸彦=火遠理命=ホオリノミコトは時々ため息をついていました。トヨタマヒメがそれを見て尋ねました。「もしかして、あなたは家に帰りたいのではありませんか」ホオリノミコトも自分の気持ちを語りました。トヨタマヒメは父にホオリノミコトの思いを話しました。ヒメから話を聞いたワタツミノカミは「なくしたお兄さんの針を見つけてあげましょう」と言って海の中の全部の魚を集めました。すると、「鯛が『口が痛い』と言ってここに来ていません」と魚たちが言います。そこで鯛をよんでのどの奥を見てみると、釣り針が引っかかっていました。ワタツミノカミはこれを取り出し、清めてホオリノミコトに渡しました。

その時、「この釣り針をお兄さんに返す時、『この釣り針は、おぼ針、すす針、貧針、うる針』と唱えながら返しなさい。そして、後ろ手に渡すのです。もし、お兄さんが高いところに田を作ったら、あなたは低いところに、もしお兄さんが低いところに作ったなら、あなたは高いところに田を作りなさい。水をつかさどっているのは私ですから、お兄さんは3年は貧しくなりましょう。もしそのことでお兄さんがあなたを恨んで攻めてきたら、この塩盈玉(しおみつたま)でおぼれさせ、もし『許してほしい』と言ってきたら今度は塩乾玉(しおふるたま)を出して助けてあげなさい。そうやって、お兄さんを懲らしめるのです」と言って2つの玉を渡しました。帰る時、ホオリノミコトは一番早いサメに乗って1日で元の海岸にたどり着きました。サメに礼としてひも付きの小刀を首にかけてやりました。

 

【兄の海幸彦=火照命=ホデリノミコトの服従】

山幸彦=火遠理命=ホオリノミコトは、兄の海幸彦=火照命=ホデリノミコトに釣り針を返す時、ワタツミノカミに言われたとおりにしました。すると、兄のホデリノミコトはだんだん貧しくなり、そのことで弟を恨むようになりました。そして、ついに弟に攻めかかりました。弟は2つの玉で兄のホデリノミコトを繰り返し苦しめました。すると、降参した兄は弟に謝りました。兄は弟に「これから先はあなたをお守りする役を勤めましょう」と誓いました。これがもとで、兄のホデリノミコトを先祖とする隼人族が朝廷の守護をすることになったのです。

 

【鵜葺草萱不合命の誕生】

しばらくして、トヨタマヒメが山幸彦=火遠理命=ホオリノミコトを訪ねてきました。トヨタマヒメは身ごもっていて出産することを伝えたのです。そして、海岸に鵜の羽根で屋根を作り、産屋を建て始めました。しかし、まだ完成しないうちに生まれそうになりました。そこで、トヨタマヒメはホオリノミコトに「私は今から出産しますが、それを見ないで下さい」と言い産屋に入っていきました。ホオリノミコトはこの言葉が気になり、中をのぞいてしまいました。すると、八尋の鰐(大きなわに?)がのたうち回っていたので、恐ろしくなって逃げてしまいました。

 

トヨタマヒメはこれを知って恥ずかしくなり、生んだ子を置いたまま海の国へ帰っていきました。そして、地上の国と海神の国との境をふさいでしまいました。

この時生まれた子は天津日高日子波限建鵜葺草萱不合命=アマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコトと言います。

 

後に、トヨタマヒメは生んだ子の養育係として、妹の玉依比売=タマヨリヒメをつかわしました。

ウガヤフキアエズノミコトは、後にタマヨリヒメと結婚します。

そして、4人の子を生みました。4人目の子の名を神倭伊波礼比古=カムヤマトイワレビコといい、初代天皇神武天皇となられる方です。

 

宮古伊良部島の「太陽神の嫁」】

沖縄の宮古の伊良部島に伝わる「太陽神の嫁」と言う話。 - kaiunmanzoku's bold audible sighs

比屋地(ぴゃーず)に美人がいて、太陽の神が自分の妻に欲しがったそうです。
或る日のこと、その美人は朝、便所に坐わっていたところ、太陽の光が射し込んできて妊娠したそうです。


家の長男は、結婚もしていないのに妊娠するとは何てふしだらな女かと家を追い出してしまったのでした。
二番目の兄は 「身重のお前一人で暮らすなど、出来る筈ずがない。私が一緒に行ってお前を助けるから何も心配することはない。」と、そう言ってついて来ました。


その兄は、茅葺の家を作り始めました。そして、まだ屋根に茅を載せないうちに、子どもが生まれたそうです。
 

(・・・・・・)


何年かたった誕生日に、大層綺麗な馬が綺麗な人を乗せて庭に降りて来たときに、子どもは、自分も馬に乗ると言って聞きかず、馬に乗せてみたところ、何処かに連れ去られてしまいました。
次の年の同じ日のこと、子どもが馬に乗って戻ってきたので、母親は子供と一緒に馬に乗って親子二人で天に昇ってみると、太陽の神が待っていました。
そして言うことには、
「お前は、父のない子ではない。私こそが父である。お前達に伊良部島を与える。そこへ降りて行って、伊良部の土地の主として暮らすがよい。」と神は二人を島に降ろした。こうして、子ども神と母神として、二人は比屋地(ぴゃーず)の神になったそうな。

 

 

大隅八幡宮鹿児島神宮)の「太陽神の子供」】

大隅正八幡宮(鹿児島神宮)の「太陽神の子供」と宮古の伊良部島の昔話「太陽神の嫁」の酷似 - kaiunmanzoku's bold audible sighs

震旦国(中国?)の陳大王の娘・大比留女(おおひるめ)は、七歳のとき夢で朝日を受けて身籠もり、王子を生んだ。 王たちはこれを怪しみ、母子を空船(うつほぶね)に乗せて海に流したところ、「日本の大隅の磯岸に着き給う。その太子を八幡と号し奉る。(…)大隅国に留まりて、八幡宮に祭られ給えり」。母は「筑前国(…)香椎聖母大菩薩と現れ給えり。

 

f:id:kaiunmanzoku:20100920124302j:plain

f:id:kaiunmanzoku:20151024205526j:plain

 

 

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.