Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

kaiunmanzoku's bold audible sighs

Be love Be peace Be harmony Be compassion Be joy

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.

縄文期から日本列島を海上交易で結ぶ一族がいた 沖縄北谷町で東北の縄文土器

シナ海 尖閣 / China Sea Senkaku 古代日本 日本 Japan 東ユーラシア China 歴史 History 琉球 沖縄 / Ryukyu

ryukyushimpo.jp

 

因幡の白兎の頃(稲と共に倭が日本列島に渡って来て、居住地を広げ始めていたころ)には間違いなく立派な交易船で行き来していたと信じています。

その仮説の裏付けになればと期待します。

 

私のブログにおける主要関連部分は下記。

淤岐嶋をわたつみの国と考え、和邇(をに)と呼ばれる船と航海術を持っていた一族が交易の担い手になっていた可能性を記載している。

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

水門(この みなと)という言葉から、八十神も大大穴牟遲神も、そしてウサギですら水上を移動する手段とその文化を持っていたと推測している

 

kaiunmanzoku.hatenablog.c

 

まとめは解説で

さらに解説で因幡の白兎の謎について語りました。上記の事柄もまとめて記載してありますので、ぜひご覧ください。

天の岩船が猿田彦が案内人で長江付近から北九州・五島列島朝鮮半島に、ウツホフネはシオツチノカミが案内人で長江以南から南九州にたどり着いた。

八十神も大国主(天の岩船グループ)も、そしてウサギ(ウツホフネグループ)は当然水上を移動する手段とその文化を持っていた。その推測の根拠が「水門(みなと)」という言葉だ。船に乗った人から見て門のような地形、役割をしているから「水門」だ。

大国主も八十神も「此水門(このみなと)」まで船を用いてきたのだろう。そして、鰐やら鬼やらとなにやら凶暴な名前で呼ばれれてはいるが、鰐や鮫でも鬼でもないもの達もいただろう。そのもの達は、交易船とそのプロフェッショナルな操り手であった「をに」である。水門という名がある以上、そこに間違いなくいたに違いない。何頭も、あるいは何隻も何人もいただろう。

多くのウツホフネ(菟乍歩伏寝)を連ねて、幾夜となくその船の中で寝起きしながら、わたつみを越え渡って来た種族とその種族の移動を助けた種族は一族だ。「和邇(をに)」とは、「倭である『私』と『貴方』が一体になって日本に『やって来た』」という意味だ。

 

kaiunmanzoku.hatenablog.com

 

 

Wherever there is a human being, there is an opportunity for a kindness. 引用・転載はご自由に。ただし、引用元・転載元だけ明記ください。 Feel free to copy and reprint but please just specify an origin of quotation.